天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

健康な目のために ストレスと活性酸素

2009-06-16 | 眼が良くなる食事・栄養素
現代人は常にストレスにさらされながらの生活を強いられています。

ストレスを大別すると、心理的なストレスと、物理的なストレスがあります。
病気の発症や老化の進行は、ストレスが直接の引き金を引きます。
心理的ストレスも物理的ストレスも、ともに人体に多大な影響を与えることがわかっています。

人は、強いストレスを受けると、体内に大量の活性酸素が発生します。
活性酸素は、人体のあらゆる細胞を傷つけます。
血管が傷ついて動脈硬化になったり、動脈硬化が原因で脳梗塞や心筋梗塞を招いたりします。

最近では21歳の若いモデルさんが、突然、脳梗塞で亡くなって、彼女のファンや周囲の人々に、大きな衝撃を与えました。
いままでは、高齢の方の病気と思われていた脳梗塞や心筋梗塞が健康なはずの若くして活躍している人たちにも起こっているのです。
ご冥福を祈らずにはいられません。
現代社会のストレスは、年齢に関係なく、予想を超える猛威をふるっているのではないでしょうか。

では、どうすればストレス社会に打ち克つことができるのでしょうか。

本来、人間の身体には、活性酸素を撃退するメカニズムがあります。
そのメカニズムとは、抗酸化物質を生成する能力を指します。

ただ、そのメカニズムも、想定外の強いストレスが発生すると、活性酸素が増加するため、体内での処理が間にあわなくなるのです。

では、病気になるのを防いだり、老化の進行速度を遅くするためにはどうすれば良いのでしょうか。

いちばん効果的な方法は、抗酸化物質を多く含んでいる食物をしっかり食べることです。

いま知られている代表的な抗酸化物質は、
ポリフェノール
リコピン
カテキン
βカロチン
ビタミンC
ビタミンE
ゴマリグナンなどが挙げられます。

ちなみに一言で抗酸化物質といっても、優位なものと、そうでないものがあります。
たとえば、リコピンの抗酸化能力は、βカロチンの2倍、ビタミンEの100倍です。
リコピンはローズヒップティに驚異的に多く含有されています。

これらは全て、人の身体に有害な活性酸素(フリーラジカル)と戦うSOD(抗酸化物質)です。

SODは年齢と共に減少していくため、SODの生産能力がピークを迎える年齢(25才)を過ぎると、徐々に体調が悪くなっていきます。
ピーク時の約半分となる40才以降でガンや生活習慣病などの成人病が増えるのは、自然なことなのです。

効率的な抗酸化物質の摂取は、健康であるために必要不可欠です。
中でも、目の健康のためには、『ルテイン』は最高にして最強の抗酸化物質であることがわかっています。

摂取量に関しましては、諸説ありますが、穏やかなストレスの少ないところで生活しているのならともかく、日本のように、心理的にも物質的にも強烈なストレスに曝されるところで生活している場合は、『ルテイン』は、その置かれた状況下において必要とされる量を、しっかりと確実に摂取することが重要です。

ストレスが多いほど、抗酸化物質は体内で大量に消費されるからです。
健康な目のために、『ルテイン』を万全な状態で摂取することをお勧めします。

(関連ページ)
ルテインの選び方
ルテインについてよくあるご質問
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 誰でも経験する眼病  それ... | トップ | 今年も『父の日』のプレゼン... »