毎天毎刻、異文化的衝撃!上海 だった日々

上海5年、いろいろあった!感動した!(2006-2011)

そして、疲れた・・
そして、大陸脱出 してしまつた。

銀シャリへの想い「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪の部 其の三

2018-06-07 20:17:56 | 貧乏生活実況板

本店(日本的日子)はこちら


其の一 行って来た!「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪の部 

其の二 御姿披露!「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪の部 




幼い頃の、家族の食卓では「お茶碗のコメ」は主役ではなかった。
おかずばかり先に食べてしまい、手つかずのまま、コメは残っていた。

京都育ちの母の影響だろうか、子どもたちは残ったコメにお茶をかけて
さらさら流して食べた。
「三角食べ」なんて聞いたコトもなかった。
「永谷園のお茶漬け」やふりかけが活躍することも多かった。
味がない、白いままのコメを食べるのは難しかったし
その意味や意義も、わからなかった。


それが、いつの日だっただろう。
「コメさえあれば、それでごちそう」という想いに至ったのは。

海外生活から戻った後だっただろうか?
炊きたての、つやつやのコメが、おいしいのだ。
「ごはんですよ」「梅干」「四角い塩こんぶ」「明太子」「納豆」、いやいや
アテも要らない。塩だけでもいい。ニッポンの、米は美味しい。


1人暮らしでも、必ず炊飯器は連れて行った。
通販などなかった頃は、自分で5kgぐらいの袋をかついだ。
ササニシキが好きだったが、お目にかかれなくなった。

親とか年老いた知人からよく聞かされた。
「毎日のことだから、お米はぜいたくしたい」
その気持ちが、だんだん分かるようになってきた。

何米を食べるか?
どう研ぐか?

そして
「どう炊くか?」

象印さん、ありがとう。
お米のおいしさ、大切さを思い出させてくれた。



おかずもスバらしかった!
でも、やっぱり、主役はコメ!
「銀シャリ」とは、よく言ったものである。



は、わたくしのお気に入りであります。
ちなみに「ベス友ごはん」とは
全国の象印社員が選んだ、ほかほかごはんにピッタリなごはんの友 だそうです!



「5月23日 先行試食体験会@大阪」の様子は、こちら
わたくし、どこかにいます ふっふっふ♪


さて、東京での試食会は6月6日のはず。(雨・・・?!)
ツワモノたちの、レポートを待つ!


人気ブログランキング



タグ #象印 #炎舞炊き先行試食レポーター #炎舞炊き




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御姿披露!「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪の部 其の二

2018-05-31 19:06:18 | 貧乏生活実況板
本店(日本的日子)はこちら


其の一 行って来た!「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪の部 

「象印マホービン、圧力IH炊飯ジャー『NW-KA型「炎舞炊き」』を発売 」 日本経済新聞 
「象印、3つのIHヒーターで激しい炎の“ゆらぎ”を再現した高級炊飯器「炎舞炊き」」 家電 Watch


雨女です
今日も雨ですが@知多 それはあまり関係ないです、きっと。

5月23日、
悪天の中大阪まで行ったのは
貴重な体験となった。
象印「炎舞炊き」先行試食体験会。

会場は「工場見学」「ショールーム」のようだった。
「お茶碗でコメ食べる」だけ、と思い込んでいたのだが
ちゃんと勉強会もあり、社員さんの情熱も伝わって来た。  

勉強会の様子


進化の歴史


新製品の仕組



以前「極め羽釜」を買おうかどうか家族会議をした際は
決心がつかず、悩み続け今日に至るのだが、
勉強会で新製品「炎舞炊き」の仕組みを知るや、これは
100周年「象印から始まる炊飯革命」に相応しい発明と納得。

「炎舞炊き」ホームページから



「黒漆 くろうるし」重厚で、高級感あるよネ

「雪白 ゆきじろ」安心感ある白は、馴染むよネ



発売は、7月下旬!
さあ!どうする?
「銀シャリがあれば、それがごちそう」のハートをくすぐる
象印 炎舞炊き

わたし、グラグラ来てます!

続く!!

     
人気ブログランキング

タグ #象印 #炎舞炊き先行試食レポーター #炎舞炊き

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行って来た!「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪の部 其の一

2018-05-24 23:43:32 | 貧乏生活実況板
 本店(日本的日子)はこちら



きっかけは、そう、
黄金週間中にわずらった病気のため、病院へ行った日だった。

たまたま、5月10日だった。

たまたま、新聞があった。朝日だった。

予想に反して待たされたので、朝日新聞を見た。

そこで見た一面見開きのマンガ広告に、久々に刺激を受けた。



大々的な広告は五大誌、5話に渡ったようで、ネットで全部見た。
朝日のマンガが、たまたま一番心に響いた。

そしてそこで見つけた
「その1:「炎舞炊き」先行試食体験会   その2:「炎舞炊き」お試しモニター」

新・炊飯器を貸してくれるモニターが気になり、家族総動員で応募した。

申込の応募対象は、複数あった。
「ほぉ、限定30人! まさか当たるまい、旅行直後だし当たっても行けないだろうけど、応募してみよっと」

と、軽い気持ちで応募した
「5月23日 象印「炎舞炊き」先行試食体験会」@大阪」

限定30人・・・
なんと! 当たつた!!!

しかも、前の週は旅行に行ってたので、当選メールを拝見したのは20日の深夜(既に日付は21日だった)
つまり、中1日である。

しかし、迷いは、なかった。

当然行く!
旅費がかかっても、行く!

ホントなら、前泊もしくは後泊したいのだが
前後の多忙を考えて、日帰りで旅程を組んだ。

「たまたま」の、すべての条件が重ならなければ、
この奇跡的なラッキー・イベントのご招待に辿り着けなかった。


そして迎えた5月23日は
雨だった。

雨女と、言わないでくださいませ。
雨が降ろうが、槍が降ろうが!
歯医者に行った後、午後から大阪に出発。

道中移動に6時間、滞在時間は2時間!
だが!

行ってよかった!
いくべきだ!みなさま!

いつ以来の再訪だろう?!大阪「キタ」エリア


続く



人気ブログランキング


タグ  #象印 #炎舞炊き先行試食レポーター #炎舞炊き  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようこそ♪ 上海生活実況日記へ

2017-09-27 23:10:47 | 遺言 2007

人気ブログランキング




★ごあいさつ★  お越し下さいましてありがとうございます。
06年11月から12年02月までの上海滞在記録です。

よく削除されずに5年強がんばりました! >gooブログ!

現在は、日本帰国後のビックリページにて更新いたします。

回日本后 異文化的衝撃!

http://blog.goo.ne.jp/pukupu-nippon

 

今までご愛読くださったみなさま、どうもありがとうございました。

また、世界のどこかですれ違うコトがあれば、よろしくお願いいたしますル♪



※ 古い記事内のニュースなどのリンク切れがありましたらご容赦下さい。
※ コメント大歓迎、またリンクフリーです。世界中から遠慮なくどうぞ。

人気blogランキング・エントリー中です。       
ぜひ1日1回!クリックしてやって下さいませ 
問合せ、質問、ご指摘などありましたら → →   
遠慮なくどうぞ、でアリマス!


   
「Stray-Shanghai 上海猫★里親探し」



【おかげさまで♪ 蒟蒻畑 復活♪】
「マンナンライフ、こんにゃくゼリー製造再開=警告マークを拡大表示」2008/11/26
「こんにゃくゼリーの危険は自己責任では?」2008/10/09




「こんにゃくゼリーメーカーに激励の声殺到」

過去記事
こんにゃくゼリー 続報 と まとめ
ほとんどの人は死なない こんにゃくゼリー



人気ブログランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【イイネ!】 WORLD ORDER 【須藤元気】

2012-10-02 23:22:02 | 遺言 2007

我が家には、テレビがないので

どうしても世間の情報と時差が生じてしまったりするが・・・

Never too late !

 

たまたま、偶然に

中国動画サイトで見つけてしまった「WORLD ORDER 」

 

ピタゴラスイッチ & デジ音のコラボ?!   

と思ったのですが、「リーマンの集団行動的パフォーマンス」というのに

一瞬でハートを鷲掴みにされてしまいました。

MACHINE CIVILIZATION』  by  WORLD ORDER


ちょっと モノ悲しい メロディ。

 

そして、調査を始めて すぐに

センター [須藤元気] という方が、K-1 格闘技家 だった とつきとめ

(知らなかった)

「K-1」は、入場パフォーマンス というのがあるらしい と知り

(知らなかった)

[須藤元気] 氏 は、英語が結構上手だなぁ と思った。

 

『マイクロソフト主催 WPC2011のOPイベント』 NYバージョン


 

いろんな場所でパフォーマンス、撮影してるのが「イイネ!」

WORLD ORDER オフィシャルサイト

1枚目アルバム WORLD ORDER

2枚目アルバム 『2012』

 

この21世紀、類似アイドルとか、「S女時代」とか

どっかで見たコトあるようなユニットなんかより、新鮮で独特で

オリジナリティがあるとウケるなーと思い、しばらくハマりそうです♪

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【やっちまった・・・】facebook が 勝手にメールを送る件【コワイ(((( ;゜Д゜)))】 

2012-09-17 21:22:41 | 遺言 2007

ふぇいすぶっく、とやらのウワサはずっと聞いていた。

数年前から招待も受けていたが、残念ながら中国ではアクセス禁止なので
招待画面、ログイン画面さえも開かなかった。

2012年、日本に戻ったら、もうなんだか
「企業公式」「政府公認」みたいなツールになってるし
抽選とか、問い合わせ窓口さえも ふぇいすぶっくのみ、だったり。

さらに、毎週、毎日のように
いろいろな人々からの招待メールが送られてくる。
(っていうか、facebook がオートで送り続けてくるんだろうが)

という訳で
時代の流れにマケテ、登録してみた。


登録の途中で、facebookさんが瞬時に「アドレス帳」から
知り合いを探した!

ちょっとコワい

さらに、知り合いの知り合いを提案してくる。


その中には、大昔の同僚とか、日本語仲間とか
飲み仲間とか、忘れてた恋人とか(((( ;゜Д゜)))(((( ;゜Д゜)))

繋がれってか?!?!

カナりコワい


このぐらいは、わたくしの知る範疇だった。

それが、ここ数日、身に覚えがない人たちから
「facebook か?」
「ふぇいすぶっくで 何かした?」

と聞かれる。

おかしい
招待メールとか、始めましたメールとか、送ってないはずである。
登録作業中は、スキップ・スキップしたはずである。


調べた。
51通も「お知らせメール」を送っていた


我ながら、カナリショックである。
っていうか、51名さま…
大昔の同僚とか、日本語仲間とか、海外赴任者アドレスとか
飲み仲間とか、忘れてた恋人とか、
@c.vodafone.ne.jpとか、たぶん使ってないアドレスとか
一度しか会ったことない人とか、「誰?!」って人とか。


とにかく、シツレイシマシター。
届いてないならこれ幸い。
届いちゃったら「ハハハ~」で


【勝手に友達リクエスト・登録招待メール自動送信される設定を停止・解除・変更する方法】
【Facebookで勝手に「招待メール」を送ることを防止する3つの方法】


っていうか、言い訳なんですけど
yahoo アドレス帳、au アドレス などを引っ張るみたいなのですが
元ネタがどのデータベースなのかわからないのです。

登録アドレスは yahoo じゃなくて AOLだし
ちなみにこれ、世界中と繋がってるわけで
繋がりたくない人とまで 繋がってしまったら 困る _| ̄|○ <本名使えません~


今のトコ
退会はしませんが…
あんまり活動もしません、スミマセン。

これ絶対、アメリカによる公認「スパイツール」っしょ?
google といっしょで




人気ブログランキングへ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【わたくしは日本】30代日本人女性?上海で殺害される…男を逮捕【寧夏路?緑地世紀公寓】

2012-07-30 22:42:11 | 遺言 2007
7月末、夏本番、日本。

いささか驚きのニュース。
まさか知人では?と心配であるが
もしかすると、中には、このわたくし(一応30代)かと思って
ご心配なさってくださる方もいると思いまして、消息を。


【30代日本人女性?上海で殺害される…男を逮捕】
中国・上海市内のマンションで29日午後、日本人とみられる女性が遺体で見つかる事件があり、地元警察は30日未明、殺人の疑いで中国人の男を逮捕した。

 警察によると、女性は30歳代の日本人会社員とみられ、一人暮らしのマンションの一室で発見された。逮捕した男の住まいから女性の持ち物を押収したという。

 上海の日本総領事館が女性の身元確認を急いでいる。


【室内に女性遺体、日本人か 中国上海市】

【上海共同】中国上海市の警察などによると、同市内の高層マンションの一室で、日本人女性とみられる遺体が29日午後に見つかり、地元警察が殺人事件として捜査を始めたことが、30日分かった。

 関係者によると、女性は30代の会社員とみられる。この事件に絡み地元警察は「30日早朝に殺人の疑いで容疑者を逮捕した。容疑者宅から被害者の金品を押収した」と発表した。ただ、被害者が日本人かどうかは確認していない。

 上海の日本総領事館は状況把握を急ぐとともに、警察情報に基づき、家族と連絡を取るなどして身元確認を進めている。


【上海・日本人女性会社員殺害か?マンションで遺体発見】エクスプロア上海 住所入?!?!

報道によると29日、上海市普陀区寧夏路366、緑地世紀公寓4号26階の一室で、この部屋の住人とみられる女性が死亡しているのが発見された。警察は女性は殺害されたとして捜査を開始し、日本総領事館は旅券情報から死亡したのは30代の日本人女性とみて家族と連絡を取っている。

  29日午後2時ころ、ミネラルウオーターの配達員が水を届けに来たところドアが開いていたが呼びかけに室内から応答がなかったため、ロビーに詰めている保安員に連絡、保安員が室内に入ったところ女性の遺体を発見した。
  事件のあった緑地世紀公寓4号棟はオフィス用と居住用とどちらにも使用できるため入居者がはっきりせず、死亡した女性も付近の住人とはほとんど付き合いがなかったという。

  推定10万人とも言われる上海の在留邦人、働く日本人女性も多いがくれぐれも事件事故に巻き込まれぬよう注意していただきたい。

【上海で日本人女性死亡 “殺人”で捜査】NHKニュース 



ななな、なんて物騒な都市なんだ上海~!
もう戻れない~!
(でも最近里心・・・)


続編ブログ
「回日本后 異文化的衝撃!」



人気ブログランキングへ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

移転いたします →【回日本后 異文化的衝撃!】

2012-06-01 22:16:47 | 遺言 2007
上海から日本へ戻って、早4ヶ月…

季節は変わり、しかし上海生活よりも
ダラダラしている気が…


引越先
【回日本后 異文化的衝撃!】
http://blog.goo.ne.jp/pukupu-nippon



というわけで、上海記録のこのブログから
「日本de びっくり記録」へ移転します。

今後ももしお時間ありましたら
お付き合いくださいませ♪


lusheng-okado:ぷくぷ 拝


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「そして、思い出へ・・・」

2012-06-01 22:02:20 | 遺言 2007
団地内で上から降ってくるゴミ

必ず画面の一部が壊れてる巨大テレビ

おつりを投げつける店員

お気に入りの商品が3ヶ月後には置いてないスーパー

地鉄内をウロつく親子乞食(ヤラセ)

破れた黒ストッキングを履きつづける女子

犬を抱えたまま散歩を続ける人民

小皇帝が5歳を過ぎても抱え続けるジージ

自由すぎるメロディが大音量で鳴り響く着メロ

混雑電車やエレベータ内で容赦なく大声のケータイ

「30分で行く」と言って1時間来ない出前

面接に遅刻する就職希望人民、ヘタすると来ない、電話通じない

路上で洗濯する婦人、ツワモノはシャンプーも歯みがきもする

3重にカギかけてるのに、なぜか盗まれた自転車

なぜかどんどん増えてゆくカギ、そして使い道がわからなくなったカギも混ざる




信号が青いのに渡れない

宅急便は時間指定してるのに守らないで配達する(意味ナシ)

旧正月の爆竹には、慣れてるつもりでも何度か迎撃されそうになった





5年間で、わたくしをイライラさせたことは、もっともっとある。
眠れないぐらい怒髪天なコトもたくさんあった。

でも、今となってはすべてが「思い出」となり、もう悩まされることもない。

きっと大陸は、1年後、5年後、いや10年後に訪れても
やはり、わたくしをイライラさせるだろう。
今は、しばし、忘れて眠りたい


あ、イライラを思い出したら追加していこう♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ラスト・上海 very very final day

2012-05-19 12:33:23 | 貧乏生活実況板
わたくしの、
5年と2ヶ月と22日の上海の日々のラストは

まさかの大雨だった。

上海で傘が必要なほどの大降りは、そんなに多くない。
それがよりによって…

脱出直前の日々、正直言ってテンパっていた。
余裕のつもりだったのに、計画が狂った。

●来客の応対で体力と時間不足
●留守が長いので、夜間猫たちが寝かせてくれない。
●大家との退去手続き、時間合わず
●荷物や物資を譲る相手と日程合わず、ギリギリ
●退去掃除どころではなく・・・

大バカやろうな大家との最後の敷金交渉もモメた。
「あんた、途中で出てくから半分しか返さないね。
そして、滞納有線テレビ代も払ってもらうヨ♪」(見てないのに…)
2200元戻ってくるはずだったのだが、900元まで下げられて体力消耗。

カギの受け渡しも、最後の最後に不動産立会い必要と言われ
最終日は、大雨の中
6時起き →備品買出し →ラスト・荷造り →両親のホテルへ 
引揚げ荷物9コ口を両親に託す →搬入指示 →家に戻る
友人に捧げる物資渡す →ラスト・大掃除 →不動産カギ渡す →空港へ出発

空港に向けて出発は、14時を予定していたのだが
何せ大雨で掃除、ゴミ出しも出来ず、時間押しまくり。

部屋は混乱、ゴミは片付くどころか散らかる。
ネコたちは通常と違う空気にパニックだし。
雨は止むどころかますます激しくなる。

そしてわたくしは、一人で作業を続けながら
「5年の集大成がこの混乱かい
と、泣くに泣けず、またそんな時間も惜しい。

いよいよ旅立ちの時、とネコたちをキャリーバッグに詰め込み
冷蔵庫に残ってたジュースとワイン、ワイングラスを袋に詰め込み
不動産やにカギを渡したが、とにかく焦り、感慨にふける時間もない。
まあたった8ヶ月しか住んでない部屋、愛着もない。

14:35ごろ大雨の中、ネコたちを抱え、壊れたカサを差すが無意味。
ビタビタになりながらタクシーを捕まえ、カサはそこで捨てた。

ネコたちはビビってガクガク(((( ;゜Д゜)))震えてるし
空港で待ち受ける手続きが上手くいくかどうか気が気じゃないし
鼻血が出そうなぐらい、ストレスフルなfinal day…。


最終的に、15:40ごろ浦東空港着、両親とmeet、しかし
荷造りが完了しておらず、最後の最後までバタバタ。
ネコ手続きも時間ギリギリ、一息のつもりのワインで事のほか酔っ払い
出国した後最後のおみやげすら買う時間なく、ファイナルコール。


「これからの、残りの人生は
   余裕を持った生活がしたい・・・」

と、痛感させられた上海脱出(笑)
今では、既に懐かしい思い出であります。



  ↑ ↑ ↑
1日1クリックしてやって下さいませ♪



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ラスト・上海 final 5 days

2012-04-26 21:15:53 | 貧乏生活実況板
2012年1月は、上海で、実にもてあました日々を過ごしてしまつた。

寒いので出不精。
路上の店は閉まり始める。
バスや電車は少なくなる。
友人・知人は上海にいない…。

というわけで、荷造りやガラクタ処理、引揚げ手続き準備などを済ませる。
そして、ネコたちの検査や手続きも済ませ、いよいよカウントダウンが始まったころ


大阪のイトコ♀と、愛知の両親のfinal 訪問


●脱出 -4日
浦東空港 イトコとmeet
リニア&地下鉄でホテルcheck in(中山公園)
龍之夢 小楊 焼き小籠包
家楽福で買出し
「致真酒家」万都大厦で晩飯

●脱出 -3日  大活動
徐家匯 港匯REGAL 靴を見に行ってみる
美羅城のフードコート
地鉄→新天地→東台路→豫園

豫園17時すぎに到着、ちょうど「ランタン」活動で入場券が必要だが、入ってみる

→外灘方面 リバークルーズのフェリー乗り場 →お茶付クルーズ
→タクシーで南京東路、店員が無愛想なメン屋→ホテル

●脱出 -2日  やはり大活動/偶然にも、両親とイトコ同じホテル!
イトコ、地鉄にて我が部屋を訪問、スゴい土地勘である。
昼、両親ツアーで来上海→「京翅坊」に便乗

初めて行ったこの店のフカヒレ&プチステーキは絶品だった…
嗚呼、5年間わたくしは何をしていたのだろう

→一旦両親と解散、イトコとわたくし、ネコの書類とりに「申普寵物医院」へ
→すぐ近くの「田子坊」へ、再度両親と集合、ベトナムカフェ
→地鉄 浦東 陸家嘴 「上海環球金融中心」101階ビル

ハイ、2008年8月末オープン後、初めて上りました♪
天界では雨と雪が舞ってましたが、幸いちゃんと下界が見えました。

→「鼎泰豊」で晩飯→ホテル部屋でみんなでお茶

●脱出 -1日 イトコ・ラスト
9時 みんなで朝ごはん わたくし便乗
イトコ、お茶・薬屋(百合油)・ごま団子求めて買出し。
中山公園近辺にはナシ
→マッサージ屋で70分 全身と足浴 →安順路で買出し
→我が家で大家とラスト・交渉(多いにモメる)
→お茶を求めて虹橋→タクシーでホテルへ→荷造り

そして1530ごろ単独でタクシーに乗り浦東空港へ。


そして、連日の疲労とお酒にもマケズ、ラスト・荷造りが進まず…
そして、夜20時に同僚に自転車を進呈→またホテルへ行き荷造り


そして…
万全の準備が終わらぬままに

いよいよ迎えた 5年と2ヶ月と22日の上海デイズの
記念すべき最後の日は

朝から、記録的な大雨となった


なんでやねん

つづく



  ↑ ↑ ↑
1日1クリックしてやって下さいませ♪



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ラスト・上海 2011の日々

2012-04-25 20:50:14 | 貧乏生活実況板
上海暮らしが丸4年を越えた頃の2010年末。
ビザももらえて仕事もあって「安定」を手に入れて

「あと5年ぐらい上海おってもええなぁ」
「日本戻っても、部屋も家具もないし」
「何せ、ネコたちと暮らせるアパート、日本にないし」

と考えていたら、突然会社がなくなった _| ̄|○ 


転職しようか、バイトを増やそうか?と悩んで数ヶ月
今度は、大家から「賃貸期限終了~」と立ち退きを命じられた _| ̄|○ 


それまで、中国のイヤなトコだましだまし暮らしてましたが
2011年の5月、一気に「イヤだ」がガマンできなくなり、真剣に帰国を決心。


ただ、本帰国の最大の重要事項は「ネコちゃんたちお持ち帰り」
一説では「8ヶ月」かかるとも言われており、わたくしも段取りに急いだ。

最終的には狂犬病検査のための「採血日」から180日目以降、というのが
帰国解禁の目安になる。


正直、一刻も早く脱出したいぐらい「イヤイヤ病」だった2011年。
しかし、わたくしは、この「解禁日」を読み違えてしまつた
しかも2週間も。

この2週間が、結局「旧正月」に絡んだので
混乱明けてからの日程調整で、結局2012年2月までズレ込んだ。


2012年1月いっぱい、特に旧正月中(1/23~30ごろ)その前後は
日本人も中国人も、上海不在だったり予定が合わなかったりで
正直、1ヶ月をまるまるムダにしてしまった。

本帰国を前に、慌てて北京旅行へ行ってみたが
やはり帰省ラッシュの混乱の影響もあり、さらに寒かった…。


本帰国の時期、選べるのであれば「旧正月」前後は避けたほうがいい
今思えば、もっと早めに職場離脱して、ラスト・上海を満喫して
早々と脱出すればよかったな~('A`)




 
 ↑ ↑ ↑
1日1クリックしてやって下さいませ♪



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【猫と帰国・余談】猫マイクロチップにまつわるエトセトラ・・・

2012-03-22 19:44:00 | 猫 帰国 輸入手続

無事、日本に辿り着いて、母&娘2匹ヌクヌクまるまる肥えていく今日このごろとなっては
既に笑い話でしかないのですが、「中国恐るべし_| ̄|○ 」という事例を書きとどめておきます。

2月上旬、日本セントレア到着後
①入国スタンプ
②ターンテーブル近辺で、猫チャンたちが手持ちで登場
③猫チャン&書類と共に、隅の方にある「動植物検疫所」カウンターへ

④書類チェック、チップチェックの後「輸入検疫証明書」と税関提出書類もらう   ← ココ

担当者さまに書類原本を渡し、いろいろ記入、チェック。
そしてチップ・チェックのためカウンターの奥の別室行き。

「ごくまれに、チップの故障で読み取れないケースも・・・」と
上海で獣医さんから聞いていたが、つい1週間前は問題なかったし
きっと、にっぽんでもダイジョブダイジョブ♪

まずはお姉さん、しゃおみんから行きましょう。
飛行機の後遺症で完全に茫然自失状態のしゃおみんをカゴから引っ張り出す。

検疫さんも、数々のチップ・リーダーをお持ちのようで
まずは「アイロン・タイプ」が出てきた。読み取り面20センチ四方、片手で持つ。

しかし、感度が悪いのか しっぱい。
「中国製ですから、スミマセン」とわたし。

次に「掃除機・管タイプ」が出てきた。やけに長いノズル状の先にセンサー、手元には表示パネル。

 イメージ


今度は恐ろしく感度がよく、至近距離じゃなくてもピピピと読み取ったのはいいのだが・・・

検疫「えーと、こちらがお姉さん、しゃおみんちゃん?デスカ??」
我「へ?!」
検疫「チップの番号が、書類上の千秋ちゃんの番号ですね」
我「(((( ;゜Д゜))) (((( ;゜Д゜))) (((( ;゜Д゜)))が゛クガクブルブル
 いやいやマサカ!感度が良すぎて、この50センチ隣の千秋のチップを読み取ったのでは・・・」

と、再度チャレンジするが、やっぱりしゃおみんに入ってるのは千秋チップ。冷や汗。
ならばと、千秋を引っ張り出して読み取ってもらうと、こちらにはしゃおみんチップの番号が。

何度やっても、読み取り機には故障がない、つまり
「書類上のしゃおみんと、実際に入ってる千秋チップが、テレコ」である _| ̄|○ 

冷や汗ダラダラで、原因と対策。
【原因】 アホな獣医が みん と 千秋 を適当に認識、健康手帳を逆にして名前記入。
【影響】 書類項目が虚偽になってしまう。訂正となると・・・ わたし、また上海!?
【対策】 検疫担当者さまの寛大な心情に期待すべく、汗ダラダラでスマイル


マスクの検疫者さま、どこかに電話で問い合わせた後に
「ま、書類上ではペットの名前はそんなに重要ではないので、問題ないでしょう」

ホッ♪♪♪
一部訂正と、再度サインでなんとかしてくださいました。

ここで猫たち指し止めになったら、行ってはいけない「香謝園獣医」に裁判ふっかけるトコでした。
それにしても・・・
大きな声では言えないのですが、血清の検査値は、どっちの猫の検査結果なのか
今さらワカラナイ状態になってしまった。
検疫者さまには、なんとかゴマかして訂正だとか再検査が不要な処置を施してもらったが。

チップ挿入は2011年4月5日。
今回発覚したのが、約10ヶ月後、しかも日本で('A`)

中国でも、採血や健康診断の際には「チップと個体」確認してるんだから
2、3回は発覚のチャンスがあったにも関わらず、である。

(もしや上海、テレコを知ってて知らぬフリしたか!?)

つい7日前には、わたくしも立会いでチップ読み取りしてたんだから
自ら確認するべき、でしたが、まさかそんなコト考えも及ばず。
でも、そんな直前タイミングで発覚してても絶対パニック!だっただろーなー。


そもそもの原因は
わたくしが見てない隙に、チップ挿入しやがったアホ医者」だと思うんだけど
例え見てても、チップ番号シールを貼り間違えたらどうせテレコだし _| ̄|○ 
医者も信用なりません。

もう、防御策としては
「ヤツラに同時に複数の仕事をさせてはいけない」ぐらいしか思いつかん。

想定外の危機でしたが、結果オーライで救われました。
今後、中国で似たような作業をされる方、どうぞお気をつけ下さい。

わたくしはラッキーだっただけカモ。ここで輸入保留や禁止になるケースもありうるカモ。

万が一、日本到着・輸入時に
例えばチップが読み取れなかったら、すべての行程やりなおしで
でも「中国強制送還」とかすると、もっと面倒(っていうかたぶん無理)だから
日本で係留したまま、8ヶ月離れ離れ!?
1日3000円??(x240日) 面会に制限??

とか、そんなコト考えてたら夜眠れなかったな~。
そんな最悪の事態になったら、どれだけ医者から慰謝料、賠償金ふんだくっても
8ヶ月生きた心地がしないと思います。

飛行機の中で「旅死」するよりも
上陸後の「獄中死」は死んでも死に切れません_| ̄|○ 


という訳で、世界中の飼い主サマ。
チェック&チェック に越したコトはないです。
想定外のケースも、一瞬疑ってみましょう。(その時点で想定内になるケド!)
代行業者でさえ、完璧ではありません。
医者も代行業者も「ダイジョーブ、我々、数々経験!」を合言葉に手抜きしかねない。
 (そして高いクスリをふっかける)

めったにある体験ではありませんが、大切な家族ですから
不安なく、海外渡航したいですネ。

 高いトコロが 好きアル

そして
わたくしの未来に、再び娘たちを海外に連れていくケースがあるのかどうかは
誰も知らない。わたしも知らない。
(ないことを願いたい。)

 

 
 ↑ ↑ ↑
1日1クリックしてやって下さいませ♪

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【猫と帰国final】中国 → 日本 への飛行機に乗る

2012-02-29 16:21:12 | 猫 帰国 輸入手続

5年間の上海生活を終える、わたくしの「中国最後の日」は
数ヶ月ぶりの、大雨だった('A`)

という訳で、今は日本へ本帰国済みでありますが
その実況は改めて。


すべてはこの日のために準備してきたわけで
ココでコケたり、忘れ物をしたら悲惨極まりない。

ちなみに、わたくしは
「1人1匹のみ持ち出し可」説を信じたがために
上海脱出にあたり、母を名古屋から呼び出したヌケ作です。
さらに父も一緒に来たので、3人そろっての帰国となりました(笑)

結論としては、1人で2匹連れ帰ってもよかったのですが
荷物だとか、道中だとか、手続きのことを思うと、やはり単身よりは
誰かヘルプがいると心強いです。
とにかく段取りでアタマが一杯だし、ドロボウとか手違いとかまで
気が回らないかもしれません。

 大雨の中タクシーで浦東空港へ


さて、出発。
上海発 カウンターで

①人間チェックインカウンタで「届出受理書(日本発行)」を見せる
②JAL発券カウンターへ移動、「猫の運賃」を払う(銀行カード OKでした)
③再度チェックインカウンターへ戻り「猫運賃領収書」見せる
④搭乗券とバゲージ控えもらって 完了!

カウンター前 にて


いきなり、猫2匹2カゴ持って行った瞬間に
窓口担当たちが「予約は1匹」「画面上で1匹になってるアル」と中国語でヒソヒソ言ってて
固まりそうになりましたが、問題はなかったようです。ナンダッタんだ!?

猫チャンたちはカバンと共にベルトコンベアに載せる?のかと思いましたが
終始カウンタのこちら側に置いたまま。別に中身のチェックもされません。

②JAL発券カウンターというのが分かりにくく、間違って警察か通関へ
行ってしまいました。一番果て、Mカウンターの入り口側にスタッフいました。

っていうか・・・ めちゃめちゃ時間がかかってしまったのですが
チェックインカウンタは中華系の委託だし、日本語ヘタだし
親切不ていねいだし、疲れました。

挙句
【同意書】書かなきゃダメ アルよね?」と確認したのだが
JAL発券カウンタも、チェックインカウンタも「不要、不要!」と言ってました。
いいのか?!


猫たちはスタッフたちの手によって、どこかへ運ばれていきました。
多分入り口が違うのでしょう。

慌しさが小休止して、しばし猫たちとの別れ。
最後に冷蔵庫に残っていたワインを飲み干していました(笑)
浦東空港には。ターミナルが2つあるのですが
JALさんは第1ターミナル。こっちのほうが空いてるし人も少ないし
出国もラクで救われました。

でも?恒例なのか?
ラスト・フライトでも「ファイナルコール」状態の最後の乗客でした。

そして、約2時間10分のあっという間のフライトの後
日本セントレア着陸後

①入国スタンプ
②カバンのターンテーブル近辺で、猫チャンたちが手持ちで登場
③猫チャン&書類と共に、隅の方にある「動植物検疫所」カウンターへ
④書類チェック、チップチェックの後「輸入検疫証明書」と税関提出書類もらう(約30分)
 問題なければ、ここで猫たちは解放されます♪
⑤税関さんに書類提出&荷物チェック、帰路へ

時期的に空いていたので、乗客率は6割ぐらい。
個人で前の方にシートリクエストをしてたが、ラッキーに両親も並びでゲット。
(っていうかチェックインはカナリ遅かったはずだが)

離陸の瞬間とか、フライト中に何度か猫チャンの悲鳴を聞いた気がする。
母には聞こえなかったそうだが(笑)
おまけに九州などで豪雪&極寒が続いてた時期。上空はカナリ揺れた。

名古屋に降りて、猫はフラジャイル貨物と同じように手持ちで出てくる、と
聞いてたのに、出てこない。
赤ちゃん用のベビーカーは一番に出てたというのに!

で、せっかちなわたくしは、先に書類チェックだけでも・・・と
ターンテーブルから端の方に見える「検疫所」カウンターへ走って向かう。
検疫所には事前に到着日・便名も知らせてあるので担当者スタンバイ中。

息を切らせてカウンターに到着、名乗って書類を渡すと
「まずは、猫チャンを連れてきてネ」とマスクの担当者に言われた_| ̄|○ 

それとタッチの差で、ターンテーブルの周りでスタッフが
「猫をお連れのお客さま~」と叫んでいた。
いつの間に運ばれたのかしら!?

我が娘たちは・・・
カゴの中で無事に生存!カゴ越しに再会♪

そして、やはり動物は珍しいようで
ターンテーブルのお客さまからどよめきが起こった。
が、カゴは小さいし中に毛布入ってるし、猫たちは見えなかった。

再び検疫所カウンターへ家族3人+娘2人で。
書類の確認や打ち込み作業、印刷、サインなどに手間取る。しばし待つ。

指示される通りに記入項目などをこなし、そしていよいよ
最後の最後の山場である「マイクロチップ・チェック」。

ここで、無事リーダーが読み取り、書類上の個体と確認が取れれば
晴れて猫チャンたち解放~! となります。


ここで!!!
わたくしの場合、カナリヤバい問題が発生したのですが
最終的には、無事通過いたしました。ホ♪

担当者さまさま、大感謝~。
ちなみに、上海「申普寵物医院」の名刺にご興味を持たれておられました。



結局、手続きに50分ぐらいかかっただろうか?
手続き終わった後、出国エリアは閑古鳥。
足早に税関を通過、コンビニやレストランの誘惑にもメゲず
猫チャンたちのために、とりあえずは寝ぐらを目指す。

幸いにも我が家はセントレアから至近距離、猫チャンたちがカゴからリリースされたのは
上海でカゴに詰め込んだ14:30(+8)から・・・ 日本宅 約22:30(+9)、約7時間後である。

上海-日本、さらに空港から近所でさえ、7時間もカゴの中~!
アメリカやヨーロッパのフライトの場合、猫たちにはストレスぅだと思います。

 早く出してぇぇぇぇえ!


小命・・・   フライト後遺症で、5日間ぐらいはフトンに潜ってほとんど食べず、脱力病?、激ヤセ
千秋・・・   新居でさっそくパトロールを始めるも、3日ほど爪とぎ、食事、水など遠慮。

そんな2匹も・・・
10日を過ぎたころにはケロリと忘れ、元気です。
通常の3倍食べてます。嗚呼よかつた♪

 

にっぽんの タタミ バリバリ♪


 

 
 ↑ ↑ ↑
1日1クリックしてやって下さいませ♪

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

【猫と帰国⑦】中国・申普動物病院での最終健康チェック

2012-02-13 22:14:41 | 猫 帰国 輸入手続

いよいよ、クライマックスである

「猫ちゃん健康チェック」を迎えた。

 

ずいぶん早くから各方面の調査・段取り・根回しをし続けたので
正直、本番である「健康チェック」と「フライト」までの間延びした日々が
長々しく、恨めしかった・・・

さらにはわたくしの場合、旧正月期間(2012年 1/23~)が絡んでおり
中国側の政府機関や病院の定休日、はたまたフライトの混雑や混乱を恐れ
その時期を避け、かつ稼働日も念入りに聞いてみたり。

しかし、ようやく
健康チェックまでこぎつけたら、帰国ムードが広がります。

チェック前に
※ FormA1枚、FormC3枚を記入したものを日本検疫所で確認してもらうコトをおススメ。

(Fax、画像、スキャンpdfなど)
万が一ミスがあると、後々大変デス。


で、ホントは、日本検疫は散々
「猫本体のボディチェックは、フライト2日前ね♪」と強調するのですが
中国側は、なぜか「出発7日前」にやってしまいます・・・。

申普病院への持ち物
FormA 自分で記入(英語)
FormC-1,2 自分で記入(英語)   FormC-3 医者が記入
動物手帳の名前&注射シールページのコピー 2枚
飼い主のパスポートコピー 2枚
飼い主の日本帰国チケットコピー 2枚
日本発行 届出受理書コピー 2枚
狂犬病抗体検査証明書コピー 2枚

わたくしの懸念は、
「今までの動物手帳は分院(行ってはイケナイ香謝園)のだが
そのまま本院でも使用可能か?」
「旧正月明け、開いてるか?」
「2匹とも、わたくし名義で連れて帰れるか?」
「っていうか、病院はドコにあるだ?打浦橋??」

などなど。ま、すべてクリアできました(笑)
知人の上海人に車で送迎してもらったのですが、徐家匯路x麗園路 の裏側から
入り、マンションの住宅街の奥に駐車した方が安心です。



1Fの部屋でマイクロチップ確認 → 触診、聴診器 → プチ採血。
別に「便」(うんにょ)を取るとか、レントゲンとかありませんでした。
ちょっと日本語話せる女医さんもいました。

しゃおみん

 < ナニスル アルカ?!

千秋

  < たすけて~~~ 



で、事前確認で
我「健康チェックって何するだ??注射するのか?」
医「ノ~、注射ないない!」
って言ってたクセに・・・

しっかりと、針刺してくれるやんけ!('A`)

採血のためなのだが、先方いわく
「注射は入る、採血は出る、ぜんぜん違うものアルよ」 だとか。

採血量はホンのチョッピリですが、心の準備は必要です。


それから、2Fの部屋に上がり、先ほどの書類一式から
お医者センセーが中国提出用書類を作成してくれます。

ハンコやサインの他、コンピュータ入力や印刷などもあり、結構時間がかかりました。
2匹でコ1時間かかった。

そして、虫除けクスリ(服用と外用)を有無を言わさず買わされます。
要らん、要らん!と再三ゴネたのですが、医者は
「日本側、必須アルね。あなた欲しい欲しくない関係ないアルある」

 お高い お薬群

わたくしの記憶が正しければ、それは必須ではなかったのだが・・・。
しかも安いクスリでええのに、ドイツ製の著名なバカ高いやつを買わされます_| ̄|○  

高いくせに!娘たちに無理やり飲ませたら泡ブクブクでゲーゲー吐いてしまったがや!
嗚呼中国人、最後の最後まで商魂・・・(結局飲ませるのを挫折しました)

で、
FormA、FormC-1,2,3 は、病院ハンコと医者センセーサイン(もしくはハンコ)埋めて
その場で返却してくれました。
もらった瞬間に、しっかりチェックして下さい!

サインもれとか、日付がビミョー?とかあるかもしれません。
わたくしの場合、2匹分記入してる途中で担当医者が変わったので
サインとか名義とか、2匹のクスリ処方日とかなんか違ってたし。
ここで見逃しても、最悪フライト2日前のときでも間に合います。


そして、検査の5日後、フライト2日前に
再度申普に行き、出来上がった書類をゲト!(検査の日にもらった領収書を見せればOK)
ここでは「動物健康証明書」ANIMAL HEALTH CHECK を受け取ります。
名前とフライトの日付の確認をして、受取サイン、これで書類がそろいます。


この段階で、すべての入手済書類を日本検疫所へ送ってチェックしてもらい
不備がなければ、大いなる安心を得られます♪

(FAXがなかったわたくしは、デジカメで撮影→e-mail で送りました)

 

=======

費用
=======
健康診断 &書類作成               約460元確認中 (x2匹 しゃおみん&千秋) 

お薬代(要らないのに無理やり高いヤツ)    約200元確認中 (x2匹 しゃおみん&千秋)

======================================

 

 

 
 ↑ ↑ ↑
1日1クリックしてやって下さいませ♪

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加