カエサルの世界

スマホで見る場合も「PC版」をオススメします。

■大谷翔平さんを描いてみました。

2018年04月09日 | ☆おえかき    

 大谷翔平さんを描いてみました。


 大谷さんのことを知らない人もいると思うので・・・というか、カエサル自身も半端な知識しかないので、略歴をチェックしてみました。

 1994年 岩手県奥州市で生まれる。
 2010年 花巻東高校に入学。
 2013年 NPB 日本ハム・ファイターズに入団。
 2018年 MLB ロサンゼルス・エンゼルスに入団。

 たぶん、2012年の春だと思います。当時、カエサルは某高校の教員をしていたのだけど、花巻東高校の野球部が練習試合で来てくれることになりました。高校野球に関心のないカエサルでも大谷さんの名前は知っていたので、ちょっと楽しみにしていたんだけど、天候不順か何かで中止になってしまいました。ちょっと残念でしたね。


 日本ハムでの成績も調べてみました。

 2013年  3勝0敗、防御率4.23。 3本塁打20打点、打率.238。
 2014年 11勝4敗、防御率2.61。10本塁打31打点、打率.274。
 2015年 15勝5敗、防御率2.24。 5本塁打17打点、打率.202。
 2016年 10勝4敗、防御率1.86。22本塁打67打点、打率.322。
 2017年  3勝2敗、防御率3.20。 8本塁打31打点、打率.332。

 大谷さんは、投手と打者の「二刀流」ということで人気があったわけですけど、阪神ファンで、阪神のこと以外には興味のないカエサルとしては、あまり関心はありませんでした。覚えているのは、2013年の交流戦です。大谷さんは、藤浪さんから2塁打を打ちました。悔しかったですね。


 大谷さんは、この春からMLBでデビューしたわけですけど、その活躍が凄まじいわけで、さすがのカエサルもびっくりしています。
 一昨日までの成績を並べてみます。

 3月29日 初出場・初先発出場、初打席・初安打。5打数1安打。
 3月30日 (未出場)
 3月31日 (未出場)
 4月1日 初登板・初先発登板、初勝利。6回3失点。
 4月2日 (未出場)
 4月3日 初本塁打・初打点。4打数3安打3打点。
 4月4日 2試合連続本塁打。5打数2安打2打点。
 4月5日----------試合なし
 4月6日 3試合連続本塁打。4打数2安打2打点。
 4月7日 (未出場)

 MLBで3試合連続本塁打って、イチローさんはやったことがないそうです。松井さんは2回やっているそうですけど、2年目と5年目だそうです。凄すぎます。


 4月8日(日本時間9日)は、大谷投手が先発登板し、7回を投げて降板。1安打無失点、毎回の12奪三振、7回1死まではパーフェクトだったそうです。
 この記事、リアルタイムで書いているんですけど、今、8回裏が終わったところで、0-6。エンゼルスがアスレチックスをリードしています。試合が終わってから記事をUPしようと思っているのだけど、う。9回表、ペーニャという投手がジョイスという選手にソロホームランを打たれ、1-6になりました。でも、後続を抑えて試合終了です。大谷さん、2勝目をあげました。


 さて、「おえかき」の話です。
 今回も、「Paint Shop Pro Personal」の「色鉛筆」を使って描きました。
 参考画像(トレースした元画像)は、1本目か2本目のホームランを打ったときだと思います。バックがボケていて大谷さんがクッキリと浮かび上がるんだけど、バックの人たちの表情も感じられるという素晴らしい写真です。そういうところを上手く描けたんじゃないかと思っています。
 色鉛筆なんだから、色鉛筆らしいアッサリとした絵を描きたいと思っていたのだけど、結局、塗り込んでしまいました。すごく時間がかかります。その分、出来はよくなるんですけど、参考画像に近づいて行くだけということにもなるし、アッサリとやりたいんですけどね。なかなかうまくいきません。


--------------------
 「にほんブログ村」というブログランキングに参加しています。「いいね」「ナイス」の代わりとして、これ→ ←をクリックしてもらえるとうれしいです。
ジャンル:
東日本大震災
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ■春の庭2018 | トップ | ■駐車場のソメイヨシノ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (上総)
2018-04-10 00:39:33
将棋の藤井六段といい、大谷選手といい。
漫画でも、こんなのナシって感じですよね。

年齢的にも、23歳。大卒2年目。
野茂や、イチローの大リーグ1年目とちょっと違う。
いきなり、ここまで活躍するとは。・・・
漫画に描けないものすごさ (カエサル)
2018-04-10 00:51:04
 その通りだと思います。カエサルも、ほとんど同じことを考えていました。
 藤井さんと大谷さん。将棋漫画でも、野球漫画でも、こんな展開はありえません。すごすぎて、面白みにかけてしまうというか、どのような感想をもてばいいのか困ってしまいます(笑)

コメントを投稿

☆おえかき    」カテゴリの最新記事