カエサルの世界

スマホで見る場合も「PC版」をオススメします。

がんばろう、松島

2011年04月26日 | ☆東日本大震災  

 4月24日(日)、松島に行って来ました。マリンピア松島水族館が再開する(入場料が半額)という話を聞いて、でも、天気が・・・なんて思っていたら、予報が変わりました。いいお天気です。
 仙台南部道路から東部道路、三陸自動車道・・・と行ったわけですけど、道路状況は話に聞いていた通りでした。ところどころに段差があるのですね。でも、そういうところにだけ注意していれば、スムーズに走行することはできます。むしろ、渋滞しているんじゃないか、混雑しているんじゃないか・・・なんて心配してしまいました。
 渋滞・混雑については、まったくの杞憂でした。町営駐車場にもすんなりと車を駐められたし、悪い予感のかけらもないさ・・・ってな気分で海岸へと向かいました。まあ、ご覧の通りです。海も、島も、道も、家も、みんな綺麗なんだけど、天下の「松島」としては閑散としています。


 最初に見つけたのがこれですね。あれ?・・・って感じでした。
 これ、本当はこうなっているんじゃないよな・・・ってなことに気がつくまで、しばらく時間がかかりました。それくらい、海も、街並みも、公園とかも、綺麗なんですよ。


 こういうところもありました。もちろん、通行禁止になっていたんですけどね。
 カエサル、松島の状況について何も知らないまま来ちゃったんですね。瑞巌寺とか五大堂とかはおおむね無事だったみたいで、すでに拝観も再開されているんだけど、遊覧船とかはまだ再開されていません。


 さすがに、マリンピア松島水族館は賑わっていました。
 去年はゴールデンウィークに来たんだけど、遜色ない・・・って感じがしました。


 串焼きとか、美味しそうでした。食べたかったですね。
 でも、ちょっと並んでいたので、パス。
 カエサル、行列に並ぶことのできない人なんですよ(笑)


 ・・・というわけで、この日の昼食は「肉そば」です。450円でした。


 魚さんたちとかは、元気でした。ペンギンさんもアシカくんも元気でした。その様子については、そのうち、別の記事で書きたいと思います。
 今回は、やっぱり、これですね。
 写真の真ん中にある、赤いマーク、わかりますか?


 津波がここまで来ました。

 松島は、宮城県の沿岸部としては最も被害の小さかった地域である・・・というのが、カエサルの認識です。違うかもしれませんけど、それほど大きくは間違っていないと思います。
 でも、あたりまえのことですが、松島は津波の被害を受けなかった・・・ということではありません。そのへんで、カエサルのイメージは混乱していたという気がします。


 松島グリーン広場です。遊覧船発着所と水族館の間にある素敵な公園ですね。木々が倒壊することもなく、相変わらずの美しい姿を見せてくれていました。
 でも、その「グリーン」の部分がヘンだと思ったんですよ。


 歩いてみました。なんかフワフワとしていて、足跡がくっきりと残ります。その足跡のところに見えるのが「地面」ですね。津波っていうのはこういうものなんだな・・・と思いました。
 松島。あちこちに壊れたところとかが残ってるわけですけど、よくここまで復旧させたな・・・と思いました。これからも道は長いと思いますけど、いつの日か必ず復活すると思います。
 がんばろう、松島!!


        ← 応援クリック、よろしくお願いします。
ジャンル:
東日本大震災
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 恐怖のベニーランド | トップ | 最後のラーメン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カモメの皆さん (天橋)
2011-04-26 22:47:23
もう4~5年位前になりますが,仙台に住む弟と松島に出掛けました。一緒に観光船に乗ったのですが,餌を求めるカモメの皆さんが船の周りを群がっていました。
今春,ダーダネルス海峡をフェリーで渡ったのですが,船の周りに群がるカモメをみて,あの時の松島の情景を思い出していました。
天橋さん、こんばんは。 (カエサル)
2011-04-26 23:59:23
 今回の松島。正直なところ、ショックでした。仙台のライフラインとか復旧して、気が緩んでいましたね。
 でも、行って良かったと思ってます。これからも、行き続けようか・・・なんてことも考えています。

 遊覧船、復活するといいですね。船が出ないと、カモメさんたちも寄ってこないみたいです。
 でも、松島の人たち、懸命に復旧に取り組んでいますからね。
 松島にカモメが戻る日。そう遠く亡いんじゃないかな。


コメントを投稿

☆東日本大震災  」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事