カエサルの世界

スマホで見る場合も「PC版」をオススメします。

■仙台彷徨180310(1)萬代

2018年03月12日 | ★仙台市の風景  

 4週連続ということになりますが、某大学某運動部関係の仕事があり、その後、後輩たちと昼食をとりました。


 評定河原運動場にある合宿所で2時間ほどのミーティング。
 その後、かつどんのかつどん家で昼食会という予定で、エロースなロースかつ定食を食べるのを楽しみにしていたんだけど、店の外には10人くらいが待っているという状況です。近くの(と言っても、ちょっと遠い)中華料理店へ行くことにしました。




 中華ダイニング萬代(まんだい)です。
 黒酢鶏唐揚げ定食をいただきました。


 食事を終えて、後輩たちと別れました。
 カエサルは評定河原に車を置いているので、評定河原まで戻らねばなりません。
 「来た道を戻ればいいよね」ということを確認して歩き出したわけですが、最初から、逆方向に歩き始めました。方向音痴の本領発揮です。


 赤いラインが萬代に来るまでのコース。ここをそのまま戻っていくつもりだったんですけど、青いラインのコースを進んで行くことになりました。


 青葉通りと晩翠通りの交差点を渡ったところです。こんな標識を撮っているんだから、道を間違えているということに気がついてもいいんですけどね。
 そもそも青葉通りに出るはずがないのに出ているわけで、わけがわからなくなっているんだと思います。たぶん、わけがわからなくなっているということに気がついていないんだと思います。さらに逆方向へズンズンと進んで行くことになります。我ながら凄いと思ったりします。




 晩翠通りです。青葉通りを渡って、広瀬通りに向かっているということになります。
 言い訳をさせてもらえば、とにかく、天気がよかったのです。歩いていて気持ちがよかったのです。こうした「仙台市の中心部の周辺部」という感じの街並みも面白いと思いました。


 この標識を見て、さすがに、道を間違えているということに気がつきました。
 そのまま引き返すのも何なので、いっそのこと西公園まで行っちゃおうかと思ったりしたんですけど、それなりに戻っていこうと思いました。




 戦災復興記念館を経て、青葉通りに向かっているところです。
 仙台は、40年前に学生生活を送った街で、就職して離れたりはしたものの、何度も何度も来ている街です。評定河原に戻っていくことくらい、余裕だぜ・・・なんて思っていました。




 青葉通りまで戻って来ることはできたんですけど、なぜか、大町駅まで来てしまいました。評定河原に行くために大きく間違っているというわけではないんだけど、ここまで来る必要はなかったわけで、自分でも笑ってしまいました。
 こうなったら、西公園の臥竜梅を見ていこうと思いました。そのへんの話は、次回の記事で紹介させてもらいます。

--------------------
 「にほんブログ村」というブログランキングに参加しています。「いいね」「ナイス」の代わりとして、これ→ ←をクリックしてもらえるとうれしいです。
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
« ■2011年3月20日(7年... | トップ | ■仙台彷徨180310(2)臥竜梅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★仙台市の風景  」カテゴリの最新記事