カエサルの世界

今年(2019年)1月中旬から「休載中」ということになっているのだけど、まあ、ときどき更新しています。

■漫画三昧(2018年7月)夜廻り猫

2018年08月22日 | ☆読書とか    

 タブレットPCでキンドルの無料漫画を読み続けているわけですけど、読んだ本の紹介です。
 今回は、2018年7月編です。


 7月3日~8日に読んだ本です。(読んだ順番としては、右下が古く、左上が新しいということになります。)
 ここでは『ウーパ!』をマークしてしまいました。前回の記事でも1・2巻をマークしているので、2ヶ月連続で同じシリーズの作品を選ぶのは何だなぁ・・・という思いはあったのですが、やっぱり、これ、面白いです。この巻では「炭焼き」に挑戦するのだけど、そのたいへんさがリアルに伝わってくるし、それでいて、楽しく読めるのです。お話としても、絵としても、上手にデフォルメされているという感じがします。


 7月8日~23日に読んだ本です。ここのところ1日に2~3冊というペースで漫画を読んでいるのだけど、16~22日の7日間には1冊しか読んでいません。そういう時期もあるのだけど、どこかに出かけたというわけでもないし、ブログの記事づくりで忙しかったというわけでもないし、何をしていたのかわかりません。
 ここでは『パラレルパラダイス』をマークしてみました。少年が、突然、異世界に連れて来られてモンスターとバトルするといったようなお話なんだけど、その異世界の人間は女性だけなのです。彼女たちは処女のままだと成人で寿命になってしまうということで、若い女性、少女しかいません。少女たちは、生まれて初めて見る男子にビックリドッキリ。スーパーハーレムですね。この後どういうお話になっていくのか、興味津々です。

 余談です。この話にインスパイアされて「ヒトのY染色体を攻撃するウイルス」というものを考えてみました。
 このウイルスはX染色体によって働きを抑えられるので、男女を問わず、通常の細胞には何の影響も与えません。しかし、「Y染色体をもつ精子」だけは別で、これを死滅させてしまいます。
 この結果、人類には男子が生まれないということになるわけですが、生物の世界に絶対ということはないわけで、ごく希に「Y染色体をもつ精子」が生き残ることがあり、ごく希に男子が生まれることもあるということにします。新生児100人のうち、女子が99人で男子が1人というところでしょうか。
 考えたのはここまでで、その後どうなっちゃうのかまでは考えられないんですけど、どうなっちゃうんでしょうね(笑)


 7月23日~27日に読んだ本です。
 ここでは『リウーを待ちながら』をマークしました。日本でペストが発生するという話です。パンデミックとなる可能性があり、女性医師とか細菌学者とかが必死の対応を始めます。登場人物たちはユーモラスな言動をしたりするのだけど、かなりドキドキする話です。ちなみに、「リウー」というのは、カミュの『ペスト』の主人公だそうです。


 7月27日~8月4日に読んだ本です。
 ここでは『夜廻り猫』をマークしました。表紙+8コマ漫画という構成で、100話ちょっとが収められています。猫が夜廻りをしていて、いろんな人や猫と関わるという話なんだけど、いずれも「いい話」です。ツイッターでときどき読んでいて、いい話だな・・・と思っていたのだけど、その「いい話」の百連発です。かなり強烈です。紙の本を買って、手元に置いておこうかと思ったりします。


--------------------
 「にほんブログ村」というブログランキングに参加しています。「いいね」「ナイス」の代わりとして、これ→ ←をクリックしてもらえるとうれしいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« ■漫画三昧(2018年6月)スプ... | トップ | ■夏すずめ2018(35)岩切かむ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆読書とか    」カテゴリの最新記事