カエサルの世界

スマホで見る場合も「PC版」をオススメします。

■青葉まつり2018(09)定禅寺通宵流し

2018年05月23日 | ★すずめ踊り   

 青葉まつり2018、時系列シリーズの7回目、宵まつり編の最終回ということになります。
 今回は、5/19(土)17:10~18:10、市民広場~勾当台公園などを彷徨した後、定禅通宵流しです。




 万葉さくら組

 一番町通流し踊りを途中リタイアして、帰るつもりでいたのですが、バス時刻まで余裕があるはずだったので、市民広場を覗いてみました。
 この後も残って演舞を撮り続けようかとも思ったのですが、やっぱり帰ることにして、一眼レフ(D7200)もバッグの中にしまっちゃいました。


 バス停まで来たんですけど、なかなかバスが来ません。時刻表を覗き込んでみると、ふつうは1時間に1本あるはずのバスが、この時間だけないのでした。

 この写真は、首からぶら下げていたコンデジ(EX-FR100)で撮りました・・・っていうか、写っていました。
 このコンデジ、朝からずっと、インターバル撮影をしていたのです。1分間ごとの自動撮影です。ストラップで首からぶらさげたり、手拭いで頭に縛りつけたりしながら、写真を撮らせていました。
 ちなみに、画像の左側の黒いのは、カエサルの上着の内側です。


 勾当台公園(いこいのゾーン)、伊達の縁です。次のバスは1時間後ということになり、いろんなものを撮る時間ができたわけですけど、いったん下がってしまったモチベーションはなかなか上がりません。一眼レフもバッグの中にしまったままです。この写真も、コンデジで撮りました。
 ここで、某テレビ局のニュースで、Rちゃん・Uちゃん・Nちゃんとともに「仙台を代表する美少女」として紹介されていたP子さんとお会いしました。その場面もコンデジで撮れているだろうと思っていたのだけど、カメラがひっくり返っていたみたいで真っ黒けでした(笑)

 勾当台公園を出て、そこはかとなく定禅寺通りの方に行ってみたら、めごひめの幟が見えました。定禅寺通宵流しですね。バッグから一眼レフを取り出し、追いかけてみることにしました。




 まつりめごひめ




 愛子すずめ会




 あいおいニッセイ同和 タフすずめ




 仙千代祭連




 夢祭連 粋楽

 宵流しを撮っているうちに、下がりきっていたモチベーションがムクムクと湧き上がってきたのですが、ここで、一眼レフのバッテリーが切れました。


 五六八祭連


 まつり樂笑

 コンデジで何枚かは撮ってみたのですが、撮影を続ける気にはなれず、帰ることにしました。


 コンデジでのインターバル撮影は、帰宅後も延々と続きます。841枚の写真を撮りました。このコンデジ、どう使えばよいかはまだよくわからないのだけど、かなり面白いです。
 写真は、この日の22時過ぎ、このシリーズの1回目の記事(宵まつり・ダイジェスト)の編集をしているところです。毎日、こんな感じで記事づくりをしていることになるわけですけど、その姿を見たのは初めてです(笑)

 次回は、青葉まつりをちょっと離れて「Cの食卓」になり、その後、青葉まつりに戻る予定です。時系列シリーズ・本まつり編ということになります。


--------------------
 「にほんブログ村」というブログランキングに参加しています。「いいね」「ナイス」の代わりとして、これ→ ←をクリックしてもらえるとうれしいです。
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■青葉まつり2018(08)一番町... | トップ | ■Cの食卓(180517-23)EX-FR100 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★すずめ踊り   」カテゴリの最新記事