Potential of aromatherapy

aromatherapy and golf and movie

『砂の器』

2011年05月07日 | 映画
加藤剛が急に見たくなってレンタルしました。
何回聴いても「宿命」はいいです。
テレビ版の千住明の「宿命」も良かったけれども。

島田陽子もはかなげで、森田健作は「青春!」って感じで
丹波哲郎はそれなりに。
お父さんが息子に会いたくて会いたくて、ただそれだけだったのに
それだけを伝えに来た元巡査役の緒形拳は殺されてしまいます。

一生幸せになれないと感じている主人公役の加藤剛は、横顔が素敵。
天才音楽家の数奇な生い立ち、暗い宿命がにじみでています。
ロケ地は青森の竜飛岬から、クランクインしたそうです。
どうりで、寒さが伝わってきます。
悲しい時代の人生ですね。
父が千代吉、息子は秀夫です。
ちなみに、私のお祖父さんは千代一で、父は秀夫です。関係ない?

原作は1960年で映画は1974年。何度も脚本を挫折したそうです。
内容も少し違っています。
それはそれでよさそうです。

お遍路姿で巡礼する様子は、原作には2行だそうですが、映画では
四季折々として映像になっていて、それを松本清張は絶賛したとのこと。

映画の都内の様子や、ファッション、お店など三丁目の夕日状態です。
エアコンもあまり普及していないので、汗ばかり拭いている夏です。
時代の移り変わりも感じられます。

今度は松田優作の『人間の証明』を借りましょう。
伊香保の帰りに霧積を通ったので、観たくなりました。
Comments (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『ツォツィ』 | TOP | 速達の手紙 »
最新の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?」 (Ree)
2011-05-08 00:47:41
そんなにたくさんの俳優が演じてきたんですか。
優れた作品とは時代が変わっても
その時代の俳優たちが引き継いでいくものなのですね。
私は、TV版の中居くんしか見てない。
砂の器 (あがぴょん)
2011-05-08 20:06:26
この作品は怖いなぁと思いました。
誰かになって暮らしていくのは自己逃避。
またそういう事実を知ってしまう第三者の
存在もいろいろとからまって、画面を見ながら
私はいったい誰を助けたいのだろうと思います。

伊香保の黒ちゃん、かわいいですね。
私は「ここにいたの?」って聞いてしまいます。

post a comment