ルイスと映画泥棒

中国・韓国映画を中心に毎日観た映画の感想を記録。おすすめ度を☆で採点、☆四つ以上は必見の映画。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セブン・イヤーズ・イン・チベット

2009年09月25日 | 洋画


 この映画、以前から気になっていたが、なかなか触手が動かなかった。登山家の映画という事に加え、舞台がチベットかぁ~・・・と。つまり、面白さがあまり想像できなかったのだ。
 しかし、実際は違った。若きダライ・ラマと出逢ってから、断然面白くなった。彼の笑顔がいい。そして、ラストシーンも想像以上に感動的だ。


 実在したオーストリアの世界的登山家ハインリヒ・ハラーの原作を映画化した一大叙事詩。神秘的な禁断の地・チベットを舞台に、ひとりの登山家がたどる魂の遍歴を描く。ブラッド・ピッド、デビッド・シューリス共演。
 『薔薇の名前』のジャン・ジャック・アノー監督作。1939年、世界最高峰の制覇を目指し、ヒマラヤ山脈へと向かった登山家ハラー。だが彼は第二次世界大戦の勃発により、イギリス軍の捕虜となってしまう。登山仲間とともに、ヒマラヤ山脈を越える決死の脱出を図るハラーたち。そして逃亡の果て彼らは、チベットの聖地へとたどり着く。

おすすめ度  ★★★★★

原題: SEVEN YEARS IN TIBET
製作年度: 1997年
監督: ジャン=ジャック・アノー
上映時間: 126分
キャスト:ブラッド・ピット、デヴィッド・シューリス、B・D・ウォン



コメント   この記事についてブログを書く
« 宇宙人の解剖 | トップ | 自民党総裁選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事