ラッキーマンのブログ

ええっ!ホント?・・きっとあなたが知りたいこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイムマシン

2005年07月17日 09時34分25秒 | 科学
 コネチカット大学のマレット博士はレーザー技術により素粒子の振動を引き起こし、ブラックホールの縁と似た状態を作り出し、タイムトラベルを可能とする実験に取り組んでいる。
 その理論は多くの学者が正しいと認めたものだが、この装置で送れるのは素粒子だけ。
 しかし、素粒子には信号を載せることが出来る。未来に起こる出来事が素粒子に乗せて信号として知らされる。
 未来を知ることが出来るようになるのはこの装置が受信機として機能をはじめたときからだ。

 私なら発明しても世間に公表せず、こっそりと明日一番値上がりする株を買うのに使ったり、世界中に起こる不幸な事故を予言して大預言者になるけど。。。
コメント   この記事についてブログを書く
« セロのマジック | トップ | リニアモーターカーって超強... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

科学」カテゴリの最新記事