野鳥・旅行・観光・テニスなど趣味の写真ブログ
ROSSさんの大阪ハクナマタタ



いつも難波から御堂筋を歩いて本町まで通勤していますが、たまにはルートを変えてみようと、グリコの看板のある戎橋から道頓堀の右岸を西に向かいます。



戎橋の次に道頓堀に架かる橋は、御堂筋が通る道頓堀橋で、西には新戎橋の赤い欄干と道頓堀遊歩道の工事現場が見えています。



ミナミの繁華街にある新戎橋には、神社の参道にあるような赤い欄干があるのが特徴で、夜になると賑わう場所ですが、早朝の人通りは少ないようです。



新戎橋から西に見えるのは大黒橋で、手前には高潮を防ぐ可動堰がありましたが、その可動堰は最近撤去されて新しい橋が工事中でした。



大黒橋の中央から南を見ると、OCATの手前に建つ巨大なホテルモントレビルが殆ど完成しています。



大黒橋から道頓堀の北側をさらに西に向かうと、埋め立てで消滅したと思っていた西横堀川に金屋橋が残っているではありませんか。



江戸時代の金屋橋には、銅吹千能登屋彦九郎宅があった記録から当時、銅の精錬所を金屋と呼んでいたようで、そのうち最大の金屋は、ここから道頓堀を1800m遡った場所にあった住友家の銅吹所でした



かつて大阪船場の西の境界であった西横堀川は、すべて埋め立てられ、阪神高速の高架と駐車場となったと思っていたら、この部分だけ堀川が残っているのです。



道頓堀と西横堀が合流する部分は、高速道路の橋脚で蓋をされたようになっていましたが、この地域は大阪の歴史遺産として残して欲しいと思います。



現在の四つ橋筋が道頓堀を渡る場所には、深里橋が架かり、湊町リバープレイスの円盤のような建物と、ホテルモントレビルが良く見えます。



深里橋から西、キャナルテラス堀江の前の道頓堀に人専用の吊り橋、浮庭橋が架かっています。



その浮庭橋の上から道頓堀で釣りをしている人を見ていると、目の前で魚を釣りあげましたので、嬉しいことに道頓堀の水質も魚が住めるくらい改善しているようです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 長居植物園の... なにわ筋から... »