人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

値決め

2017-11-09 11:03:22 | Weblog
「値決めは経営」これは稲盛和夫氏の経営の原点12カ条にある6項目目にあるものです。さすがに創業者から出た貴重な経験による原点の言葉だと思うのです。私もどん底のマイナスからの経営立て直しの時期に、値決めが経営において最重要であることを身を以って経験してきたからです。ビジネスはお客様やパートナー様との折衝事が常に付きまといます。会社の規模が小さい時には私自身が直接、価格交渉の矢面に立って関係者と折衝してきました。

第三者的に見ると「しつこい経営者」だと思われていたでしょう。毎年、購買部での価格交渉の際は何時間でも粘る、決して簡単に引き下がらないような折衝をしてきました。でも普通のレベルの物を他社より少しでも高く買ってもらうのは、折衝相手に交渉するのは相当な粘り強い駆け引きが必要となります。特にグローバル企業と交渉する場合はタフなネゴティエーションが必要となります。値決めは企業経営における最大の要所だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 夫婦 | トップ | 生き馬の目を抜く »
最近の画像もっと見る