Luckyのひとりごと

シェルティーのラッキーが残してくれた平和な日常
旅行とマラソン・登山

旅ラン京都・奈良No2

2018-11-30 | 遺産と旅

清水寺はただ今工事中

 

横目でチラッと見て

二年坂三年坂

あまりの人ごみに

休憩するしかないよね

 

 

 

 

 

 

????なんですけど・・・

 

 

八坂神社でタイムリミット

紅葉のいい季節なんだけど日が短いのが難点よね

まさに「秋のつるべ落とし」

祇園の町は真っ暗です

 

 

 

 

京都は夜行くところが無いって

納得です

 

食べ物がまずいって・・・・

 

 

ちょっと納得です

 

本日のコース ランと電車で

 

 

つづく

 

 

 

コメント

旅ラン京都・奈良No3

2018-11-29 | 遺産と旅

今日は嵐山へ行くね

観光シーズンは人数制限があるとかないとか...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天竜寺を出るとそこはもう別世界

圧倒されます

ここに来たかったんだよね~

 

 

メチャ小さい野々宮神社

 

京都とは思えない質素な御髪神社

 

トロッコは2時間待ち...

 

帰りに見つけたふしぎちゃん

 

 

 

つづく

 

 

コメント

旅ラン京都・奈良No4

2018-11-28 | 遺産と旅

石川五右衛門の名せりふ「絶景かな、絶景かな」

歌舞伎「山門」(さんもん)の舞台となった三門(さんもん)

見所満載の「南禅寺」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火・水・土・風・・・とあってまるでバチカンみたい

きっとね、謎が隠されているんだよ

 

永観堂(禅林寺)をちら見して

 

 

 

 

 

 

 

いがいと不便なのが交通の便

電車どおりまで結構遠いじゃん

と、ぶつぶつ言いながらも

 

 

無事奈良に到着!

 

ワオ!さすが奈良!!!!

 

今宵のお泊りは興福寺五重塔の近く

 

 

 

チェックインしようとしたら

まさかの「奈良、なにしにきたん?」て

 

「えっ?」絶句...

 

奈良で泊まる人全国最下位に納得

 

でもね、

何気に飛び込んだ中華料理屋さん

気合の入ったお料理でおいしゅうございました

 

 

 

 

つづく

 

 

コメント

旅ラン京都・奈良No5

2018-11-27 | 遺産と旅

奈良といやぁ~絶対に外せないのが

仏像界のスーパースター阿修羅くん(画像は借り物です)

幾度もの大火から難を逃れれたのは小さいからだとか

 

いつ会っても惚れ惚れしちゃうわ

戦いの神のはずなのになんて優しい姿と思ったら

 

光明皇后が幼くして命を落としたわが子に似せて作らせたためだって

初めとは違ったかおになったとか...母の愛情ってすごいね

 

 

 

 

 

 

 

 

究極の美しさ...美的センスあったのね

 

大火の後300年ぶりに復建された中金堂も気になるわ

 

 

京都の雑踏と比べて落ち着いた感じが好き

ご朱印帳も目の前でちゃんと書いてくださるの感激!

だって京都じゃすでに書いていた紙をハイ300円!って

その分ラインができちゃうのはいかがなものでしょう?

う~~ん難しいね

 

東大寺まで公園を通っていくね

 

 

 

 

ふむふむ・・・・

 

 

まぁなんて愛らしい

みんなすごくフレンドリーで

おせんべいを買ったのを見つけると...

 

 

 

かわい過ぎてなかなか進めませんがな

 

つづく

コメント

旅ラン京都・奈良No6

2018-11-23 | 遺産と旅

いやぁ鹿ちゃんのあまりのかわいさについつい長居

神様の使いですものね

 

 

 

「早起きは三文の徳」の由来

江戸時代の奈良では鹿奉行が餌代として年三千石もらっていたそうな

町人が鹿を殺めてしまったり

家の前に鹿の遺骸などあろうものならたいへんな騒ぎになるため

町の人は早起きして表を確かめた所から

「早起きは三文の徳」

 

上方の古典落語「鹿政談(しかせいだん)」という演目の中では、

奈良の名物として「町の早起き」が挙げられています。

ある朝早く、豆腐屋が表に出てみると鹿が生ごみを漁っており、

大きな野良犬と見誤った豆腐屋が鹿を殺して奉行所で裁かれるという話ですが

最後は鹿奉行が餌代を横領していたために、

飢えた鹿が食料を求めて町を荒らしていたという笑えないオチが付いています。

いつの時代もお上のすることはせこいね

 

 

 

 

 

フォトジェニック的な鹿さん

しっかりポーズを取ってくれます

 

 

 

 

 

 聖武天皇701~756年が諸国に国分寺を建立し

すべての生き物が栄える世を願って大仏を造立したんだって

優しいねぇ~ウルウル

 

 

 

 

 

 

なかでも一番人気

大仏の鼻の穴と同じ大きさだって

ここを抜けると厄も抜けていくんだって...

 

 

 

何とか無事潜り抜けできてほっ

 

 

 

 

 

づーーーーと子どもの頃から気になっていたのが

ここ2月堂

 

いつかお水取りを見に来たいなと秘かに願っております(この画像は借り物です)

 

後朱印を頂きながらご住職さんと色々世間話

奈良ってほのぼのしていていいねぇ~

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

コメント

旅ラン京都・奈良No7

2018-11-21 | 遺産と旅

長くひっぱった旅ランもいよいよ最終回

よ~し 一揆のぼり・・・ってスイッチが入った娘

これこれ、ここはトレイルコースじゃないから走ってはいけません!

 

 

 

 

降りてきたら春日大社

 

すごいね1250年だよ!改めて日本の偉大さを感じます

 

 

 

 

 

奈良町へ回って

冷えた体にあったかおぜんざいが美味しい

 

とか言いながら

生まれて初めての「柿スムージー」

 

いくら寒くても試さないわけにはいかないわ

 

それと

絶品ヨモギ餅!

 

奈良の何がいいかって?

このセンス!

「走ったぜ」と娘

「待ってろよ!」とわたし

 

 

 

おまけ

 

 

お寺さんは何処もとっても達筆!

に引き換え

神社ってどうよ?

春日大社は基本の字がゆがんでいるし

12月に行った出雲大社なんて名前さえも書いてないんだよね

やれやれ...

 

そんなこんなのシルバーウイーク紅葉満喫のたびでした

お付き合いありがとうございました

おわり

コメント

金比羅山

2018-11-18 | 遺産と旅

お昼ごはんを食べに行きましょうと

出かけたのは香川のUDON

あまいにも紅葉が綺麗なので

食後の運動

こんぴらさん」の呼び名で親しまれている金刀比羅宮

御本宮まで続く長い長い石段を上っていくね

参道入口から御本宮まで石段の数は785段(奥社まで行けばなんと1,368段)

ここで順位もつけない、階段一気登りのマラソンがあるとか

 

 

ここ、拝観料800円はちと高いかも

 

 

 

 

 

 

 

コメント