Luckyのひとりごと

シェルティーのラッキーが残してくれた平和な日常
旅行とマラソン

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No17オリエント・エキスプレス

2009-06-30 | トルコ

人間がこの世に存在するのは
    金持ちになるためでなく
       幸福になるためである

       byスタンダール



あこがれの地イスタンブールに着いたら・・・


まずは散策よね
ってんでそれっ!と向かったのは






もちろん  スタバのカップ




(* ̄m ̄)プッ あいかわらずね




新市街地 ホテルに近い「タクシム広場」








街角からはお肉のいい匂い~







旅費捻出のためアルバイト?


そんな場合じゃないわ
早く帰らなくちゃ夕飯に間に合わない





夕食はスィルケジ駅構内のレストラン(名前忘れちゃった( ;^^)ヘ..)






あ!アガサ・クリスティーさんもお越しでしたか






さぁてお腹も一杯ね



あれ?娘はいずこへ????





















お~~~~い!その列車



エジプトまで行っちゃうよ~~~





そう、ここは有名な







イスタンブールの夜は長い・・・・(東京と同じね(* ̄m ̄)プッ)


   ・・・つづく・・・・

コメント

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No16アンカラ

2009-06-28 | トルコ

人付き合いがうまいというのは
     人を許せるということだ

        byロバート・フロスト



トルコ共和国とともに生まれた新しい都市「アンカラ」

ここから東約170kmに「ハットゥシャ」を首都とした「ヒッタイト帝国」があったんだよねぇ~~~
ということは・・・やはりこの地へ帰ってきたのかしら?
密集した住宅の下にはきっと遺跡が埋もれているのよ

アナトリア文明博物館は別名ヒッタイト博物館
・・・・残念ながらここで自由行動はとれませんわ





でも、せっかくだから
夜の街を散策しましょう


路上駐車なんて当たり前




こんな風に縦におくのってあり?



イスラム教との子どもたちの大事な式にはこの晴れ着



日本の七五三???



ケーキ屋さんのウインドウ





なんだかねぇ・・・・



10時にはどのお店も閉まってもう真っ暗・・・






さて、目が覚めれば意外と綺麗な街







朝ご飯を食べ損ねた人には




ね、ちゃぁんと屋台が・・・・







トルコ建国の父 ムスタファ・ケマル・アタテュルク廟





ふ~~~~~ん





トルコ建国の父 ムスタファ・ケマル・アタテュルクの像?




ふ~~~~~~~ん





アラジャ・ホユク出土のスタンダード(用途不詳…)




ふ~~~~~ん






なんだかねぇ~~~







でもここにいる人たちは

とてもフレンドリー



ここはどこにでもあるようなフツーのバスターミナル
アンカラ城塞後の近く




行き先を何気なく見ようと・・・



思ったとたんに



いきなり走ってくる人たち・・・・
きゃ~~~~~~何事なの?
と思ったら





あらら、みなさん写真がお好きなよう


はいはい
娘と写真ね  いいわよ






いくらでも増えてきますしぃ~~~





お昼にキョフテをいただいて
(ハンバーグのようなのだけどハンバーグじゃないんだって!)





トルコ人はハンバーグより絶対美味しいと言うけれど
母には失敗したハンバーグのような気がするわ


目指すはイスタンブール 450㌔







途中休憩した湖・・・名前忘れちゃった・・・・
   寝ぼけていました・・はい






 ・・・・つづく・・・・・

コメント

シャンソン

2009-06-27 | Weblog
音楽は、精神の中から日常生活の塵埃を掃除する
        
        byJ.バッハ




旅行記もクライマックスを迎えて
ちょっと休憩






結構行き当たりばったり
なるようになるさで
いい加減に生きてきたわたしの人生






そんなわたしが




思わず鳥肌が立って涙が出そうなくらい感動したこと







大切なお友達というよりお師匠様というべき方からいただいた1枚のCD








かつて何回も聞いたことのある歌なんだよ
それでも鳥肌が立って思わず涙が出そうに




堀陽子さんの声がすばらしいの



でもそれだけじゃなくて


もっと大切な物・・・・




歌う方の生きざまが・・・

そして聞き手の人生が・・・・
そっと そこに寄り添ってしまう

歌詞の一つひとつが心の底にストンと落ち込んでしまう・・・



シャンソンが
こんなに魅力的だとは思わなかったわ


お師匠様にあらためて感謝ですぅ


と同時にこれからの人生
大切に

そして


もっと真剣に生きなくちゃ


・・・・・


わたしも ちったぁ大人になった?ってことよねっ








コメント (3)

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No15らくだの谷

2009-06-26 | トルコ

乗りかけた船には
ためらわず乗ってしまえ
    byツルゲー



気球の興奮を胸に抱き
朝ご飯もそこそこに






プールサイド集合♪元気ね(* ̄m ̄)プッ


プールサイドの木陰でのんびり本を読むのが楽しみな母娘
あららここのプールはやけに深いし浮き輪がないわ
じゃぁ母はパスね


だって浮き輪がないと泳げませんから





なんて思っていたらみんな飛び魚のごとく泳ぐのにびっくり!
わたしも今からスイミングに通えば飛び魚に?





『天は赤い河のほとり』
この舞台がヒッタイト王国、赤い河はこの近くよね


ホテルで聞けば15分もかからないと

ってんで


お気楽母娘は地図を片手にテクテクテク・・・・





広い道路に新しい家並み
きっとこれから綺麗な街になるんだろうね~


なんて話ながら炎天下


道を尋ねたおじいさんが失敗のもと
ああだこうだと長話につき合わされて



あ~~~ん結局時間切れ

まっ、これは次回のお楽しみと言うことで



ツアーに合流しましょう

















とっとっと・・・・
バスを降りたとたんに





拉致された?
じゃなくて


「最新版アラビアモデルだよ!」って
いきなりぐるぐる巻き



借り物のスカーフでしばし観光



このスカーフは買えないけれど
お礼にと「ジャパニーズ・ハッピー・コイン」と
5円玉を渡すと






プレゼントされちゃった~
    しかもmomoさんに頂いた5円玉だし・・・








トルコに来てからモテモテの娘



と思ったら





あらあら
おばさまにもモテモテのごようす






布を枝にくくりつけてお願い事
日本のおみくじと同じだね












死海の次にしょっぱい「塩湖」濃度33%だって・・






(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ- 
     わたしまだ干物になりたくないですから




   アンカラ
   SURMELT ANKARA(スルメリアンカラ)泊





5★ホテルだけあって食事も少しはまともになってきた?



カッパドギアから首都アンカラまで310㌔

   ・・・・つづく・・・・


   



コメント

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No14気球

2009-06-25 | トルコ


気高い夢を見ることだ
あなたは、あなたが夢見た者になるだろう

あなたの理想は
あなたがやがて何になるかの予言である

      byジェームズ・アレン




さぁてわたしたち母娘にとって一番感動的だったのが

気球に乗って世界遺産を見下ろせたこと
この下では何千年も昔から生活がいとなわれ

キリスト教達が息を潜めて生活していたという・・・
あまりの広さに人間の偉大さを感じちゃう


と同時に この歴史的地球はわたしのもの・・・
      のような何とも言えない感動よ



「鳥になりたい」
と言ったのは72才の素敵なご婦人←これでは飛べませんてば!

よっしゃぁ~~~と一肌脱いだコンドルのような姉御


それに乗りかかったちゃっかりものの母娘
皆様お世話になりました




朝5時(こちらはサマータイムね)

お迎えの車で出かけたのはまだ薄暗く寒い中




スタッフの方達はすでに準備中





温かいコーヒーとクッキーを頂いて
   (寒いときにこのおもてなしは嬉しかったなぁ~)









わたしたちの乗る気球の出来上がり~~~~






前夜に色々あってちょっとナーバスな母娘
   ダイジョブですってば
   悪運??強運の母が付いていますもの
   
   と言いながら娘を先に乗せる母(* ̄m ̄)プッ


あちこちから我先にと



   圧巻よ



振り向けば





朝日が眩しくて
何もかもが輝いているわ

きっと母娘の未来を祝福してくれているのね
    なんて勝手な解釈(だって自由ですから・・・)


奇岩の間を上手にすり抜けて・・・

  っつうかすれすれだよっ!



















きっとねわたしたちの気球が一番高いわ!








言葉じゃ表せないこの感動が写真じゃ伝わらないのが残念だわ



難しいのが着地
トレーラーにぴったり合わせるのだから
もうヒヤヒヤよ










大急ぎでテーブルセッティング
クロスをかけて生花をいけて







無事ご帰還を祝って( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )チン♪



今まで飲んだシャンペンの中で一番よ!!!






みんな最高の笑顔でしょ




う~~~ん
憎い演出だわ


キャプテンからの飛行証明書





こんなに感動できるなんて
    半世紀も生きてきた甲斐があったって言うもの
    わたしの人生もまんざらわるくない!









おまけ!




10名で参加した気球体験


女性陣が思いっきり下を見下ろして歓声を上げている中
ひっそり中央を陣取っていらっしゃるのは

唯一男性のこのお方・・・・





あ!ご心配なく

誰にもばらしませんから・・・・


まして





「はまちゃぁ~~~ん 顔が引きつってます」
なんて
絶対言いませんから





そういえば・・・
ここで着地失敗の方が約1名・・
マツナガさ~ん証拠写真がないのが残念ね(* ̄m ̄)プッ




・・・・・・・・・・・・・・・

大手旅行会社のツアーとか現地ツアーガイドは
バルーンに乗ることになぜか反対…

現地予約は大変でした
日本から予約していくことをお勧め・・・

それを取る姐さんの力は   す・ご・い 
    あらためて感謝ですぅ



   ・・・・・・つづく・・・・



コメント (4)

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No13カッパドギア

2009-06-24 | トルコ

歴史は犯罪と災難の記録にすぎない
    byヴォルテール

 





走れど走れど広野がつづき



遠くに見えるのは万年雪を被ったハッサン山?
やだぁ~なんかいも聞いたのに忘れちゃった
間違えていたらごめんなさい・・・・。





ノアのはこぶねが着いたと言われる山がアララト山(5137㍍)
すごくない?まるで伝説の世界だよっ














世界遺産カッパドギア(美しい馬)

妖精の煙突(ペリ・シャジャ)と呼ばれる奇岩の群れ
   なんて素敵な名前なのでしょう


自然という彫刻家が、この世に二つとない風景を作り上げ
人がノミをふるうことで生活を営む・・・・







ローマ時代後期に皇帝の弾圧を受けたキリスト教達が
この谷に逃げ込んで隠れて住んでいたらしい





















戦争から逃れるために作られた地下都市


カイマルク地下都市は深さ55㍍地下8階というから驚き
蟻の巣のように迷路になっていて
息を潜めて・・・家畜たちも一緒に何ヶ月も
















あ~~~ら し・つ・れ・い






息苦しくなったところで


そうそう閉所恐怖症にはむかないわ
この時代の人たちにはいなかったのかしら



外に出れば子どもたちの元気な声











こんなに広い場所だとは知らなかったわ



少し足を伸ばせばのどかな風景















この地下でキリスト教信者達が息を潜めて生活していたなんて信じられないような
   のどかな風景・・・・

今の平和がいつまでもつづきますよう・・・



   カッパドギア
   YILTOK HOTEL(イルトゥック)泊





あらら・・・ホテルに着いたとたんシャワー代わりにプールですか
若いって  すばらしいわね



        ・・・つづく・・・


AX

コメント

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No12トルコ絨毯

2009-06-23 | トルコ

人生は全て次の二つから成り立っている
   したいけど、できない
     できるけど、したくない
        byゲーテ





トルコと言えば


絨毯を最初に作り出したのはトルコ民族
どうせ買えないのだから「ヘレケ」のまえで









これこれ
こんな所で寝ないでね









ここでもお兄さん達がどんどん広げて値引き合戦

契約成立のたびに会場で拍手が





あららまたまた




まるでホストクラブで「ドンペリ」が抜かれたような気分
わたしまで「抜かなくちゃ!」って気分になるから人間の心理って恐いわ
・・・・・ちなみにホストクラブ経験はないですから念のため・・・




え?わたし?
ホストのお兄さんがイケメンじゃなかったから

    や・め・た・・・・




コンヤからカッパドギアまで230㌔





お昼は世界遺産カッパドギア
洞窟レストラン






海外旅行にお醤油は必ず持参のこと!!!
デザートに出たあま~いプリンにもお醤油をかけて「ウニ味?」
マンゴーにお醤油でトロ丼


ベトナムには「そうめん汁」が必要とか・・・
みなさまからいろんな海外体験が・・・

食文化で語り合えばなぜか連帯感




でもいきつくところは「たこやき」・・・

関西人だねぇ~








あらら~ん
22名のツアーのうち12名が集まってきて・・・
なぜかこの狭いテーブルだけ大にぎわい




さてお腹もいっぱいになったし

ちゃうちゃう
美しい馬の国と言う言葉が付けられたカッパドギア



ここからが感動の見所がいっぱいよ
    お楽しみにね





    ・・・つづく・・・










 

 

 

 

 

コメント

お祝い!!!

2009-06-21 | お仕事

急いで結婚する必要はない
結婚は果物と違って
いくら遅くても季節はずれになることはない

         byトルストイ


あ!旅行記を楽しみして下さっている方には悪いけど今日はお休み
だって・・・うれしい出来事が・・・




アメリカからジャワから
横浜、鎌倉、山陰、宮崎からと至る所から集まって



お仕事仲間オフ会も兼ねたCHI○○ちゃんのお祝いの日




50近くになって、もう結婚しないのかと思っていたら突然の赤い糸
運命ってこんなものなのかも知れないね。






お幸せに


新大阪ワシントンホテルプラザ23F (銀座)
会長のお墓参りと記念会館で懇談
北新地へ繰り出して2次会・・・・




あらら~~~~ん

写真のことなどすっかり忘れちゃうほどの
私も幸せのお裾分けをいただきましたわ






トルストイさんの言うとおりだわ
季節はずれなんてない
結婚なんてほんと運命の悪戯かも知れないね


でもさぁ~
この写真だけじゃぁ誰も結婚祝いとは思わないよね





奥様の多彩ぶりにもだけど
4コマ漫画のウエルカムボード




この方の才能にもだわ










コメント (2)

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No11キャラバンサライ

2009-06-20 | トルコ

馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも、三人で行くこともできる
だが、最後の一歩は自分ひとりで歩かなければならない

         byヘルマン・ヘッセ



東と西を結ぶシルクロード(絹の道)やスパイスロード
10世紀頃からアナトリア地方に多く建てられたホテルのこと


キャラバン達が1日に旅ができる平均的距離、約30~45kmの間隔で建てられたんだって



わたしたちの移動もここで人休憩




ここで馬やロバ、そしてらくださんたちも一休み


にしても何日かかったことでしょう?
気が遠くなりそうね













不思議だったのが




この外階段・・・落ちやしないかねぇ~










何とか大丈夫みたい



ではネヴェシェルでトルコ絨毯を見に行きましょう



        ・・・つづく・・・





コメント (5)

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No10コンヤの夜

2009-06-19 | トルコ

人生のバッターボックスに立ったら
見送りの三振だけはするなよ
      by小林茂





ホテルの窓を開ければ目の前にモスク・・
なぜか感動だわ

わたしもお祈りしなくっちゃ・・・





ヾ(・・;)ォィォィ日本流で拝んでどうするの?


だって


わたし日本人ですもの




コンヤは今もお商売の町?


目の前は商店街に大きなスーパー
食料品から冷蔵庫までファッションセンターも一緒になっていて
わたしたちもついどっさりお買い物









お買い物に疲れたら

やはりトルコアイス







百合の根と・・・からできていてながぁく伸びるのが有名
   (・・・忘れちゃった


伸びるアイスって言うから
食べるとき「ビヨォォン~」て伸びるのかと思っていたら






いがいやふつーーーー

さっぱりしていてこれはgood



Beerとお水も買い込んで
コンヤはホテルで二人で酒盛りね



困ったのは信号とか横断歩道とかなくて
車の隙を狙って「えいっ!」








     コンヤ


     OZKAYMAK PARK HOTEL(オズカイマック パーク)泊

 

     つづく

 





 

コメント   トラックバック (1)

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No9コンヤ

2009-06-18 | トルコ

私達は三つの教育を受ける
一つは両親から、もう一つは校長から
残りの一つは社会から

そしてこの三番目は
初めの二つの教えに全て矛盾するものである

         byモンテスキュー





セルジュク時代に王都として、交易の中枢として隆盛を誇った町


メヴラーナ博物館は、政教分離によって博物館となっていて
今でもイスラム教徒にとっては重要 な聖地だって
そしてイスラム教の中でも神秘的な舞をする旋舞教団の祖メヴラーナの霊廟跡


メブラーナ教の神秘的な旋舞ってね
ぐるぐる旋回しながら踊る事によって神と一体になれるという教えの
一風変わった修行方法



1925年にアタチュルクの改革によって宗教活動は停止させられたそう




円筒型の帽子にスカートといういでたちで一心不乱に踊り

笛と太鼓の単調な音楽に乗った旋舞
長い帽子は墓標を黒い上着は死を象徴

次第に音楽が早まって忘我の状態で状態で神の世界へ

秀麗な神学校が有名ね







まずは体を清めて




靴には







内部は写真禁止なのでパンフから
お墓に載せられたターバン
大きさで格の違いを表すんだって

やだねぇ~いつの時代も格差社会









おまけ・・・・
パムッカレで
ドイツから来たという観光客とお話し・・・

ドイツ人「どう回っているの?」
わたし「イスタンブールからアイワルク・・・・」
ドイツ人「わたしたちもこれからコンヤへ行くの」
わたし「え?今夜行くの?今から?」

   ???????
   「今夜」だけいきなり日本語なんておかしいと気づかないおばかなわたし・・・

      コンヤ≠tonighit はい ・・・

 

     つづく








コメント

母娘の世界遺産の旅「Turkey」番外編

2009-06-17 | トルコ

もし人が、この世界から親切の絆をたち切ってしまうならば
どんな家もどんな都市も存続することができない
          byキケロ




帰ったすぐはあれだけ忙しかったのに
何ともなかったわたし・・・・


(あ!応援もあったし・・ありがとうねっ


それでも今月はやけに日程が少ないわねぇ~
じんわりと疲れが出てきた頃




こんなうれしい



ツアーでご一緒した Ma…さまとMi…さまから
現地からのポストカード






うれしいわねぇ~
一気に疲れなんか吹き飛んで元気!元気!
ありがとう


・・・・・・・・・・・・・・・・

あれだけハードスケジュールの中
粋なことするお二人ね
素敵なladyですこと・・・・


さて元気になったところで、いよいよ今回の旅行も中盤戦
忘れないうちに書かなくちゃ






つづく

 

 

コメント (6)

世界遺産の旅「Turkey」No8 パムッカレ石灰棚

2009-06-16 | トルコ

病気は千もあるが、健康は一つしかない      
       byベルネ


旅行をするって体力勝負
何時間も乗り物に乗って歩いて食べて飲んで・・・




車窓から見えるのは雪じゃなくて石灰の山々・・・



しかも朝早くから夜まで・・・・本当に健康に感謝だわ


今回の旅行で多かったのは


やはりリタイヤ組・・・・・素敵な熟年夫婦の多いこと
娘が最年少・・・・最年長76才・・・・

みんな元気ねぇ~~~わたしも


 
実際10日も休みを取ろうと思うと難しいよね
ご一緒した方が「若いときは忙しくてこれないけど
やっとヒマになったらお金がないよ」

なんておっしゃっていらしたけど
そんなものかも知れないね

みなさま思いついたが吉日でっせぇ~



機嫌良く出してくれた家族にあらためて感謝だわ








「朝6時から来ているのですけど
朝はお水がなくて段々増えてきたんですよ。
夕方又なくなるか見届けます。」って

いったい何時間そこに座っているつもりなのでしょう


大阪から一人で旅をしている青年
もしかして「深夜特急」の続きかしら?









あ!君も療養ですか?




さて集合時間に遅れるとまずいね
と思ってとことこ








ここでお水を買ってからどうも道を間違えたらしく
いきなり


「Where is チュクシュ(トルコ語で出口)?」



支・離・滅・裂  でもこれで通じるのですから
ちゃんと出口を教えて下さったわ









お昼に頂いたのは「トルコピザ」





薄いパイ生地に挽肉とトマト、シシトウ
素材の味が生かされていて

これは



では





広大な平野を走り抜け



「コンヤ」まで420㌔


     ・・・つづく・・・・

コメント (2)

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No7パムッカレ

2009-06-15 | トルコ

音楽だけが世界語であって、翻訳される必要がない
そこでは魂が魂に話しかける

    byアウエルバッハ


着いたのはトルコ有数の温泉保養地「パムッカレ」
ペルガモン王国やローマ時代の遺跡がたくさん残っているところ・・・






この国では三日月がよく似合うわ

日本に似合うのは満月?。(* ̄m ̄)プッ国旗じゃん


どこからかコーランのお祈りの歌が・・・
つられて歩いていくと小さな集落
みんなお祈りしているんだろうね

「異国の地」ってこのことかも








ホテルに帰ればお迎え下さるのは





このお方

ホテルのゲート近くに小屋があって
朝は窓の下に来てワンワンと起こしてくれるんだよ









プールと思って出かけたら・・・

温泉地だけあって

なんてことはない混浴の温泉「ハマム」
といってもソープは使えませませんから・・・・



垢擦り、マッサージなどもあるけどこちらは髭のおじさん
女性はやめておきましょう・・・・
 あ!水着必着ですから・・・・念のため





さぁてしっとりお肌になったところで
今夜はのんびりバーにでも行きますか



家族の幸せと我が家の優しい男性陣に感謝を込めて





(^O^)/C□☆□D\(^_^ )カンパーイ!


何処かのクレジット会社のCMみたいね(* ̄m ̄)プッ


お気楽母娘がのんびりしていたら
始まったのは「ベリーダンス」


日本語では・・・・・腹踊り(* ̄m ̄)プッ
お腹の回りにしっかり脂肪が付いていない内はまだ半人前なんだって



きゃぁ~~~~~
隠していたお腹見つかった?
ダンサーに引っぱり出されたのはいいけれど
わたし残念ながら貫禄不足ですからぁ~~~~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

後はご想像にお任せね








おへそが見せられないのが残念だわ


席に戻ればイタリアの老紳士が私の手に
溢れんばかりの手にキス!(^з^)-☆チュッ!
お迎えしてくれたのはいいけど

「チャオ」しか知りませんから



今宵はもう酔っぱらいですなさい



     パムッカレ
     RICHMOND THERMAL HOTEL(リチモンドサマール)泊



           ・・・つづく・・・
 





AX





コメント

母娘の世界遺産の旅「Turkey」No6古代都市エフェソス

2009-06-14 | トルコ

行動するためにはいかに多くのことに無知でなけねばならぬことか!
         byヴァレリー


ではでは、エーゲ海一の観光地と言えばここ

古代世界七不思議の一つ、アルテミス神殿を中心に長きに渡って
繁栄を誇った「古代都市エフェソス」
ギリシア時代には小アジア最大の年として君臨


イエスキリストが十字架にかけられた後
弟子のヨハネスがマリアと一緒にやってきたのがここ



クレオパトラの妹アルシノエのお墓、遺骨が発見され
8角形の形をしたお墓は
アルシノエが遠く離れたエジプトを想う心として
市民が立建てたとか

クレオパトラとアントニウスの残虐な仕打ちを後生に残すため
アントニウスを倒したオクタビアウスが建てたとか

エジプト最後の女王クレオパトラのお墓も遺骨も発見されていないのに
彼女に暗殺されたアルシノエは発見されるなんて時肉よね



わたしにとっては「エフェソス」が世界遺産じゃないのが不思議


遺跡入り口にはお土産やさんがずら~り








あららん・・・ラッシュだわ


B.C.2000年頃にはすでにアナトリアの地母神キレベスの神殿を持つ集落があったとな

B.C.2000年だよっ!B.C.2000年なんて信じられるぅ?
その頃日本は・・・・シーーーーーーン




小アジア一のスケールを誇る野外劇場
クレオパトラがアントニウスと仲良く歩いたというアルカディアーネ通り
最盛期には街灯もともされてロマンチックな通りだったのね




おっとう~



どこからかラッパの音が



きゃぁ~~~~~クレオパトラ様のお出ましだわ

























壮大な遺跡の中でこんなショーが見られるなんてもう感激よ








半神半人のヘラクレス









ハドリアヌス神殿
市民クインティリウスが皇帝ハドリアヌスに献上した神殿で、138年頃に完成
2つのアーチの頂上部には、市の女神ティケとメドゥーサが彫られています

壁面にはエフェソス建国の伝説にちなむ猪やアマゾン族、アルテミスなどが四部構成で描かれているんだよ








二世紀中期にアジア州総督ケルススを記念して息子が建てたという「ケルスス図書館」
120万冊を超える蔵書があったそう
商業アゴラへの入り口







少し行くと・・・・何だと思う?






じつは公衆トイレ
みんなで並んで仲良く?

中央で音楽演奏もあったとか・・・・



もちろんこの時代からトイレは水洗で有料
今も有料なのは仕方がないわね・・・と妙に納得

あ!今は生演奏はない代わりに完全個室ですからご安心を








アルテミス神殿は生と死を司る神様
追放されたアルシノエはここで余生を過ごすはず


が・・・

クレオパトラの毒によって追放から少しして殺害されたそうな







マーブル通りに残された落書き?広告?道しるべ?
これぞまさに象形文字だわ

なんて感心している場合じゃないわ

女性の姿とハートで娼館、足形の方向にいらっしゃ~~~~い!ってさ

ったくいつの時代も・・・・・





広い広いエフェソス遺跡
何時間あっても足りないくらい

十分満足したことだし






温泉保養地パムッカレヘ
   パムッカレまで185㌔


 
          



       ・・・つづく・・・・






コメント