Luckyのひとりごと

シェルティーのラッキーが残してくれた平和な日常
旅行とマラソン・登山

きっかけ

2006-09-15 | Weblog
ラッキーがダウンして
食欲が無くなって
アイスクリームとかお肉のスープを少しだけ
それさえも受け付けなくなって…

無理矢理口の中に入れると
全部吐いてしまう


毎日栄養剤の注射だけはしていても
あんまり何も食べなくて
半分わたしも諦め気味… 


そんなラッキーが復活・・・・



何がきっかけだったの?
ってよく聞かれるのだけど



・・・・・・・






えへっ!じつは・・・・・










も~う こうなったらやけくそで
「おぅ、阿波っ子でぇすしくいな!」



何気なくおすしを口の前に持っていったら



な、な、なんと  「むしゃむしゃごっくん」


お婆ちゃんが作ってくれたおすし
そうあの甘いお豆さんの入った田舎ずし



ラッキィィィィ~~~~~
やったね



それから徐々に食欲が出てきて
あれはいったい何だったの?



そう、ちくわを貰うときはこんな顔\(~o~)/
あれからドッグフードを食べなくて
ドッグフードが少しに
後はお魚とお肉とお野菜適当に…


ふ~~~~これが毎日結構手間かかりますの






・・・・・・
なんであんたがそうわがままなのよぅ
我が家で我が儘が許されるのは
「わがママ」だけだよって
子どもたちには躾けたのに!・・・(-。-) ボソッ







コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 思いで | トップ | Happy気分になる時 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい顔してる (大阪のばあちゃん)
2006-09-16 01:08:13
おやつを待ってるのかな?

って顔ですねw



そういや バディ君は、元気ですか?
大阪のばあちゃんさまへ (フーミン)
2006-09-16 10:43:54
ドキッ!なんと鋭い指摘(^^;;;イテテ



話せば長ぁ~い事情がありまして

バディはお里にお預かりしていただいています。

ちょうどラッキーがへたった頃…



blogタイトルのようにラッキーだけの穏やかな気の抜けた日々。

老コンビで再スターですわ
気づかなかった (大阪のばあちゃん)
2006-09-16 21:04:43
タイトルを変更してたんですね。

気づきませんでした。

ラッキーとバディ2頭じゃ大変なこともあるだろうしね。



うちも 3頭飼ってた時は、大変だったよ(^-^;



老犬が、病気にあった時なんか

ビーグルの散歩は、行かず 庭に放し飼いにしてた時もあります。



ラッキーだけでも 十分楽しみにしてまーす。。
大阪のばあちゃんさまへ (フーミン)
2006-09-17 00:40:30
('-'*)フフ、気づかれぬようにこそっとですもの

3頭もいたら楽しいでしょうがお散歩も一仕事ですね。

今は飼ってらっしゃらないのでしょうか?



私はラッキーで終わりにしようかと・・。



今は飼ってないです。 (大阪のばあちゃん)
2006-09-17 15:55:24
老犬は、18歳の人生を全うし 

2匹のビーグルのうち、1匹が、突然死して

1匹は、弟のうちにいます。



老犬と同時に、マルチーズを飼ってまして

老犬が死ぬ前に17歳で死にました。



ペットと言えども 家族同然だったので死ぬ時は、

大泣きし めちゃくちゃ悲しかったので

もう飼わないって 思ってたのに ビーグルを飼いましたが、 

引越しと共に飼えなくなってしまいました。



ペットのいない暦 今は、6年ですが、

環境さえ許せば ルーシェやラッキーのかわいい姿を

見てしまうとまた飼いたいって思ってしまうんですよねぇ。



今は飼えませんから

その代り ルーシェやラッキーのブログで楽しませて貰ってます。



PCを覗き込みながら、笑ってる姿は、結構異常に見えてるかも・・・(笑)
大阪のばあちゃんさまへ (フーミン)
2006-09-17 19:03:23
w(゜o゜)wワオ!!18才ですか、天寿を全うですね。

にしても一生分を一気に飼っていたみたいな…

ちょっと羨ましいかも(笑)



ルーシェちゃんのblogの前ではわたしも独りでつっこみを入れていたりして(^^;;;

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事