ラッキーあぐら

幸運の上にあぐらをかく状態

はじめてのお使い

2017-07-17 22:02:34 | 日記
『はじめてのお使い』を観ている。
簡単に応援する気持ちになるし
涙が出てきてしまう。
自分のはじめてのお使いは何だったのだろう?
幼いころは近所というのが
もっともっと近いものだったなぁ
身内というか、あの頃のおばさんもおじさんは
温かい気持ちで見守ってくれていたように思える。
不二家のミルキーが好きな事は
みんな知っていたに違いない。

お金はなかったかもしれないけど
それで不便に感じるような世の中ではなかった。
なんか、みんなに可愛がってもらっていた記憶がある。
そういう中で育ったからこその私がいるんだろうな。

同じ時間だったはずなのに
子供の頃の時間はしっかりと時を刻んでいるのを感じていた。
今は、ただひたすらに時間が経つのが早い。

今日は休日出勤だから
ひたすらに時間が経つのが早くて助かった気がする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 鴨川食堂おかわり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事