遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 




なにが 悲しいといって 動物が殺処分されることは ほんとうに切ない
我が家にいるのは 野良猫と野良犬の子どもだけれど
たすけてあげたくても これ以上はむり。
いのちの処分はしないでほしい
ペットショップは 悪だと 思う。
ショップの店員さんたちは 売れない子は あげてしまうので というけれど
それは 考えられないでしょう。

飼えなくなったら 処分してもらう それもあり得ないです。
だって 家族だから。

アメリカの某州で 毛皮 皮 製品が禁止になった。
これは いいニュースです。
うさぎは 生きながら 皮を剥がれる
もし あなたなら あなたの子どもなら...

化粧品も おなじ s化粧品の工場で昔 動物たちの死骸が大量に運び出されていた
なににつかうのか 原料か 実験か
クスリなどの実験につかう動物 うさぎは鳴かないから よくつかわれる
動けないようにされて...涙を赤い目にいっぱいためて...
用が済んだら 殺される。水鳥は生きたままで羽毛をむしられ ジーユーや
なにかのお洒落なダウンコートになる 痛いだろうな 血が
出るだろうな... 汚れたらポイ

罪なき唐揚げという食品がある
すごいネーミングだ。大豆からつくられたから揚げみたいなおやつ
肉を 食う それは 命を喰らうこと
鶏 豚 牛 魚 の 命を奪い その身を 喰らうこと
生きるため いのちを いただきます と言いつつ 食べる
ひとは 罪・積みなくしては 生きられない だから精一杯他者に
尽くし働くのだ... 免罪符などありはしない。


自分のしたことは いいこともいけないことも みな 自分に返ってくる
因果応報 これは宇宙の則である
ギリギリ生きることのほかに 命を浪費してはいけない。
命を弄んではいけない。

先だって 米国で 子どもを性の対象とした 元権力者のひとりが死んだ
世界中で 百万の子どもたちが人身売買され 権力者 王族 聖職者たちの
おもちゃとなったり おぞましい儀式に供されたり
臓器売買されたり している

ここは地獄だ

実は 人類はかつて 七回の天地かえらくを経験している
神は 人類が堕落するたびに 大掃除をなさるのだ
その最期の回の記憶が ノアの方舟 などの大洪水として残っている。
界中の天地創造のものがたりを見てほしい
ハワイも北欧神話も ほとんどがそう。日本の古事記も
イザナミイザナギが ドロドロの海をかきあわすところからはじまる

このたびの水害 で しみじみ 思うのは いつ 最期の審判が
くだっても おかしくないということ。
それだけ このたびの文明も 穢れきってしまった。
金 金 欲望のためなら なんでもする人間モドキの悪鬼の有象無象。
政治家 実業家 メディア 聖職者 王族 おこぼれにあずかろうと
むらがる 奉仕者  タガを失い膨張し汚濁にみちてゆく社会

そのるつぼのなかで 流されないように 目をひらき 耳をすまし
感覚を研ぎ澄まして 観ていよう この世のありさまを
そして それでもなおかつうつくしい この国にまだ残る自然を
ひとのこころをよりどころに 身を慎んで 手をとりあって生きてゆく。

身近なひとが去ってゆく
魂のうつくしいひとから 順番に 見えない階段をのぼってゆく。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 脱ダム宣言を...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。