遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

いいひとだったよ- と ショーケンの家を建てたひとが言ってました。

前略おふくろ様 傷だらけの天使

いい役者でしたね。ほんものでした。

告知流行りの世の中だけど ひとり戦って黙って逝かれました。

男だよね。

 

この項はあとで 継ぎ足します。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ひそやかに こっそり やるのは やめませう。

      

ニューズウィーク日本版        
 
              @Newsweek_JAPAN    
        
 "日本政府は4月26日、安全保障の分野で小さな、だが重要な一歩を踏み出した。戦後初めて、自衛隊員を国連以外の多国籍軍に参加させるために海外に派遣したのだ。"

……令和フィーバーの裏でひっそりと決まった自衛隊員のシナイ半島派遣が意味するもの https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/post-12095.php  

 

http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/642.html

新元号「令和」発表の翌日、政府はエジプトのシナイ半島で活動する「多国籍軍・監視団(MFO)」に陸上自衛隊の幹部隊員2人を送る計画を閣議決定した。...2人の陸自隊員を中東に送り、非戦闘部門の司令部で活動させる──それ自体は何の変哲もないことのように見える。....
それに日本は88年以来、MFOに総額約2500万ドルの資金援助を行ってきた。PKO(平和維持活動)参加も目新しいことではない。92年のPKO協力法成立後、日本は国連PKOへの参加を解禁。これまでに自衛隊を9回派遣している。

しかし、シナイ半島の任務はこれまでとは違う。15年のPKO協力法改正を含む安全保障関連法の成立で、国連PKO以外の「国際連携平和安全活動」への参加が可能になった自衛隊の隊員が、同法に基づき実際に派遣される初めての機会だ。17年の南スーダンからの撤退以来、初の自衛隊の海外派遣であるだけでなく、日本政府が15年の法改正に基づき、自衛隊の派遣基準を初めて世界に示したささやかな(だが無視できない)一歩でもある。

日本の安全保障政策は、少しずつ段階的に変わる。今回の派遣がうまくいけば、平和と安定のために自衛隊が多国籍軍と共に貢献を期待されている多数の国際的活動の最初の例になるかもしれない。
「国連の管理下」という制約から解き放たれた日本は、もっと幅広い海外での任務にもっと自由に自衛隊を派遣できるようになるはずだ。今はささやかな動きにしか見えないかもしれないが、日本は安全保障でも新時代に突入した可能性がある
From Foreign Policy Magazine
<本誌2019年5月14日号掲載>



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

日本の三大療法 手術   抗がん剤   放射線療法

そして  民間療法

現在は  併用  している方が  多いようです。

以下の記事は  三大治療に 疑問を投げかけています。

この記事について  補強する いくつかの  状況証拠!があります。

1    医師は   自分の家族には   抗ガン剤は使わないと聞いている。

2    千葉県 大病院勤務の 医師から  抗ガン剤が効かないガンであっても 部長が 患者と家族に抗ガン剤を勧めるよう 指示される と 聞いた。

3    この記事に出てくる  三大治療に疑問を投げかけていた 安保先生が   わたしが死んだら殺された rと思ってね   と言ったとおり   不審な死を遂げた。

それでは  記事を 読んでみてね。

http://oka-jp.seesaa.net/article/419794428.html

 

さて  いかがでしたか?

お金 ですね。全てが。安価な治療法   安価なエネルギーの   発明者  で 殺された方の話は   ときどき  聞きます。告発者は 枚挙にいとまなく言うまでもありません。ご冥福をお祈り申し上げます。

それから   民間療法ですが……   必ずしも  全員   効果が あるわけでも  ありません。わたしのお友だちは亡くなりました。麻央さんも。そしてこちらも 商売になさっているのは   お金が   かかります。 かからないのもありますよ。白樺キノコとか。キノコはいいですね。

北斗さんが 重篤な ガンから   生還し   今 テレビで    元気な姿を見せています。失礼ながら顔相がとても良くなられました。この方が最後に望みを託し信仰した 神社があります。年配の受付さん?巫女さん?は 視える方でした。

最後に  わたしは 少なくとも   ふたり   末期ガンが 消えた   方を 知っています。

ガンとは いったい  なんでしょう?

真菌によるもの    生活習慣     身体が   自ら治そうとする試み    すなわち 腐海のようなもの。

突然   生還した おふたりには  きっかけがありました。そして   ふたりとも 変わりました。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )