スクラップ帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

Avaco Bridal Hall アバコ・ブライダル・ホール

2017-09-25 07:36:11 | 日記
今から、33年前の、1984年4月14日に、アバコ・ブライダル・ホールで、結婚・挙式、しました。

役所に行って、籍だけ、入れようと、思っていたのですが、ウェディング・ドレスを着たい、という、私の、わがまま(そんなに、たいしたこと、ありませんが)で、結婚式、することに、しました。

既(すで)に、結婚してる、友達に、聞いて、新宿か銀座の、結婚式案内所へ、夫と、二人で、行きました。

一流ホテルの、高額の、お式は、はなから、(最初から、っていう意味です)する気が、なかったので、安い、結婚式場を、探しました。

そしたら、二カ所くらい、安い、結婚式場が、あって、アバコは、その一つ、でした。

新郎新婦の、礼服・ウェディングドレス・白い貸し靴・ベール・新婦が持つ生花のブーケ・新郎の生花のコサージュ・メイク・参列者との集合写真・新郎新婦の二人の写真、すべて、ついて、10万円、でした。

日本基督教団が、経営していた、ホール、なので、お式は、本物の、牧師さんが、司って(つかさどって)くださいました。

しかも、聖歌隊つき、でした。

パックの中の、ドレスは私には小さくて、2万か3万、足して(たして)、サイズの大きな、ドレスを、借りました。

胸から下の、ドレス部分は、厚手の絹、でしたが、胸から上のハイネックで、袖口(そでぐち)部分は、白い、レースで、とても、気品溢れる、珍しい、ドレス、でした。

お式後、敷地内の、イタリア料理店で、参列してくださった皆さんと、ステーキ・ランチを、食べました。

何人か、お式に、参列、してくださったので、私の母が、気にして、近所の食器屋さんで、湯飲み茶碗を、個別包装してもらって、参列してくださった、皆さんに、母自ら、配ってくれていました。

その、イタリア料理店、とても、美味しくて、お式の、打ち合わせに行った際、その店に寄って、コーヒーを飲みました。隣の、お客さんが、コース料理を、食べていて、最後、デザートの前に、小さな器の、お茶漬けを、食べておられました。

今は、もう、アバコ・ブライダル・ホール、ないかも、しれません。

その日、仏滅で、私の父が、とても、気にして、「午後からだったら、良いらしいぞ」と、言っていました。

私、ボーッとしていて、あんまり、そういう事、気にしないほうでしたが、今は亡き父には、心配、かけました。

また、お式の前、打ち合わせが、何回かあり、そのうち、一回は、牧師さんとの、面談、でした。

どんな、人たちなのか、知っておきたいと、仰るのです。

また、結婚式の、記念にと、白いカバーの、新約聖書・詩編つき、を、頂きました。

表紙をめくった、すぐのページに、お式を司ってくださった、柏井創牧師さんの、メッセージ、「愛のいしずえかたく」が、手書きで、記してありました。

みんなの愛が集まった、素晴らしい、結婚式でした。

挙式して、良かったです。

強く、胸に、残っています。

今は亡き、父母、参列してくださった皆さん、牧師さん、アバコのかた、

皆さんに、感謝します。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 喫茶店あん | トップ | 美味しいカップ麺 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事