スクラップ帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ベックは東京のことを知らない

2018-04-11 21:25:16 | 日記
吉祥寺キリスト集会の、リーダー、ゴットホルト・ベックは、

都内の、家庭集会(内容について後で説明します)に、行くのに、

いっつも、集会の人の、車に乗って、行くのです。

だから、東京のこと、ぜ~んぜん、知りません。

テレビもない、新聞も取っていない、ラジオも聞かない、

そんなで、ベックと、集会の、古い人、

あの、2011年3月11日の、東日本大震災、知りません。

言語道断(ごんごどうだん)です。

愛も憐れみも、吉祥寺キリスト集会には、ありません。

家庭集会とは、ベックが選んだ、メッセンジャー、20人以上、いるのです。

その、メッセンジャーが、家庭を、開放した家で、メッセージをし、讃えて祈って、讃えて歌って、みんなで、持ち寄った、料理やケーキ、わけて、食べるのです。

家庭集会やる家には、大きな器、たくさんの取り皿、左右どっちも使える塗りの箸が、たくさん用意してあって、みんなで、ごはん、食べるのです。

そして、さんさんごご、帰って、ゆくのです。

吉祥寺キリスト集会、おかしいです。

くれぐれも、行かないように。
コメント

ヨーロッパの宗教改革

2018-04-11 12:15:05 | 日記
前に、少し、書いたんですけれど、もう一度、書きます。

昔は、ヨーロッパの、キリスト教会、カトリック、しかなかった。

カトリック、免罪符(めんざいふ)、っていう、紙っきれ出して、お金で売って、罪、赦してた。

それと、聖母マリア信仰。

ドイツの、マルティン・ルターって人が、

「カトリックがやっていることは違う。僕が、聖書に忠実な教会建てる」

と言って、プロテスタント教会、建てた。

同じ頃、やっぱり、ドイツで、グーテンベルグ、という人が、活版印刷機、発明した。

大発明、です。

それで、聖書が、庶民にまで、広がった。

以上は、学校の、社会の時間に、習いました。

以上が、まぁ、いわゆる、宗教改革、です。
コメント

反キリストって言葉について

2018-04-11 11:57:17 | 日記
新約聖書の、一番最後。超難解な、「ヨハネの黙示録」って、書物が、あります。

そこに、「反キリスト」って、言葉が、出てくるんですけれど、

その、反キリストが、いったい何をするのか、あるいは、サタンと、どう関係あるかは、

まったく、書いてありません。

聖書、難解なところ、たくさん、ありますけれど、読み飛ばして、良いと、思います。
コメント

聖母マリア信仰について

2018-04-11 11:52:45 | 日記
聖母マリア信仰、別に、攻撃、する訳じゃ、ありません。

クリスチャンやってるとき、同じ、クリスチャン仲間から、以下の、話を、聞いたのです。

聖母マリア、死んだとき、身体ごと、天に、上げられたって。

それで、聖母マリア信仰が、あるみたいです。

私は、その信仰、あっても、良いかと、思います。

それに、これは、私、気づいたんですけれど、聖母マリア信仰がある、カトリックが強い国って、

イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、など、

お母さんが、強い、国が、多いです。
コメント

聖書について 補足

2018-04-11 11:45:29 | 日記
聖書、サタンの、登場回数、極端に、少ないです。

「この世はサタンのものである」とか「さがれサタン」とか。

ほとんど、登場、しません。

あと、マリアさま。

イエスさまの、ご母堂、聖母マリア、これも、登場回数、か~なり、少ないです。

聖書、読んでみると、意外なこと、けっこう、ありますよ。(たぶん)
コメント