特急彗星号のブログ

鉄道を撮って、乗って楽しみたいオジサンのブログです

叡山電鉄『ひえい』にチョイ乗り

2018年08月30日 | 乗り鉄 私鉄編
久しぶりの更新です。

先日こんなのを見つけました。

この時期になると各社とも秋にちなんだ製品を市場に投入して来ますが
叡山電車『きらら』と紅葉のイラストが良いですね~。

これを飲みながらふと、この春に一度だけ撮影した同じ“えいでん”の
新車『ひえい』を思い出しました。

「そう言えば、まだ乗っていなかったな・・・。」

という事で京都・伏見で一杯やった後、出町柳へ向かいます。
ほろ酔いでスマホ撮りというスタイルです(汗)



京阪中書島から8000系特急に乗車します。




料金不要(プレミアムカーは除く)の車両とは思えない程の雰囲気が凄いですね。

終点・出町柳は地下駅ですが改札を抜け地上に上がると“えいでん”のホームはすぐです。
予め『ひえい』の時刻をHPで確認しています。


楕円のモチーフが特徴的な『ひえい』700系(デオ732)。


車内デザインも楕円を多用しています。




シートはロングシートですがバケット形状で楕円の窓と窓の間の形に合わせた
ヘッドレストが付いていて非常に凝っていますね。
僅か15分足らずの路線にはもったいない座り心地のシートです。




車体中央の立ち席スペース、もちろん楕円を使っています。
まるで3扉車の真ん中を塞いだのか?と思ってしまいますが種車も元々2扉車です。


外観のアクセントとなっている前面の楕円リングですが車内から見れば
殆ど気にならないというか存在感皆無といった感じです。


出町柳~八瀬比叡山口間はたったの5.6km、所要時間も14分なので
あっと言う間に終点に到着です。




車内の様子も撮影出来ましたので折り返しの『ひえい』に再乗車。

足回りはあの京阪5000系から流用したもので台車・主電動機もそのままです。
叡山電鉄は600V仕様なのですが5000系の130kwモーターはオーバースペック?

でも乗り心地は良く、本当にこの距離でこんな電車を走らせて良いの?
というのが素直な印象でした。



程無く出町柳に到着!






先輩観光電車の『きらら』が停車していましたのでツーショット撮影。

それにしてもこの規模の路線でこれ程の個性を持つ電車を走らせる
叡山電鉄、恐るべしです。







コメント

水 鏡

2018年05月27日 | 撮り鉄 私鉄編
毎年訪れている撮影ポイントに出掛けました。
田圃に水が入っているかどうか?

残念ながらまだ水は入っていなくて狙うカットは撮れませんでしたが
水が入っている場所で違う写真に挑みました。


21000系 アーバンライナーplus


23000系 伊勢志摩ライナー

編成全体が綺麗に収まる場所では無かったので急遽流し撮りで
お茶を濁した形となりましたが水面に編成像がシンメトリーに
映るカットが撮れましたのでこれで今日は良し!としました。
コメント

緑の中を行く緑の113系

2018年05月24日 | 撮り鉄 JR編
痛めた左膝が回復が思わしくなく写欲も停滞気味で更新が滞っていましたが
今日は天気も良く久しぶりの鉄分補給に出掛けました。

久しぶりとなる草津線の撮影です。

少し前までは湘南色やカフェ色の113系が行き来していた草津線ですが
今は221系も運用に加わり肝心の113系と言えば
全て濃緑の単色に更新され撮影対象として興味が薄れていましたが
近場で活躍する国電タイプの晩年の活躍を記録するのも悪くないと思いました。






水が張られ稲が植えられた水田。
やっぱりこういった風景と鉄道車両って似合いますね~!
軽やかに響くMT54モーターのサウンドも良いモノです。


天井川のトンネルを潜り抜けた113系。
近代的な湖西線でも113系は活躍中ですがやはりこんなローカル単線を
行く姿のほうが味わい深く感じるのは年齢のせいですかね?

今度は忍者ラッピング仕様の「忍トレイン」をこの風景の中で撮影したいですね。

コメント

大阪環状線の電車

2018年04月07日 | 撮り鉄 JR編
昨年の10月3日で103系の運用が終了し国鉄形車両としては
201系が残るのみとなりました。
一部、特急列車も走るものの基本は近郊型・通勤型電車ばかりで
今まで写真撮影を行っていなかったのですが323系が大量投入されましたので
本日、短い時間ですが大阪環状線を走る電車を撮影しました。


223系0番台


223系2500番台


225系5000番台

これらの系列は私の居住地を走る車両とは内外装共に少しずつ差異が有りますので
実際に見ていても少し新鮮味を感じます。



221系

体質改善工事を受けて今も各線で活躍中です。
今日初めて気付いたのですが運転席窓の天地が小さくなっている
編成が有るのですね。

そして今回の一番の狙いである323系です。

323系

将来のホームドア設置に備えてドア数・位置を近郊型車両と統一するという
決断の下、3ドアロングシート車として登場しました。


スタイルは227系225系100・5100番台と同様の顔つきとなりました。
参考にまで227系の写真も載せますね。


227系 Red Wing

こうしてみるとカラーリングだけでも結構イメージが変わります。
また前面に転落防止用の板が無い方がやっぱり格好は良いですね。

コメント (2)

久しぶりの更新は近鉄ネタで・・・

2018年03月25日 | 撮り鉄 私鉄編
新年のご挨拶から更新が滞っていました。
久しぶりの更新は毎度の近鉄ネタでございます。

特急色の更新が順調な様で見かける特急車のざっと6~7割位が
新色になった様な印象を受けます。

まずは変わらない系列から・・・



50000系 “しまかぜ”


21000系 “アーバンライナーplus”


23000系 “伊勢志摩ライナー”




12200系 “スナックカー”


続いて変わってしまった系列たち・・・

30000系 “ビスタカー”

側面だけ見ていると悪くないのですが無理やりブラックフェイスに
変えられた前面には大きな違和感が有りますね。






ひょっとして全て編成のカラーの更新が完了したのかと思いましたが・・・


まだ残っていたようです。


12410系 “サニーカー”

12400・12410・12600系のいわゆるサニーカー系列も
かなり更新が進んでいました。
残念ながらこの日初めて12400系の更新色編成を見ました。


12400系 “サニーカー”   ※大トリミング適用

登場時から大好きだった12400系だけにこの姿を見た瞬間ガックリ来ました。


やはりこちらの方が絶対良いのですが・・・。


22000系 “ACE”

唯一更新された中で良くなったと思えるのは22000系だけでしょうか?


車内も大きな更新を受けましたので一般のお客さんから見れば
絶対に新車だと思うでしょうね。

ズラズラっと昨日撮影した写真を並べてみましたがかなり更新が
進んでいるというのが実感ですね。
新しいカラーに馴れてきたというの間違いないですが
あの旧形式車に施された前面デザインだけはどうしても受け入れられませんね。





コメント (4)

2018年 本年も宜しくお願い致します

2018年01月04日 | 撮り鉄 JR編
昨年、当ブログにお越し頂きました皆様・・・
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


少々遅れましたが2000系気動車のダイナミックなコーナーリング写真を以って
新年のご挨拶に代えさせて頂きます。



本年も変わらず駄記事と駄写真でのんびりと記事の更新を
していきたいと思っていますので宜しくお付き合い下さい。
コメント (2)

京阪特急“PREMIUM CAR”に乗ったど~ぉ

2017年11月01日 | 乗り鉄 私鉄編

長らく私鉄王国関西の旗艦を務めて来た京阪特急
料金不要で最高の設備を提供しその伝統は今日まで続いています。

ダブルデッカー転換クロスシート、少し前まではテレビカー
他エリアの鉄道ファンからすれば正に垂涎モノの車両と言えるのではないでしょうか?

そんな京阪特急ですがライバルが3ドア車へ移行する中、思い切った手を打って来ました。

“PREMIUM CAR”

料金を徴収する座席指定の特別車です。
JRで言えばグリーン車と同等のサービスと思えば良いのでしょうか。

京阪間は昔からJR(国鉄)・京阪・阪急が料金不要のクロスシートを備えた
専用車を投入してきた土壌が有りますのでこの有料サービスが
どう評価されるかが興味の的となりそうです。
国鉄時代は関西圏でも快速にグリーン車を連結していたのですがいつしか消滅した歴史が有ります。

さて、前置きが長くなりましたがその“PREMIUM CAR”に今日乗って来ました。




大阪方から3両目の6号車が“PREMIUM CAR”となります。
料金はワンコインの500円(途中駅相互・短区間では400円区間有り)です。
最長区間となる京都・出町柳~大阪・淀屋橋間が51.6kmですがもし近鉄特急なら
41~80km(900円)区間に該当なのでお得感すら感じますね。





ゆとりを考えると車体幅の狭い京阪では1+2列となるのは仕方無いでしょうね。





実測出来ませんでしたがシートピッチは1,000mm少々といった感じです。
フットレストは有りませんが各シートに人数分のACコンセントは備えられています。
リクライニングもシートピッチに見合ったもので後ろに遠慮せず使えそうです。

個人的には近鉄で使われているリクライニングに連動して座面後部が
沈み込む様な仕掛けを採用して欲しかったですね。
リクライニングさせて座るとどうしてもお尻がズンズンと前にずれますので。








あと特筆すべきはアテンダントの乗務でしょうか?




写真撮影に応じて頂いたアテンダントの大谷さん、ありがとうございました!
笑顔の素敵なアテンダントが乗務しているだけで車内の雰囲気がガラッと変わりますね。

途中駅での撮影中、通過する8000系特急車を見ていると平日の日中ですが乗客が少ない列車で
2割位の乗車率、多いので8割位の感じでしたが途中駅相互の短距離利用も結構見受けられたので
まずまず良い感じで定着しつつあるのではないか?という印象を受けました。

またこの“PREMIUM CAR”を利用しますか?と聞かれれば
「もちろん!」と私は答えます。
しっかり定着して欲しいサービスだと思います。





コメント

秋空の下で近鉄特急撮り

2017年10月11日 | 撮り鉄 私鉄編
最近スカッとした好天で撮影する機会に恵まれていませんが
今日はそんなうっ憤を晴らしてくれるような天気でした。

専用色を纏ったライナー系特急と12200系を除く特急車両は現在New近鉄特急色へ
どんどんと移行中で近鉄ファンの一人としては出来る限り伝統の近鉄特急色で
活躍中の姿を少しでも記録したいと考えています。
塗色変更の移行期間という事で旧色や新色オンリーの編成から新旧併結した編成まで
見た目のバリエーションはかなり多く撮影する立場からすれば楽しいですね。

まずは消えゆく伝統の近鉄特急カラー・・・

12200+12410系の8連。


12200+22000系の4連。

やっぱり良いですね。特に自然風景の中ではその存在感が引き立ちますね。


続いて新旧併結編成です。

新色の12410系+旧色22000系併結6連。

やはりこのサニーカー系列と南大阪・吉野線16000系列だけは
塗色変更を避けて欲しかったと今でも思います。


新色22600系+旧色22000系。

この2系列に限れば新色移行後も違和感無く見れる様になりましたが
もうじき22600系スズメバチとお別れだと思うと寂しいですね。

ライナー系は現在の塗色を継続します。

23000系伊勢志摩ライナー

「伊勢海老ライナー」とファンから呼ばれる赤色バージョンですが個人的には
登場時のイメージを引き継ぐ黄色バージョンの方が好みです。


さあ、最後は何故か今日一番撮影数の多かったアーバンライナーplus 21000系です。










個人的にはアーバンライナーと言えばnext 21020系の方が好きなのですが
今日多く撮影した8連編成は都市間を結ぶ有料特急らしい存在感が有って良いですね。

とにかく多くのバリエーションを誇る近鉄特急ですが本当、楽しいですね!
もう撮り飽きても良さそうなんですがそうは問屋が卸さない、かな?





コメント

1周年を迎えた「青の交響曲」に乗ったど~ぉ

2017年09月28日 | 乗り鉄 私鉄編
近鉄の観光特急「青の交響曲」が今年の9月10日に運行開始1周年を迎えました。

昨年、この「青の交響曲」が運行を開始した日の初撮りを
私のもう一つのブログである“主鉄写日記”で紹介しました。

『青の交響曲(シンフォニー)』見参!

その後も数回「青の交響曲」の撮影に赴いていますが残念ながら「青の交響曲」
乗車の機会を得る事が出来ず今日に至ってましたが本日初乗車を果たしました。

今まで何回かチャレンジしていたのですが残念ながら大阪阿部野橋→吉野への
特急券は予約が取れず、今回は吉野→大阪阿部野橋乗車にターゲットを変更し
無事に予約を撮る事が出来ました。

朝から生憎の雨模様です。
吉野への往路は京都から橿原神宮前、そしてそこから吉野線に乗り換えます。



京都からは最近お世話になる頻度が増えたNewカラーのAce22600系です。


シートは少々固めながらアーバンライナーnextで初採用された“ゆりかご型リクライニングシート”を
改良したものを採用、個人的にはリクライニング時のお尻の収まり具合が良いのでお気に入りです。
橿原神宮前までの約1時間弱は快適そのものです。


橿原神宮前で橿原線から吉野線へ乗り換えます。
天気は残念ながら回復しそうもなく雨模様です。

吉野線ホームではまだNewカラーへ更新されていない16000系2連との遭遇です。
やはりこの形にはこの色でしょう!
旧形式の魅力を台無しにするおぞましいNewカラーは本当に勘弁して貰いたいものです。


橿原神宮前から吉野には「さくらライナー」26000系に乗車です。
ここから吉野までは単線で急勾配・急曲線の難関が控えています。


車内はリニューアルを受けていて22600系同様の“ゆりかご型リクライニングシート”を
備えており快適さは問題有りませんが特急らしい快速は望めません。

しかし長閑な風景を眺めながらの約40分はアッという間に感じました。

相変わらず雨は降っていますがここからロープウェイで吉野山に向かいます。
ところがロープウェイの乗り場に向かうと車両故障の為に運休中の貼り紙が・・・。

幸いにも代行バスが運行中との事でホッとしました。

今回、吉野山に向かったのは賞味期限10分という吉野本葛を使った葛もち・葛切りを食べる為です。


中井春風堂


葛とは?から始まってどうして賞味期限が10分なのか?等々を説明しながら
ご主人が目の前で実演しながら葛もち・葛切りを作ってくれます。





この説明しながらの実演はとても興味深く楽しいものでした。


吉野本葛と水だけで作られた葛もち・葛切りは美しい程透明で
その食感は滑らかかつ弾力を持っていました。
黄な粉・黒蜜で頂きましたがその上品な美味しさは癖になりそうです。

美味しい葛もち・葛切りの後は待望の「青の交響曲」の乗車です。

吉野駅には「青の交響曲」の発車1時間前に戻ったのですが既に濃紺に輝く
編成が2番ホームに停車していました。
駅員に尋ねると乗車は発車10分前との事でしたので改札を抜けてホームに向かい
小雨に濡れながらその編成をじっくり見て回りました。



間も無く発車10分前かな?と思うと同時にホームには交響曲の音色が流れて来ました。
編成側面の側灯が灯りドアが開きました。

私は慌てて車内に飛び込みました。
なるべく人が居ない状態で車内の写真を撮りたかったからです。


一般的な2人掛けのDXシートです。横幅はたっぷり有ります。


手前が3~4名用のサロン席、奥が対面2名用のツイン席です。


こちらは運転席背後に1席だけあるシングルシートです。
良い眺望を得る為か進行方向から窓側に少し角度が付いた状態で座席がセットされてます。

座席の紹介の次は「青の交響曲」の魅力の一つ、「ラウンジ車両」です。







スイーツ・軽食・おつまみ・ソフトドリンク・アルコール・おみやげが並んでいます。

私が注文したのは・・・

「吉野の地酒 飲み比べセット」&ゐざさ中谷本舗柿の葉寿司。

吉野発車直後は単線で線形も悪く車体が大きく前後左右に揺さぶられる感じで
思わず顔にお酒が掛かるかと思いました。

でも座席以外のスペースでお酒を味わいながら食事を楽しめるというのは
実に良いものですね~。


落ち着いた車内は雰囲気も良くあの通勤車6200系をよくぞここまで変えたものだと
正直思いましたが1年経っても今だ多くの人達が楽しんで乗車しているという事は
やはり魅力的な列車なんだと思いました。

とにかく今年中に「青の交響曲」に乗車するぞ!と目標を掲げてましたのでホッとしました。

「しまかぜ」同様「青の交響曲」も撮って良し!乗って良し!の電車ですね。











コメント (2)

京阪京津線にも新塗色編成が登場!

2017年09月18日 | 乗り鉄 私鉄編
最初にお断りしますがこの写真はスマホでの撮影&トリミング適用です。


京阪本線系統と同じ塗色に更新された京津線800系(815編成)。

偶然見かけたので慌ててスマホで記録しました。
調べてみるとこの編成(815編成)は全検で新色化&前照灯LED化されて
9月6日に石坂線で試運転を行い営業運転に入っているとの事です。

4両編成という事で既に京阪本線系統で馴染みのカラーですから
思ったよりも違和感は有りませんが琵琶湖を連想させる旧色の方が
京都と滋賀を結ぶ京津線には似つかわしいと個人的には今でもそう思います。


旧色となるカラーの800系。
こちらの方が琵琶湖イメージが有って良いと思いませんか?


とは言ってもこの更新は個人の思いで止められるものでは無いので
残念と思いながら今からは出来るだけこの素晴らしい旧色を惜しみながら
活躍する800系の記録を増やしたいと思います。
コメント