女性コンサルタント日記

女性コンサルタントネット・エルズはメンバー全員が女性の経営コンサルタントグループです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近のエルズ、女性活躍について改めて語り合っています

2018年11月18日 | Weblog
ただいまエルズでは、行政が実施する女性活躍推進事業につき、どのような提案ができるか検討を進めています。
2013年に閣議決定された成長戦略では、女性の活躍を経済成長の中核と位置づけられ、2016年には女性活躍推進法が施行されました。
エルズはその以前から、企業社会で女性が活躍するために必要な取り組みについて考え提言してきた、
いわば「老舗」という自負がありましたが、そうは言っても、まだやるべきことが多々あります。

なぜ、第一子出生のタイミングで、5割近い女性が退職してしまうのか、
なぜ、女性管理職は未だ10%台前半なのか、
我々支援者自身も、女性のニーズ、企業のニーズを本当に捉えられているのか、
女性活躍推進法に加え、順次施行される働き方改革関連法は、女性活躍を本当に後押しするものなのか、
等々、検証しなければならないことは山積みです。

そこで、エルズメンバー有志が、土曜午前に集まり、行政や研究機関による調査結果や、自らの経験をもとに、
本当に求められているのはどんなプログラムなのか、意見を出し合っています。
併せて、エルズ内でも、
「女性活躍って当り前のように言われているけれど、具体的にはどんなこと?」
「なぜ女性は管理職になりたがらないのだろう?」
「ポジティブ・アクションを進めるための留意点は?」
等のアンケートを実施しました。

アンケートやミーティングでは、さまざまな意見が出てきます。
それはそうでしょう、エルズには企業支援を生業としている独立診断士もいれば、
大企業の女性管理職もいる。
シングルマザー支援に関わるメンバーも、
本年度、厚生労働省の専門家として業務を委託されているメンバーもいます。

多様なメンバーが意見を出し合うことで、自分のなかで言語化できずモヤッとしていたものが明確になっていきますし、
確信が持てなかった考え方が腹落ちしたりします。
この積み重ねで、提案できるプログラムも、良いものになりそうです。

これからも、よりよい価値を提供するために、謙虚に、歩みを止めずに、頑張っていきますよ。

(高橋)
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期待値をすり合わせる | トップ |   

Weblog」カテゴリの最新記事