女性コンサルタント日記

女性コンサルタントネット・エルズはメンバー全員が女性の経営コンサルタントグループです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

期待値をすり合わせる

2017年12月10日 | Weblog
私は今、育児をしながら働いており、会社では短時間勤務制度を利用しています。
時短勤務を始めてから5年半経った最近、時短のように何らかの制約がある中で働くときは
会社やクライアント先などの関係者と「期待値をすり合わせる」ことが非常に重要だと
強く感じるようになりました。

私の仕事は、システム構築の現場において進捗管理や課題管理といった
プロジェクトマネジメントを支援するというもので、
基本的にはクライアント先企業での勤務となります。

今の会社に入社しクライアント先に配属となる際、
上司が最初にしてくれたのは「期待値をすり合わせる」ことでした。
具体的には
・時間に制約があろうと自分が中心となり仕事を進めたいか、
 サブ的な役割で業務量も抑えめに働きたいかといった社内における私の役割を上司とすり合わせる。
・上記の役割を踏まえて、クライアント先に提供する具体的な業務内容を取り決める。
といったもので、これらは自分が考える今後のキャリアを見据えながら話したものでした。
ここで期待値をすり合わせたおかげで、
勤務時間が短くても、期待値に合わせた価値を提供すれば評価を得ることができます。

私は、前職で短時間勤務制度を利用していたときは
自分が望む会社での立場・役割が、時短勤務者に対する会社の考えと合わず
「時短は肩身がせまい、働きづらい」という思いを抱えながら退職しました。
いま振り返ってみると、会社も私も
時短勤務者に期待することは何か、または時短勤務者としてやりたい貢献の仕方はどんな形かといった
「期待値をすり合わせる」ことが決定的に不足していたと感じており、
もし在職時に会社ときちんと話をしていたら、辞めることはなかったかもしれないと思います。

経産省が公表しているダイバーシティ経営100選の事例を見ていても、
ダイバーシティ経営がうまくいっている企業は共通して
「会社と社員の間で期待値をすり合わせること」に留意しているように見受けられます。
多様な個性を活かそうと取り組まれている経営者さんや、
活き活きと仕事をしていきたいと考えている人は、
ぜひこの「期待値のすり合わせができているか?」を振り返ってみられてはいかがでしょうか。

(赤塚 里絵)

環境変化の捉え方、子育てと事業との共通点とは??

2017年10月02日 | Weblog
子供達が未就学児の時から仕事を始めて、この秋でもう10年。
無我夢中で走ってきて、「今後」を考えることが増えてきました。
セミナーや研修でも、「女性活躍推進」や「働き方」についてお話しする機会が多くなっています。

こうした場で共通してお話をする内容の一つが、「時間の流れだけは全ての人たちに平等」ということです。
時間の流れの中で、避けて通れないのが人工知能時代の到来。現実社会で人間がやることはどこまでになるのか、そのためにはどんな力をつけておいたほうがいいのかということを常に考えます。

例えば、調べ物。今の子供達に言わせると「ググればいいじゃん」となりますよね。もちろん、
ネット上の答えにはおぼつかないところもありますが、今は権威ある辞典などもデータ化されていますから、大人がそういうことを伝えてあげれば、彼らが学習で時間を割く部分は自ずと変わってきます。検索や調べ物に頭や時間を割くような時代ではありません。
大事なのは「自分で考えて創り出すこと」となるわけです。

事業でも同じことが言えます。ネットに「転がっている」ようなサービスやものは、人より付加
価値をつけて高く売ることはできません。しかも、ネットは便利に使えて、得られるコンテンツ
もどんどん増えてきています。
「自分しか出せないもの」は、自分の頭の中で想像して、創造し続けるしかありません。

そのためにはどうしたらいいのか。
まずは自分が今やりたいことは何なのか、を見極めること(もちろん時間が経つにつれて変化し
てもOKです)、そして、やりたいことをやりきるための手段を調べ、常に考え続けることに尽き
ます。

ネットでほとんどのものを得られるからこそ、ますます「自分の頭で考える」ことが付加価値となる。
母としても、経営コンサルタントとしても、そのことを伝え続けることが自分の役割なのではないかと
考えています。

(小紫恵美子)

「女性ならではの視点」って?

2017年08月06日 | Weblog
諸事情によりしばらくストップしていたエルズのブログですが、本日より再稼働します。
改めて、よろしくお願いいたします。
もちろん、活動そのものは止まっていたわけではないですよ^^

さて、この間、「女性活躍推進」そして「働き方改革」に向け、
さまざまな施策が矢継ぎ早に打ち出されていました。
それで女性がより働きやすく、生きやすくなるのならありがたいですし、
自分の能力を存分に発揮できる環境が整うのは、世の中にとっても素晴らしいことです。

ただ、ちょっと気になることもあります。
何かのお役目に登用される女性の方とお話すると、
「"これからは女性の時代、女性ならではの視点を活かしてほしい"と言われるのですが、
"女性ならではの視点"って何でしょう?」
と、半ば困惑気味で聞かれることがあります。

「女性ならでは」…実は、私自身もこの言葉、よく耳にしてきました。
「女性ならではの感性、気づき、視点に期待している」とも。
そう言われると、確かに、具体的に何を期待されているのか、分からなくなります。
(エルズのHPにあるように、「女性ならではの悩み」なら理解できるのですけどね)

たとえば、一般的に女性は細かいところに気付けるとか、気配りができる、とか言われますが、
それは本当に人によるでしょう(ちなみに私は無理です)
商品開発の場面で、「女性の方が生活者視点を持った企画ができる」と評されることもあり、
これは一部納得もできますが、これもその人のバックグラウンドによりますので、一概には言えません。

あまり「女性ならでは」が強調されると、せっかく「女性活躍」の流れができてきたのに、
結局、これまで連綿と続いてきた男女の性的役割分業意識は変わらない、ということになりはしないか、
心配しています。
女性にも(そして男性にも)いろんな人がいる、すべては多様なはずなのに、
女性登用に当たり、「女性ならではの意見を」の一言で括っていいのか。
大雑把すぎない?
私なら、「あなたの意見を聞かせてほしい」の方が、何倍も嬉しいけどなぁ。

女性がもっと増えてくれば、こんなことは考えずに済むのでしょうか…今は過渡期、
そう捉えるようにしましょうかね。
(高橋)

商店街支援の動機付け

2016年10月31日 | Weblog
極力、事業者様自身と接点を持てるようにしたいという気持ちから、商店街の支援を行っております。
 そんな中で、非常に印象が残った出来事がありました。
 商店街がイベントを行う際、公的機関から補助金(お金の出所は税金です)を受けながら行うことが多いです。イベントを行う前には申請書を書き、終了した後は報告書を書きます。必ずしも申請書と報告書の内容は一致している必要はないのですが、実際に購入した景品は、ポスターやチラシの内容と実態を合わせる必要があります。もちろん、このような規定は申請してきた商店街関係者には、説明会を開いたりマニュアルを配ったりして事前に周知しています。
 ところが、イベントで使用したポスターの内容と領収証に記載された実際に購入した景品の個数が合っていない商店街がありました。その理由を確認してみると、「そんなことまで言われないとならないなんて、とても面倒!やってられない!」と怒られてしまいました。どうやら、周囲にパソコンを使える人が少ないため事務処理の役割を無報酬で押し付けられているということに、ご不満がある様子でした。
 大企業に勤めていた時には、このような反応をされたことは一度もありませんでした。私自身も周囲も、個人では面倒と思っていることでも、規定があるから否応なしに行うというのが当然だと思っておりました。
 会社勤めの方にとってのルール、または会社や個人事業主の間で取り交わす契約を守る理由というのは、「お金を得る」ということを前提としています。一方で、商店街のこのような規定は、個人がお金を得られるというものではありません。商店街がイベントを行うことに税金の補助があるのは、その地域が活性化されて賑わうとその商店街の店舗も来客数が増えて売上も増加するというシナリオによるものなのですが、実際は、賑わっても本業の売上が増加するような業種ばかりでもありません。また「地域のため」という理由で、熱心に活動されている方には頭が下がりますが、このような気持ちは、誰にでもあるものではなければ、押し付けるものでもないと思います。無報酬で手間のかかることをしていただく際は、どのような動機付けが必要なのだろうか、と改めて考えさせられました。

鈴木 香織

初めてのキャンプ体験

2016年08月19日 | Weblog
 先日、初めてキャンプに行きました。旅の醍醐味は、「あくせくした日常から離れて美味しいものを食べ、ゆっくりすること」と考える私にとっては、キャンプは「不便なところで自炊する面倒くさいもの」という印象をもっていました。
 訪れたのは無印良品が運営する嬬恋のキャンプ場。
 一つ一つが木で区切られた広々としたサイトは、車乗り入れ可能だったのでまずはほっとしました。しばらくくつろいだ後の夕食は、途中の道の駅で買った野菜、さっとあぶった朝採れとうもろこしとステーキでしたが、外で食べる食事がこんなにおいしいとは・・・。
 キャンプというと、小学生がいる家族連れが中心というイメージでしたが、実際は中高年の夫婦や若いグループなど年齢層が幅広く、サイトではあちこちから笑い声が聞こえ、穏やかな時間が流れていました。
 無印良品キャンプ場は、キャンプのもつ不便さの多くを解決し、快適にキャンプを楽しむための工夫で多くのユーザーを獲得しているようです。点在するサニタリー棟(トイレと炊事場)、お洒落で手入れが行き届いたレンタル品、石釜やダッチオーブンをつかった料理教室などワクワクする要素が満載でした。
 アウトドアライフを楽しむ人口は年々増加傾向にありますが、キャンプ愛好家が高齢化してもキャンプに行くかどうか(私が将来も行き続けたいか)と考えてみると、ためらう点が3つあるように思います。「夜中のトイレ(年をとるとトイレが近くなる)」「暑い中のテント等の設営と撤収」「寝心地の悪さ(これは高さのあるエアマットがあれば問題なし)」です。今のところ、設営・撤収サービスをやっているところはないようですが、両方で2時間近くかかったので、体力を温存したい人、時間を有効に使いたい人は有料でも利用したいかもしれません。
 トイレについては、「暗闇の中、わざわざトイレに行くくらいならこのまま我慢して寝てようか」「いやいや、それでは朝までよく眠れないだろう」と葛藤を繰り返し、仕方なくトイレに起きるのは私だけではないはず。
 レジャーが多様化する時代には、ワイルドさを求める人が多いアウトドア分野でさえ、幅広い年齢層が楽しめる工夫は、これからもどんどん進化するでしょう。
 多くのキャンプ愛好家が憧れる日本の高級アウトドアメーカー、スノーピークの使命は「人間回帰」だそうです。「人生に野遊びを」というスローガンに象徴される、自然の中で、使う人のことをとことん考えた製品によって人間らしさを取り戻す時間の大切さ。
 無印良品キャンプ場とスノーピークのホームページ上の動画や写真には、どこか懐かしい、それでいて誰もが心の奥にしまっている大切なものを思い出させる何かがあるような気がします。
 カタログをめくると、美しく温かみのある写真の数々が次々と五感に訴えかけてきます。製品そのものの価値はもちろんですが、その使用経験を通じた価値の訴求がうまくいけば、価格の高さはよい意味で差別化要因になるということがよくわかります。

(鈴木寧々)

106万円の壁で、働き方を考えるきっかけに

2016年07月19日 | Weblog
 2016年10月から、年収106万円以上など一定の要件を満たすパートタイマー労働者も社会保険適用対象となります。(パートタイマー労働者900万人のうち25万人が対象)

 「手取り額が減る!大変・・・」とネットや雑誌に出ていますが、確かに目先の手取り額は減ります。
手取り額が減っても厚生年金健康保険料を納めることによるメリットは、
①厚生年金保険料も健康保険料も会社が半分負担してくれる。
②将来もらう公的年金額が増える。(女性の平均寿命は86.83歳/H26年、簡易生命表より)
③会社を病気やけがで休んだ場合、傷病手当金が受け取れるので収入が確保できる。
④組合健保の健康保険だと独自のサービスがある。(501名以上の企業だと組合健保の可能性は高い)
⑤出産手当金(産前産後の約3か月間の収入保障)が受け取れる。

 目先の手取り額を取るか、社会保険加入のメリットを取るか・・・
 今まで103万円、130万円の壁にこだわっていた女性に、ぜひこの制度改正を機に働き方、生活、将来について考えるきっかけにしてほしいと思います。また今回、扶養の範囲が下がったということは、女性の自立を促すという意味も含まれていると思います。

(岩見 真理子)

「仕様書、どこまで読みますか?」

2016年06月30日 | Weblog
はじめまして。福永真美と申します。
航空自衛官として5年、中小IT企業で約25年、主に防衛分野で仕事をしている企業内診断士です。2015年4月に診断士登録をし、今年4月からエルズのメンバーとして登録させて頂いております。よろしくお願いします。

仕事柄、公示された「仕様書」を読み解き、応札可否を検討し、実施するための体制を構築し、落札して、遂行する、というサイクルで日々過ごしています。仕様書要求事項の見落としは、予定外の出費を招くだけでなく、事業の実施可否に影響を与えるリスクともなるため、事前の詳細な仕様書チェックは必須です。

また、主体となる「事業」だけでなく、特記事項として要求される「遵守すべき事項(著作権、情報セキュリティ、個人情報保護、品質等)」にも最新の注意を払います。遵守事項の対応に、事業本体にまけないくらいの労力を費やす場合もありますが、一度、問題を起こしてしまうと、体力のない中小IT企業は二度と事業に参画できなくなってしまうため、日々、必死に取り組んでいます。

こんなことを二十数年もやっていると、それがあたりまえのことだと思っていたのですが、診断士としての活動を始めてから出会った方々とのやりとりの中で、「仕様書」に対する意識に、委託側にも、受託側にも、様々なレベルがあることを知りました。


「仕様書の解釈の幅」といえば「幅」なのでしょうが、あまりの「幅の広さ」に、防衛基準しか知らなかった身にとっては、驚きの連続でした。

診断士のある先輩から、「診断士はプロの集団であり、事業に応じて、そのプロがチームを組む。」「具体的な事業の進め方は、個々の診断士の自主性に委ねられる。」と教わりました。

プロの診断士が発揮する「自主性」がなんたるかを、私は、まだ理解できていないのですが、企業人生活が長い身にとっては、企業が、組織の体制と役割、責任を明確にして必至で対応している数々の事項を、「自主性」という言葉だけで対応できるのは難しいように感じています。

何かが起きてからではとりかえしがつきません。
今後、エルズという組織体が、より大きな仕事の受注を目指すのであれば、仕様書や特記事項で要求される細部についてもっともっと敏感になる必要があるのではないでしょうか。専門家集団の先輩方には、口うるさく、煙たい存在になるかもしれませんが、私は、体にしみ込んだ仕様書&特記事項遵守の精神を貫き、みなさんの意識改革のお手伝いができたらと思っています。

(福永真美)

トイレ掃除

2016年06月02日 | Weblog
先日、同じ部署の男性が「トイレ掃除」について熱く語っていました。彼は、自宅では家事を結構分担している(本人談)そうなのですが、中でも、トイレ掃除は特に好きな家事であるとのこと。そして、彼の思うトイレ掃除の良い点を2つ挙げ、周りに「ぜひやってみて!」と勧めてくれました。

 良い点のまず一つ目は、集中できること。あの狭い空間でひたすら掃除をしていると、無になれるのだそうです。確かに、なんとなくわかる気がします。
 そして二つ目は、「掃除への取り組み方は、仕事の取り組み方につながるところがある」とのことでした。彼曰く、トイレ掃除は小さいけど汚れやすいので、汚れているところを注意深く見ながら全体をくまなく掃除するのだそうです。そして、一度掃除したあとにチェックすると、きれいに掃除したはずなのに気になる部分が出てくる。彼のチェックの基準は「家族に喜んでもらえる状態になったかどうか」だそうで、家族を喜ばせたいという思いから、再度掃除をするとのこと。私は・・・トイレ掃除はさっと終わらせているなぁ・・・。彼の家族は幸せですね。

 私達が現在いる部署は、日々細かい経営数値を扱う部署で、「数字が間違っていないか」というチェックに非常に時間を要しています。でも、やはりミスは出てしまいます。でもこの話を聞いて、トイレの汚れと同じように、資料を見る人の顔を浮かべながらチェックをしたら、普通にチェックしているよりもチェックの精度があがるだろうと強く感じました。

 家事も仕事も、なんだって、相手のことを考えながら取り組むだけで質ははるかに高まりますよね。当たり前のことです。でも、経験を積んでこなれてきて、自分の中で「作業」になってしまっていたりする仕事だと、そういう意識はつい薄れがちなもの。彼の話を聞いて、最近の自分はどうだったかな、と振り返り、深く反省した今日この頃なのでした。

(太田 佐和子)

ハンドメイドマーケット

2016年05月02日 | Weblog
先日、東京国際展示場で開催された「minneのハンドメイドマーケット」に赴きました。
エルズが以前から取り組んでいる埼玉県女性創業スタートアップ塾の卒塾生が出展しているので
差し入れに行ったのです。
近年隆盛を見ているハンドメイドマーケット、女性創業者にも人気の事業分野です。

そしていざこうやって一同に会してみると、技術レベル、センスは様々で、たくさんの人だかりが
できているブースもあれば、見向きもされない作品もあり、と厳しい評価が下っているようでした。

メアリー・レイノルズはアイルランド出身のランドスケープデザイナー。
美しい庭園づくりに憧れ、有名デザイナーのもとに弟子入りするも、挫折。起死回生の策として
彼女は、世界でもっとも権威あるガーデンショーに挑みます。
エリザベス女王を総裁に頂く、英国王立園芸協会が主催する「チェルシーフラワーショー」です。

メアリーがそこに提案したのは、なんと雑草。豪華絢爛な英国庭園のショーに雑草です。

彼女のデザインコンセプトは自然との対話。大地自身の声と願いをじっくりと聴き、
癒しと真実、不思議の空間を創造すること、なのです。

彼女の庭は見事ゴールド・メダルに輝き、保守的で権威主義的な英国造園業界のあり方を
大きく変えたと言われています。

ホームページによると、彼女は現在も著名な庭園をデザインし続けていますが、自然の
ありのままを取り入れながら、優しく、穏やかで、つつましい美しさに溢れた様子が
伝わってくるようでした。

ハンドメイドマーケットの展示を見ながら、メアリー・レイノルズの庭にひとつ通じるものが
あるなあ、と思いました。
自分オリジナルとは何か。自分が作りたいもの、好きなもの、何をやっても結局、ひとはそこ
から逃れることはできません。

であるならば、それを広く皆さんに見せるのが吉。
売れやすい、売れにくいはあるでしょう。その怖さは分かります。
でも脱工業化、脱画一化、多様性の時代だからこそ、自分に共感してくれる人は、います。
せっかくハンドメイドが市場として育ってきたのです。今がチャンス。
大量生産では表現できない自分の世界をとことん追求してみてください。

(池田史子)

晴れの日は、着物で

2016年03月28日 | Weblog
こんにちは、小暮 美喜です。

つい2週間ほど前に、次女の中学校卒業式がありました。

我が家は6つ違いの子供がいまして、長女が小学校の卒業、次女が幼稚園の卒園のころから、私は卒入学の式に着物を着るようになりました。その時は、1シーズンで4回着る機会があったことになります。

今回の式では4人ほどの方が着物を着ていました。はじめて着た時の小学校の卒業式では私1人でしたので、和服の方が増えてうれしいです。他の人が何を着るかは関係ないとはいいながら、ひとりでは悪目立ちのような気もしました。長女は「コスプレ」と言っていましたので、そのきらいはあったのでしょう。

20代の頃、社内報の担当者の集まりでご一緒していた素敵な先輩が着物の小売店チェーンの方でした。その方と「40になったら着物の着付けを習って、着物の販売をしようかな」と話したことがありました。

40歳を過ぎて、突然その会話を思い出して着付けを習いにいったのが、着物を着るようになったきっかけです。その方は亡くなってしまって、偲ぶ会が七夕会と称して開かれています。雨が多い季節で着物を着ることにめげてしまうこともありますが、心掛けて着物を着ていくようにしています。

 昨年秋に機会があって、江戸小紋と手描き友禅の二つの工房の取材をしました。工房は昭和30年代が隆盛だった時期で次第に生産量も職人も減って来ています。伝統工芸の伝承のためにも、ある程度の生産量が必要なので、和服を着る人自体が減っていることを問題と捉えていました。

ただ、最近増加している外国人の訪日観光で、日本文化の一つとして着物も注目されています。浅草や京都で「着物を着て観光」というオプションツアーも人気のようです。洋服の生活面での便利さを考えると、昔のように日常で着物を着る時代には戻れないでしょうが、夏の花火の頃は、ゆかたの若い男女が沢山ですし、まだまだ着物が再び広がる余地はありそうです。

お金がかかるとか、着付けできない、用意の面倒くさいということが和服を着ない理由と言われます。実際は、和服を着るというと着物を譲られたり、着付けも数回習えばある程度着られるようになり、正式な場でなければさほどの問題ではないです。そして、この弱点とも言える「お金、手間、時間がかかること」が魅力と思っています。新しく誂えたり、どの着物にどの帯、帯揚げ、帯締めを考えたりするのが楽しみで、私にとっては「着物を着てお出掛け」を、お金と手間と時間をかける趣味と思っています。あくまで、身の丈にあったではありますが・・・。

 4月8日には、入学式があります。子供は新しい制服、私は着物を着ることを楽しみにしています。
(小暮 美喜)