衣笠山でおさんぽ

  超ハイパーなボブ、アマゾネスなヴァレンシア、純真無垢なおじさんスノウ、皆年を重ねたけれど鳥猟犬類魂は未だに健在(笑)

愛しのボブ(笑)

2018-12-23 07:29:21 | 

涼しくなってからのボブは夏のように散歩を拒否することなく、皆一緒に衣笠山を楽しんでいます。

 

このところのボブの楽しみであった秋の味覚の一つ、ドングリの袴はもう無くなり、藤の鞘や乾燥した小枝を口にするようになりました。

これらはなるべく口にしないよう監視しながらの散歩となっているけど、油断すると時々このように...

 

ウッ!!

ツマッた!!

タスケテクレ~!!!

誰か~!!

 

アリガトウ

と、小枝を歯と歯の間につまらせて助けを求めてきます。

このような相変わらずおバカさんなボブですが、この二日ほどリードを装着すると咳が止まらぬことが気がかりになり、動物病院へ行ってきました。

元気も食欲も変わりないけれど、カラーに刺激が加わるとかなり酷い咳をする。

首に出来ている良性の腫瘤が原因なのか???

食欲の割に痩せてきていることも気になっているし、年末を控えていることもあり、獣医へ。

 

診察室の中が気になる(笑)

 

血液検査やレントゲンの結果、生化学検査の反応性蛋白の数値が基準値を大きく越えていた。どこかに炎症を起こしている可能性があるとのこと。

 

 

レントゲンでは心臓肥大もなく肺も綺麗、本来まっすぐであるはずの気管支の一部が狭くなっており、蛇行していること以外は気になる個所は無いとのこと。

乾燥するこの時期は気管支に炎症を起こす犬も少なくないとのことで、まずは抗生剤での投薬で1週間の様子見となりました。

 

ご機嫌ボブ(笑)

 

 

老犬なのに悪戯心がなかなか落ち着かないボブ(笑)。

でもたいした病気をすることもなく、また一年元気に過ごせたことに感謝。これからもいつまでも元気でいようね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 愛しのEセターズ(笑) | トップ | 飛鳥Ⅱ遠望 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気管支 (よっちゃん)
2018-12-24 00:07:34
狭くなると辛いよねぇ、ボブ。私も咳喘息にいつなるかヒヤヒヤしながら喉のケアを十分にしています。
歯に挟まったのとかって、人間の手を借りられないとなると、そのまま、になっちゃうのかな。野生の動物とか。

今さっき、こっそりと近所の仲良しなおばさん(年齢はおばあさんだけど若い!)家に一日早いクリスマスで、ブルーベリーレアチーズケーキと煮物作ったから、クリスマスカードと共に玄関外に置いてきた!
近年の楽しみな恒例行事。うれしい!って去年泣いてくれたの(笑)ほんと、可愛いし価値観が似ていて楽しいの。歳って関係ないなー、とつくづく思う。
Unknown (ルナばば)
2018-12-24 05:15:55
ボブ兄ぃ えらいお顔をアップされちゃったね 咳が早く治りますように。

ルナも木の枝が好きよ。桜がいちばん好きみたい。明日で12歳になりますよ。

ヴァレンシアちゃん、スノウ君もみんなMerry
Cristmas
メリークリスマス🎄 (BJAmom)
2018-12-24 07:25:21
よっちゃん様
そうね、野生動物なら自己解決以外に無いかも。😁
レアチーズケーキまで手作り、流石ね。美味しい喜びに年齢関係無しよ。わかるわー。

ルナばば様
ルナちゃんはクリスマスに13才、ステキね!
我家の犬達と同じ年頃です。お互いいつまでも健康でいますように。💕
ボブも桜小枝を好みますよ。😁

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事