loveserani 一言日記

何とはありません。ただ、今日聞いたこと、見たこと、思いついたことの中から一番印象に残った一言を綴ってみようと思うのです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

vs オリックス・バファローズ:桜は散れど 松が裂く

2008年04月10日 21時13分09秒 | 福岡ソフトバンクホークス
「78打席目!人生七転び八起きとは申しますが この人には起きて欲しい」
なんてのは本日TNC実況の田久保アナの気の利いた言 だったりしますが

ついに79打席目に飛び出しました 松のアニィの2008年1本目!
例年になく引き締まった体つきで いつ飛び出すかやきもきするのは
ファン以上に本人なのかもしれませんが
外目のちょい低いところを 見事に引っ張ってスタンドイン

とにかく目出度い!


とかいいつつも
先発の台所事情が苦しい中
時に荒れつつも 要所要所をきっちり抑えたガトームソンが嬉しい

小久保が戻ってきてからも 好調を保っている松田が嬉しいし
本多再調整の大きな穴に なんだかんだと穴を埋める金子と仲澤
そんでもってきっちりチャンスメイクにタイムリーな井出正が嬉しい
ここ2・3年あって欲しかった若手の成長がようやく芽を出しはじめたようなそんな気が

忘れちゃいけない 久米初セーブオメ!

もっとも若手の台頭なんて言葉は
きっちり小久保アニィを代打に据えられるような
チーム事情になったときかなぁ とも思います
松田・仲澤・井出正・田上 
誰でもいいから クリーンナップ勝ち取って見ろ なんて一笑一笑


コメント (14)   トラックバック (1)

080325 vs 千葉ロッテマリーンズ:決戦は8回オモテ

2008年03月25日 23時59分59秒 | 福岡ソフトバンクホークス

大隣憲司 vs千葉ロッテマリーンズ 2回戦
投球回数 9回 打者31人 投球数124球 与四死球 1 被安打3 奪三振12



回を追うごとに積み重ねられる三者凡退の山
被安打は3回今江の内野安打に西岡の三塁線二塁打
そして8回サブローのレフト前のみ

そして大いなる山場は逆転の7回ウラに続く
8回表サブローのヒットからはじまるマリーンズのチャンス
本日の好調を支えたチェンジアップが制球を失い 竹原を本日初の与四球
無死1・2塁で打者今江 自身の生塁を狙った絶妙な三塁線バント
松田の好フィールディングで今江を殺すも 好機は深まり1死2・3塁

ここでベテラン代打 堀
浅黒く精悍な佇まいで 大隣を睨み据える
外に大きく抜けるチェンジアップ
気持ちがはやり空回りするストレート
好調すぎてボール先行すらほとんどなかったこの日の投球の中で
よぎる一抹の不安 緊迫を極める場内

開き直ったのは 捕手田上か? 投手大隣か?
頼みの綱はチェンジアップ 外に内に絶妙に収まるも
外に外したストレートを見送るのはベテランの技 カウント2-3

けれどこの3・4・5球がもたらしたコントロールへの自信が
大隣に1点死守の気迫を促した

外ギリギリに収まるチェンジアップ
そして渾身の気合を込めた外ストレート
空を切るバット
余韻を含みつつ 大隣を振り返りながら退席する堀


堀を切った大隣にもはや勝負への恐れはなかった
さらに気迫を増してゆくストレート
先制打の西岡を気迫で押さえ込むと
続く9回も打者三人をストレートで斬って取る



ベテランに投柱不在の不安をよそに
ホークスは開幕5連勝
いつか切れるものとは 知ってはいるけれど
どうせならば続いてしまえと 甲藤に期待してしまうのは
人間の業ってやつでしょうか?

コメント (2)   トラックバック (1)

vs 千葉ロッテマリーンズ:柴の好調 鴎を貫く

2008年03月24日 23時35分11秒 | 福岡ソフトバンクホークス
頭から尻尾まで トイレにも行かず 飯も食わずに見ておりましたが
…さすがに疲れた というわけで


田上!!! 好きじゃ~~~~!

…あいかわらずお立ち台でもテンション低いのう


試合自体はホークスにとっては晴れのち霰
4回表 打者一巡の後 走者を出すと突如崩れた新垣の後を受けるは
三瀬に柳瀬にガトームソンにニコースキーに なにより久米

延長12回表 二死1・2塁 代打ズレータを向こうに回し
初球アウトローに111km スライダーで虚を突き
二球目 同じようなところにちょっぴり外す
かと思えば三球目 ズレータお得意のインローに144kmをズバリ
味をしめたか 四球目はインハイに142kmストレートで内角に目付けさせ
あとは外外の変化球で 手玉に取るが如く調理する

往年の篠原ほどの勝ち運もってる投手かどうかは知りませんが
あの飄々とした投球スタイルから目が離せません 面白い
どこまで通用するのか しかと見届けたく


本日の真打のMVPはやたらと先頭打者になってた柴原
好調というのはこういうことかと しみじみ感じさせる集中力とバットの出方
毎度毎度でチャンスメイク
そんでもって柴原の好調で裏方に回されつつも 仕事きっちりだった松田
終盤の大事な局面でマリーンズ十八番のバントチャージに怯むことなく
ばっちり柴原を二塁に送ってくれました。

あとは本日4打数2安打で当たっていた田上と小宮山が勝負した時点で
今日の決着が見えていたようで
とはいえ よくぞ打ってくれました田上!



別に開幕ウン連勝とかサヨナラとかどうでもよいですが
何はなくとも 続いて欲しい 大隣



コメント

vs 東北楽天ゴールデンイーグルス:BEAT ?

2008年03月23日 04時30分43秒 | 福岡ソフトバンクホークス
連続サヨナラですか そうですか おめでとうございます
というわけで



松田と本間 好きじゃ~~

見れてないから 一球速報たどってのエントリーですが
はあ どっちもツーアウトからの得点ですか
スタンドリッジは序盤得点されつつも4回以降は安定しているようで
ちゅうか7回以降 得点されていない中継ぎと〆が嬉しかったり

ま そんなことグダグダ云っても 2/145ですけどね
でも嬉しいじゃない  さ ビデオビデオ

コメント

vs 東北楽天ゴールデンイーグルス:洗心・開幕・STRIKE&BEAT&BEAT

2008年03月20日 17時09分54秒 | 福岡ソフトバンクホークス

2008年明けました!おめでとうございます!
というわけで


柴原!!!好きじゃ~~!!!


見事に劇的な開幕サヨナラかましてくれました

多村の執念で引き寄せた内野安打 松のアニィがあわやスタンドインの2塁打のあと
初球の甘めのインハイ見逃したときにはぶん殴ってさしあげようかと思いましたが
イン・イン・インの三球目の甘めのチェンジアップを見事に掬い上げてくれました
あれぞ執念ってやつですかね


開幕は両チーム2008年のエース 岩隈×杉内
岩隈は変化球、とりわけフォークがキレキレ
それでもランナーを背負えばかなり神経質なマウンドになっていた様子でしたが
とはいえ、まともにランナーを出させてくれない そんなマウンド

かたや杉内 4回までは沈着冷静 ワッチをみているかのようなマウンドでしたが
ラッキーなヒットから攻略の糸口をつかまれ失点
3失点はすべて2アウトからのランナー どうやらスライダーを狙われていたようで
これが試合前に野村監督の言っていた秘策なんでしょうか
岩隈と杉内の勝負を分けたのは エース攻略に賭けるチーム戦術の徹底の差 ?
パリーグ6強といわれる2008年の由縁ですね

当の杉内 6回は例年通りの荒れ玉混じり
けれど無四死球で崩れないあたりが杉内にとっての「今年」の意味なのかもしれません


采配の妙は6回9番代打田上と2番代打本多
岩隈にまったく合っていなかった山崎と本間に代え
ワンチャンスではなく6回・9回のツーチャンスに賭けて天命を待つ

例年であれば8・9回のワンチャンス一点賭けが多かったように思いますが
本日はツーチャンス賭けが見事にはまりました

そしてツーチャンス賭けに最後のダメを押すルーキー久米の投入はお見事
どこのチームであってもルーキーが活躍して強運を呼び込まんことにはダイナミズムってやつが生まれません
そんでもって怖いもの知らずな山崎に対する攻め
きっと本日の勝利を呼び込んだのは 久米の大胆不敵な攻めの姿勢でしょう
いつかプロの洗礼を浴びたとしても 怖いもの知らずな攻めの姿勢で頑張ってほしいです
コメント (1)