ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

少年野球練習

2007年06月02日 21時10分03秒 | Weblog
前年度の小学6年生5人が卒業して、少年野球のメンバーが減って、部内での試合もままならない12人体制となって、どうなるだろうか、と思案していたら、4年生の転校生や仲間がまず2人入部し、3年生が団体で6名入ったため、全部で20人体制となり、活性化している。

監督は人徳のある方で、厳しい激を飛ばす方だが、少年たちにかける愛情には、頭が下がる。50歳代後半だと思うが、バッティングフォームを教えるときなど、足腰は年齢に見られない。

新入部員の8人を早く、試合で活躍してもらおうと、監督は特訓している。

バッティング、守備、頭を使ったプレーは、経験と慣れを必要とするので、監督はつきっきりで指導している。

その真摯な姿に頭が下がる。

子供たちは、監督やコーチたちに何を言われても、怒ったりひがんだりはしない。
素直に聴いて、一生懸命だ。

よその子供たちにこんなに愛情深く関わってくださる方々に、感謝だ。

一緒に子育てしているような安心感がある。

息子は、ここで成長させてもらっていると言っても過言ではない。

礼儀、敬う心、最後まであきらめないこと、声を出して、チームを盛り立てること、それがどんなに自分や人のためになっているか、理解しているように見える。

今の子供たちは、こうやって成長しないと、家の中でTVゲームをし続けて、社会やコミュニケーションを学ばないで、良くないと思う。

スポーツを通して、社会勉強、体力増強、礼儀を学ぶのであれば、こんなに良いことはない。

ありがとうだ。

感謝

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 通信のトラブル発生 | トップ | さわやかな夏風を感じて »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (Matt)
2007-06-03 20:37:06
初めてブログを訪問させていただきました。
「ありがとうのブログ」・・・すてきなブログですね。
また来させていただきます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事