ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

眼鏡のレンズを替える

2019年08月18日 18時44分57秒 | Weblog
先日、友人と海で泳いだ後、道の駅の建物に向かう際、フェンスを乗り越えて転んだ。
その時、めがねを落としてフレームが曲がった。
ほんのちょっとフレームが曲がっただけなのに、めがねをかけてもフィット感がなくなって、不便に感じてきた。
購入した眼鏡店は、購入した時の住所に近く、それでもここから自転車で30分近くかかる。
手の手術で自転車に乗るのを禁じられていた3ヶ月間ももう終えようとするので、今日は、禊の会の帰りに、そのまま自転車でめがね店に向かった。
このめがね店へは、長い坂道の先にあるので、自転車で向かうには、ハードルが高い。
雨が降っていたら、電車やバスで行こうとしていたが、好天気。
久しぶりに自転車で1時間半のトレーニングコースとなった。

さて、めがねのフレームを直してもらってめがねをかけると、ぴったりと顔について、安心感がある。
店内に視力検査の小部屋があるのを見て、ちょっと検査してもらおうという気になって、店員さんに案内されるままに、検査する。

遠視の度数が進んでいた。
細かい字を読み進めると眼が疲れるので、めがねのレンズを換えることにした。
モニター内の文字を読みやすくするため、とレンズにカラーを入れることにして、すべてで、3万5千円。
これも自分への投資。
これで好きな読書も疲れにくくなればいい。

自室に戻ったのが、昼過ぎ。
TVで長崎のトルコライスの映像と食べるシーンを見て、空腹になる。
冷蔵庫にあるストックの食べ物を食べて、「言っていいん会」の論争を見て、昼寝。
目覚めたら夕方。
夏の午後の昼寝は、心地良い風に助けられる。

すべてに感謝。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夢の記憶 | トップ | 夏休みが終わったね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事