ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

父と会う

2016年12月27日 19時00分18秒 | Weblog
地域の福祉の方と父と私の3人で、話をする。
その福祉の方は、元看護師なので、父の病状や今後のケアに関しても、アドバイスをくださる。
嬉しかったのは、父のホームで私が一番父に会いに来ているので、幸せなお父さんですね、と言われたことだ。

ホームにケアをおまかせしているから、普段は自分たちの仕事や自分の家族の世話で、訪れたくても来られない家族の方が多いのはわかっているので、リップサービスだと受け取る。

だが、母の月1回の命日には、父の部屋にある母の仏壇にお参りして、いつかやってくる父との別れも、悔いないようにと話をする。
父は去年の自分の退院後から、だんだん短気を起こすことが少なくなった。

自分の人生に関わった全ての人に恨みをもって、その毒を吐ききったのか、と受け取っている。
その毒を聞くことが辛かったので、2,3ヶ月に一度、自分が精神的に余裕があるときしか、父に会うことができなかった。

父は自分の人生を歩んでいたのか、って思う。
今まで気をつかって、言いたいことも言えず、じっと我慢して仕事だけを一所懸命にしてきた。
でもそれでは人生がうまくいかなかったと、悔いがあるのだろう。
家や資産を守ることができなかった、子の私に苦労をかけた、と後悔してばかりいる。

私は自分の苦労は自分で選んだことだから、親を恨んではいない。
逆に、自分の人生を選んで、親元を出たのだから、育ててもらった恩に報うために、今、できることをしようとしているだけだ。

できないことはできない。
できる親孝行をそっとして、自分の人生を歩んでいく。

すべてに感謝。

コメント   この記事についてブログを書く
« どこも混み合うのは覚悟して... | トップ | 風邪気味だから大掃除中止 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事