ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

映画「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動 」鑑賞

2019年08月16日 01時36分02秒 | Weblog
「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動 」

イタリアの島を舞台に家族が集まったが、いろんな事情をもった人ばかりで、騒動が起きる。
それでも、みんなそれぞれ、好きなように生きていくようだ。

浮気は自分の愛に忠実になっている、という価値観。
その忠実になっても、夫や妻と別れない、ということが高い評価になる。

結婚しても、他の人に惹かれてしまうのは仕方がないことなのか。

この映画の家族の長男は、二度目の妻のヒステリーに困っている。
それでも、夫婦の営みがあれば、仲直りをしている。
でも、妻のヒステリーは、また起こる。
前妻や前妻の子どもに強い嫉妬を起こしている。

夫から女として愛されていないと幼馴染で初恋の男性と再会して、燃え上がる女性がいる。
その女性と男性の燃え上がる様子は、盛りがついた動物のような様子だ。
それもこの映画監督は男女の営みってそんなもんだ、と表現してきた。
自分も盛りも恋のきっかけになると思っている。

パートナー同士は、お互いの気持ちを大事にするためにも、愛情を確認しあうのがいい。
スキンシップも相手を思いやることも、表現したほうがいい。
相手はわかっているだろう、と何もかまわないと、寂しくなってしまう。

今の相手は今の自分にちょうどいい。

すべてに感謝。

コメント   この記事についてブログを書く
« お腹が空いているけど、もう... | トップ | 夢の記憶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事