ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

美しいものの裏は、醜い

2010年06月21日 20時30分02秒 | Weblog
松下幸之助の一日一話6月19日版「私の宅の近くに水のきれいな池がある。水面に周囲の樹々の姿を映し、まことに風情がある。ところがこの池がひところ雨が降らなくて、底の大半を露出してしまうまでになった。映すべき何物もなく醜い底を露呈するばかりである。美の反面には醜がある――そんな思いである。

お互い人間も、これと同じことではなかろうか。美と醜とが相表裏しているところに、人間の真実がある。とすれば、美の面のみにとらわれて、その反面の醜を責めるに急なのは、人間の真実というものを知らないものである。暖かい寛容の心を持って接し合うことが、お互いに明るく暮らすための、一番大事なことではなかろうか。」

「美の反面には醜がある」「美と醜とが相表裏しているところに、人間の真実がある」
あーそうかもしれないなあと感慨深くなってしまった。

人が良いだけでは、成功しない。
厳しくケチになり、人に冷酷なことをしたり言ったりすることもある。

美しいものを創りだすことを続けるために、不正はしなくても、ビジネスで適正に収入を得ることに強い意志で望むことも必要だ。

そのためにも、自分は学び続けよう。
感謝


コメント   この記事についてブログを書く
« 12歳息子が今年も完歩 | トップ | 1年ぶりに車を運転してドライブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事