LOVEかごしま_鹿児島情報

鹿児島で出会った野鳥や桜島・自然などをご紹介します。

【大隅日記010_志布志市志布志 大慈寺】2018/11/10

2018年11月10日 | 大隅日記


おはようございます、昨日は夜半の大雨のせいで朝、桜島が見えなかったですが、今日は最高の晴天でした。まだ風邪は完璧には治っていないですが、こんな晴天なんです。気分を前向きに良い一日にしたいですね。
さて、「株式会社おおすみ観光未来会議」設立記念の大隅日記、今日は志布志の町の中にある大慈寺です。近くにある宝満寺の方が有名ですが、こちらは歴史のあるお寺さんです。大慈寺は臨済宗のお寺で室町時代に創建されました。江戸時代には島津氏の庇護を受け、16の支院と100名以上の僧坊がいたそうですが、廃仏毀釈により県内一円のお寺は廃寺になりました。その後、明治12年に寺号を復し、旧大慈寺宝地庵跡に再建され、現在におよんでいます。写真で分かるように歴史を感じさせる大変風格のあるお寺です。廃仏毀釈で大きな被害を受けた県内の寺院としては比較的宝物の散逸が少ないとされています。この仁王像も江戸時代(1682年)藤田次郎右衛門作とされ、県の指定文化財となっています。いままで安楽町とか有明町とかで目立たなかったですが、とうとう今日は志布志の中心地、こころざし(志)がここまであるか?という地名、うけますよね。
-志布志市志布志町志布志二丁目1番19号

『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年11月10日、朝の桜島 | トップ | 【大隅日記011_志布志市志布... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大隅日記」カテゴリの最新記事