生クリーム専科

生クリームたっぷりのスイーツが大好き。ショートケーキ、ロールケーキ、プリンなどについて、お写真とともに綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

低レベルのグルメ人間

2007-08-31 09:32:02 | 生クリーム徒然

「果たして自分はこのブログを書くのにふさわしい人間なのだろうか」と最近思う。

こういう内容のブログを運営しているからには、「食べること大好き人間」でなくてはならない。だいたい食べ物系のブログを読んでいると

「おいしいものがあればシアワセ、食べること大好き、いつだって食欲全開!おいしいお店のことならまかせて!」

と書いてあるのによくお目にかかる。ところが私自身はこれには当てはまらない。

今までの記事でも書いていることだが、私は胃が弱く食が細く、食事量は人の半分以下。生クリーム系の洋菓子が大好きだが、たくさん食べ過ぎてしょっちゅう胃を壊している。

たくさん食べられないのに、お菓子が大好きだというだけでこのブログを書いているのだ。自己満足でもいいかもしれないが、他のブログの管理者たちの豪快な食べっぷり・自信に満ち溢れたセリフを目にするたびに、肩身の狭い思いがしている。

それでもやっぱり「今日のおやつにはおいしいお菓子を食べたい。ナッツと生クリームのタルトなんかいいな」と思っている、レベルは低いがこれでもグルメ人間なのである。
コメント

なぜ、あんこ派なのか?

2007-08-30 09:28:01 | あんこ派 VS 生クリーム派

冷蔵庫に残っていたロールケーキは、翌日の夜に”あんこ大好き派”である彼のお腹のなかに納まってしまった。

ふた切れあったうちのひとつを私が3時のおやつに食べ、残りを翌日のお楽しみにしようと思っていたら、食べたいと言い出したのである。

夜の7時、仕事を終えた彼から「これから帰る。冷蔵庫にロールケーキあったよね?」と念を押されてしまった。職場においてさえも思い出すほど、重要なことなのだろうか? 夕食を終えて、ロールケーキに食らいつく姿のうれしそうなこと!

和菓子大好き、100%あんこ系人間なのにどうしてロールケーキが食べたいのか? この重大なギモンを、食べ終わった彼に面と向かってぶつけてみた。すると、

「生クリームの洋菓子を食べることによって、あんこ系の素晴らしさを再認識したい」

という返事。

納得できたような、できないような・・・ ロールケーキを味わっている彼の表情はいかにもシアワセそうで、そんな複雑な思考に基づいているとはどうしても思えない。

納得できないながらも私は、大切な質問をもうひとつぶつけてみた。「どうして生クリームよりあんこが好きなのか?」 返ってきた返事は下記である。

「あんこの方がヘルシーだ。生クリームは胸焼けする。それさえなければいいんだけど」

ロールケーキのかけらを口の周りにつけた姿で語る、彼の主張はホンモノだ。以前の記事に書いたことがある「生クリームのヘルシー問題」に、またしても直面してしまったのである。
コメント

グルメ人間としてのレベルアップ

2007-08-29 10:26:33 | あんこ派 VS 生クリーム派

「ロールケーキ買ったの?」

我が家の「あんこ大好き人間」が、冷蔵庫を覗き込んで意外な事を言った。夕飯も終わって日付が変わろうとしている、夜中の時間帯のことだ。

本日買い物に行ったとき、デザートコーナーでロールケーキと大福を買った。いつものように大福は彼の食後のデザートとなってお腹の中に納まった。

ロールケーキの方は私のデザートになる予定だったが、夕飯を食べ過ぎて何となく食べる気にならなかったので、明日にしようと冷蔵庫に入れておいたのだ。

大福を食べて満足しているはずだから、冷蔵庫のロールケーキのことなど関心がないだろうと思って、特に報告しなかった。ところが冷蔵庫を開けたとたんに目ざとくみつけてこのセリフである。

彼にとって生クリームをたっぷりの洋菓子はデザート・おやつ共に対象外だが、どうでもいいかと思えばそうでもないらしい。

「冷蔵庫にあるものは常に把握しておきたい」

というのが彼の主張するところである。洋菓子こそ好みじゃないけれど、彼は自他共に認める「食べること大好き人間」でもある。いつもいつも、何か美味しいものはないかな、今度は○○が食べたい等、頭の中は常に食べたいもののことで一杯だ。

そういう人の常として、自分の家の冷蔵庫の中のものは常に把握しておかないと気がすまないとのこと。ナルホド! 風呂上りのパジャマ姿で熱弁する彼の主張に、妙に深くうなずいてしまった。

思えば私自身は「食べること大好き人間」には属さない。もともと胃弱で食が細く、生クリームのお菓子を食べすぎてしょっちゅう胃を悪くしている。洋菓子が好きだというだけでこのブログを書いている私はグルメ系、スイーツ大好き系のなかでは人間的レベルとしては底辺に属する。

少しはレベル・アップしたいので、明日から冷蔵庫の中をはじめとして周りにある全ての食べ物に関心を持ち、頭の中を常に食べたいもののことで一杯にしてみようと思う。

いやしかし、頭の中は既に生クリームスイーツで一杯だから、これ以上入らない。うまく表現するのが難しいが、頭の中の「グルメ領域」をもう少し広く取らなくてはならないことだろうか。
コメント

あんこ大好き人間の心の中

2007-08-28 09:58:20 | あんこ派 VS 生クリーム派

和菓子の中に生クリームというのもモノによってはおおいに魅力的なのだから、筋金入りの和菓子派であっても少しは生クリーム好き・洋菓子派と理解しあえるのではないだろうか。

こんなことを考えつつ、あんこ大好き派の彼と家族となって今年で10年。「食後のデザートや、3時のおやつは何にするか」という問題で常にこぜりあいがあるものの、いつも何とかなっている。

とりあえずは平穏な毎日だが、どうしても満足できないものが残る。それは、10年間ずっと

「生クリームがいかに素晴らしいか」

ということをこれだけ熱く語っているのに、それがいっこうに伝わっていないということだ。あんこ大好きの彼の心の中では生クリームの存在価値は低い。10年前からそうだったが、今でもそれは変わらないのである。

写真の生クリームどら焼きのように、あんこと生クリームの組み合わせを彼は否定している。生クリーム好きとしては、これが許せないのだ。何とかならないだろうか?
コメント

あんこ大好き人間との共存生活

2007-08-27 08:42:28 | あんこ派 VS 生クリーム派

昨日日曜日、暑さも和らいできたことだし、おいしいもの食べたいゴコロ満載だった。

夕飯は焼肉、デザートは生クリームたっぷりのケーキでも・・・と思っていたら、家族からストップがかかった。

「夜のデザートはあんこ系が食べたい」

とのこと。

我が家には10年前から「和菓子大好き人間」が存在する。あんこがはいっていないものはスイーツと認めない、と豪語する筋金入りのあんこマニアの彼とはデザートについて、しばしば意見が衝突する。

そういえばこの夏はケーキ屋さんに付き合ってもらったり、プリンを買ってきてくれたりと、ずいぶんいろいろ尽くしてもらったっけ。今回はゆずることにしよう。

仕方なく、某スイーツショップの「5時からロールケーキ販売」コーナーに並んでいる生クリームたっぷりのピーチロールに背を向けて、「和菓子の○○堂」であんこがたっぷりのった串団子を買ってきた。

夕食後、うれしそうに団子に食らいついている姿をみながら、ここに生クリームをほんのひと絞りするだけでも夢のように美味しいんだけどなあ、残念だなあとため息をつく私。

生粋の和菓子好きにとって、生クリームをプラスするなど許されないことに違いない。あんこ&生クリームはまだまだ生クリームマニアだけの楽しみだ。過去に撮ったマンゴータルト生クリーム乗せの写真でもみて、ため息をつくことにしよう。

こんなふうに、お互いの主張をすこしずつ譲り合って暮らすのは、家庭生活において大事なことである。何もかもが自分の思い通りなるものではないのだ。
コメント

ずんだプリン豆乳クリームのせ

2007-08-26 09:06:48 | スイーツの写真(休日案内)
コメント

長さ50cmの生ロールケーキ【藤栄堂】

2007-08-25 09:54:57 | 素敵なサイトご紹介

夏休みも終わりに近づいた、本日は8月25日土曜日。ご紹介するのは長さ50cmの生クリームたっぷりロールの通販・藤栄堂さんのサイト。

http://www.roll-cake.com/

定番商品・プレーンタイプの生ロールは生クリームの乳脂肪分38%・48%・そして18%から選べる。それ以外の季節限定の素材を使ったロールケーキも魅力的。8月は桃、9月は栗、10月はナッツとさまざま。

「生クリーム食べたいごころ」を刺激する魅力的な品揃えと、おいしそう~なページ作り。近いうちにどれか1本、絶対に味わっておきたいと思う。
コメント

ロイヤルミルクティー(カンパーニュ)

2007-08-24 08:55:39 | 生クリームデザート・レビュー

ミルクティーと生クリームの相性の良さについては、以前の記事に書いたことがある。本日ご紹介する「ロイヤルミルクティー」は、ミルクティープディングの上に生クリームをあしらったカップデザートだ。

いつも行くスーパーのデザートコーナーで売っている、お財布にやさしいお値段の品だ。やや小さめのカップにやさしいミルクティー色、そしてふわふわのホイップされた生クリーム。ほんの小さな板チョコと彩りに小さな緑の葉っぱ。上品で繊細で、女性好みのデザートだ。


生クリームの下のミルクティープディングもほんのりやさしい甘さがある。コーヒーゼリーの場合は、ゼリー本体に甘みがないのが基本だが、ミルクティープディングの場合は本体が甘いほうがいいと思う。

ナチュラルカラーのロイヤルミルクティー。全体的に小さめでお洒落な感じでうれしい。生クリームの割合は20%くらい。日差しの明るい窓辺で味わいたい、甘くやさしく、女性的な雰囲気のデザートだ。
コメント

忙しくても・・・

2007-08-23 09:42:42 | 生クリーム徒然

昨日、忙しくて力尽きてしまい、とうとう更新できず・・・

熱があるときでもガンバって更新してきた私だが、仕事に追われてお手上げとなってしまった。オープンして2ヶ月半になるが「更新できず」は3度目である。

普通に仕事をしていれば、2ヶ月間半で3日くらい休みをとってもギリギリ許される範囲かもしれない。気を取り直して更新を頑張っていこうと思う。

忙しくしている間でも、常に

生クリームのデザートを食べたい」

と考えてはいるが、何しろ買いに行っているヒマがない。夜遅く滑り込んだスーパーのデザートコーナーは売り切れ状態。明日販売予定の品が、ダンボールの箱詰めで置かれていた。「8月23日予定・ホイップシュー」というメモが貼られている。

よく見るとふたが開いており、中にはおいしそうなシュークリームの姿が・・・誰も見ていないのを見計らってこっそり取り出し、レジに持っていけば大丈夫そうだ。

ふわふわのクリームをたっぷりつつんだシュークリーム・・・これを夜食に食べたらどんなに幸せだろう。一日の疲れもふっとびそうだ。そんなことを考えて、箱の前でしばしたたずんでいると、店員さんたちが不思議そうにこちらを見ているのがわかった。

夜遅いスーパーは客も少ないから目立つのだ。やっぱりやめておこう。時計を見ると夜の8時を回っている。おかしいな、スーパーに着いたのは7時半過ぎだったのに。もしかして、シュークリームの箱の前で15分以上もたたずんでしまったのでは・・・

忙しいと言いながらまたやってしまった。生クリームのことを考えてうっとりする時間は欠かせないものとして、一日のスケジュールの中に組み込む必要性があるかもしれない。

取りあえず、以前撮った絞り出しクリームを乗せたシフォンケーキのお写真でも見て、満足することにした。
コメント

クリーム&マンゴープリン(メグミルク)

2007-08-20 08:48:55 | 生クリームデザート・レビュー

お盆休み期間も終わって週明けの本日はマンゴープリン。マンゴーの果肉を思わせる黄金色のプリンの上に、とろとろのクリームがたっぷりかかっている。

スプーンですくうとプリントクリームがちょうどいい具合に混ざり合い、食べる人夢のような気持ちにさせてくれる。
・・・そういえば以前の記事で

「生クリームは泡立てたものがいい」

などと書いたような気がする。ところが美味しいものに出会うと手のひらを返したように意見を変更するこの身勝手さ。美味しいのだから仕方がない。味覚とはほんとうに曖昧で勝手なものだ。それでは、泡だっていないながらも生クリームごころをそそる、このクリーム&プリンの魅力とはいったいどこにあるのだろう?

まず、メイン素材がマンゴーだというところだ。しっかりした舌触りでありながらジューシーさを併せ持ち、素晴らしい黄金色のトロピカルフルーツ・マンゴーは、生クリームと大変にいい相性だ。


そしてこの商品の大きさも魅力的だ。普通に売っているカップ入りのプリンのなかではやや小さめでスマートな外観。小さい透き通ったカップの中に、マンゴーと生クリームが詰まっている。女性の好みにあった素晴らしいデザートだ。

生クリームの割合は15%くらい。味もさることながら、この明るいマンゴー色の外観を賞賛したい。
コメント