LOVE-CRAFT
京都で和柄シルバーアクセサリーを製作している職人二人が、製作工程や工房風景、地元京都の事などを紹介しています。
 



眠いっす…

おはようございます!ラブクラフトの山下です。

本日の京都は晴れ!
すっきりと晴れて結構寒いです。

今日は朝も早よから鋳型焼成やってます。

鋳造まで大体12時間くらいかかるので1日仕事です。

これから焼成するパンチリング。

これから焼成工程のパンチリング

このステンレスの入れ物が真赤っかになるまで焼きます。

夕方くらいまでにおよそ800度まで昇温します。

その後、鋳造適温まで降温し鋳造です。



最近自転車のパンクに悩まされてました。

先週1週間に3度のパンク。

一度目は水曜日。

二度目は木曜日。

三度目は木曜日の夜。

こーやって書いてると、1週間じゃなくて2日の間ですね。

まず一度目の時にチューブを点検すると、

路面に接地する外側ではなく、

内側に穴が開いてました。

スポークのネジとチューブとの間にライナー(ゴムのテープ)があるのですが、

それが傷ついてすこし破れてました。

これが原因だろうと、ひっくり返して

(スポークは互い違いに装着されているので、ライナーを裏返すと左右逆になり、穴が干渉しない。)

修理を完了しました。

実は、ちょっとスポークの位置から外れていたのですが、まぁこんなもんだろうと気にもとめませんでした。


そして次の朝、二度目のパンク。

チューブを点検すると同じ個所がパンク。

ライナーも穴が開いてる訳でも、ずれている訳でもなく正常。

んん~、なんだこれは…。

取り合えず一度修理したパッチをはがしてもう一度補修。

タイヤやホイールを点検してもこれといった原因がみあたらない。

あえて言うならホイールの内側に小さなキズが。

紙やすりでなめらかになるように修正。

イマイチ納得がいかないまま修理完了。

最後に空気を入れると、タイヤの側面がすこし裂けていてチューブが見えている。

あまり関係ないだろうとそのままに。


やっぱり納得がいかないので、

グーグルで「自転車 パンク 原因」と検索して色々と探すもイマイチわからない。

そして不安のまま出勤、なんとか大丈夫。

仕事帰りに不安に思いつつ乗っていると、

またもや三度目のパンク。

自転車押して帰りました。

次の朝に原因がわからないまま修理。

チューブを点検すると今度は違う場所。

という事は、原因はホイールではなく、タイヤなんではないかと推測。

内側を点検するが異常なし。

ふと、タイヤの側面にあった裂け目を思い出した。

位置を調べてみると丁度同じら辺。

もしかすると裂け目がチューブを噛んでるのかも。

そこで丈夫そうな板状の何かをタイヤ裏から貼る事に。

道具箱をあさっていると、

「敷居すべりテープ」を発見。

裏に両面テープもついてるので具合良し。

適当にカットし、角をヤスリで丸めて貼り付ける。

そして修理完了。

今日はまだパンクしてませんでした。

パンクの原因

白く見えるのが敷居すべりテープです。

これは応急処置なのでこれで上等。


さっきタイヤを注文しときました~。



SILVER ACCESSORY LOVECRAFT WEB SITE

あなたのワンクリックが私の更新ヤル気指数をアップさせます!
人気ブログランキングへ
現在の更新ヤル気指数:55%

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ワックス取り 永遠の輝き »