見出し画像

Casa Galarina(カーサ ガラリーナ)

レスラー

★★★★☆ 2008年/アメリカ 監督/ダーレン・アロノフスキー
<京都シネマにて鑑賞>

「無様でもいい。けなげに一生懸命に生きてゆく」



俺の輝ける場所はここしかない、とリングに戻ってゆく男。浪花節っぽい話に見えそうですけど、全くそんなことはありません。悲しくて悲しくて。でも、やっぱり私は輝ける場所を持っていることって、すばらしいことなんじゃないかって気がして。きっとラムは自分の人生に悔いなしだろうと、拍手で送り出したい気分になりました。ラストリングの彼の姿に涙が止まりません。

本作は「試合のシーン」と「プライベートシーン」の2つに大別することができますが、この両者の描き方が秀逸。どちらもリアルさを追求していますが、試合のリアルさは体の痛みを、プライベートのリアルさは心の痛みを表現していて、合わせ鏡のようです。

一介の俳優があれだけのファイトシーンを演じることができるんだろうかってくらいの大熱演ですね。まず、あの体の作り込みが凄いですけど、彼はステロイド飲んであの体を作ったんでしょうか。まさに命懸けの撮影。そして、試合前の打ち合わせの様子をあっけらかんと映し出すのですが、このやりとりを見てレスラーたちのプロ根性に恐れ入りました。

一方、プライベートシーンは、まるでドキュメンタリー映画を見ているようです。大いびきを掻いて寝る様子、むだ毛の処理をしたり、日焼けサロンに行ったり。疲れた中年レスラーを淡々とカメラはとらえ続ける。私はこのOFFを捉えるシーンがすごく気に入りました。確かに寂しくて孤独で情けないのですが、ラムという男が愛おしくてたまりません。

ラムはいつも「けなげ」です。自分の将来や娘のためにけなげに生きようと努力します。そこにとても心を打たれました。特にスーパーの総菜売り場で黙々と仕事をこなすシーンは、あきらめ、やるせなさにまみれたラムがひたすらに生きるためにかろうじて己を立たせているのがわかります。しかも、これらのシーンをユーモアを交えて描いているので、さらに切なさが増すのです。

このラムという人物像を作り上げたのは、紛れもなくミッキー・ロークの演技。寂れた会場で昔の栄光のビデオを売りながらサインをするラムの表情。あれは、挫折を味わった人間にしか出せないものだと確信します。最優秀主演男優賞は彼の方がふさわしい。

私もかつて「ナイン・ハーフ」ですっかりミッキーの虜になった1人です。本作は彼の挫折をそのままに映し出しているようで話題にもなりましたが、それを宣伝文句として捉えることは、ミッキーを始め製作者全員にも失礼なことのような気がします。それほど、熱のこもった作品であり、その痛みを自分の目で見て感動できる作品。少々事前情報が入っていても間違いなく堪能できる。多くの人に見てもらいたいと思います。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

ミチ
こんにちは♪
http://blog.goo.ne.jp/oj0216nm/
夏休みももう終わりですね~。
いろんな行事お疲れ様でした。
夏はどうしてもバタバタしちゃう。
私も「歩いても歩いても」しましたが、久しぶりに会った義母がガタッと年を取っていてビックリしました。
電話でおしゃべりするだけなら相変わらず若々しいのに。
老いって徐々にというよりも、ある日突然階段を一段下りるように老けていくのかな~なんて。

この映画、とっても良かったです。
ミッキー・ローク以外のキャスティングは考えられないですね。
ニコラス・ケイジなんてとんでもない!
私もミッキーにオスカーを上げたかったです。
ガラリーナ
ミチさん、こんにちは
ようやく学校が始まり、ほっとしています。
今年は十分な帰省ができておらず、反省、反省。
遠いからって、つい甘えちゃうんですよね…。

「レスラー」のミッキーの体当たりな演技にはぜひともオスカーをあげたかったです。ショーン・ペンは、もういいでしょう(笑)。
himagine
こんばんは
http://ameblo.jp/himagi-ne/
はじめまして。
いくつかの記事、興味深く読ませて頂きました!

僕は、監督は、物語を創るということと、
ミッキー・ロークのセミドキュメンタリーを同時に撮る。
この2つを最初から狙っていたのだと感じました。

今までに見たことの無い映画だな~と。
「ラム」と「ミッキー」両者の物語が描かれているんだと。

なんせ、ニコラス・ケイジ主演案を突っぱねて、
ミッキーにこだわった監督ですからね w

とにかく、素晴らしい演技でした!
オスカーとって欲しかったですね。。。
ガラリーナ
himagineさん、初めまして^^
コメントありがとうございます。

>物語を創るということと、ミッキー・ロークのセミドキュメンタリーを同時に撮る

おっしゃる通りかも知れませんね。あれは、ラムであって、ミッキーであって、観客も渾然一体となった彼の姿に強く惹かれる作品でした。
ニコラス・ケイジにあの体当たり演技は無理ですよね~。
オスカー、あげたかったです。ショーン・ペンはもうもらってるから、いいのに(笑)。
みちしるべ
居場所かぁ・・・彼は幸せですよ
http://ameblo.jp/eiga3535/
今頃になって、やっと観る事ができました。(映画館で10分間に合わず『ディアドクター』になったんですよね。『ディアドクター』は緩くてあまり好きではありませんでしたけど・・・)
レスラーは、思ったいた通りの映画でした。シンプルですがそのシンプルさが本物なんですね。40歳以上で、世の中の仕組みに疲れた大人には涙なくしては観れないでしょう。
でも、彼は幸せだっとた思いますね。男だから余計に感じますね。ラムよ、居場所見つかって良かったな!
ガラリーナ
泣けました
いい映画ですよね~。でも、あまりに身につまされすぎて見ていて辛い、って意見もあるようです。ただ、私もみちしるべさん同様、幸せな人生だったように思えます。自分のやり方を貫き通したわけですから。ラストは涙、涙でした。

P.S
おすすめの「オアシス」やっと見れましたよ~

最近の画像もっと見る

最近の「洋画(や・ら・わ行)」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事