eri's diary

こころもからだも綺麗でいられますように☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホノルルマラソンをふりかえって

2007-12-29 | run
ホノルルマラソンレポ、これで最後になります。

今回、あたらしいチップシステムを導入したホノルルマラソン。
このシステムに不具合があり、タイムが計測されなかったランナーが続出しました。

そしてわたしもその1人に。

分かったのは完走証をとりに行ったレース翌日だったのですが、現地での対応は
運営ボランティア(多分)に自分の分かるアバウトの完走タイムと名前を伝え、
それを書き残されただけ。

A5サイズのお詫び状が配布されたけど、豪雨により不具合があり計測できな
かったすみませんと(表現はもっとていねいだけど)書かれているるだけ。
肝心の今後の対応のことは書かれていませんでした。
不十分で納得いかなかったので説明をもとめましたが、言ってることがあやふや
でスタッフもよく分かっていませんでした。

帰国後、日本事務局よりメールがきていました。
自己申告の完走タイムからビデオで本人確認しオフィシャルタイムをわり出すと
いうことと、それには3~4週間程度の時間を要するとのこと。

そんなわり出しで完走証に記載されるタイムって信用できるものなの?
ホノルルでフルに挑戦するという目標をもって練習をしてきていたし、
はじめてということで完走するということへの想いが強かったホノルルマラソン。
5時間以上も走ったのは事実なのに、今のところオフィシャルでは完走していない
ことになっています。すごく残念で、くやしい気持ちでいっぱいです。

自分で計測した時間と完走証のタイムにかなりの誤差があるとか、両足に
チップをつけたランナーの右足と左足で誤差が数十分あるとか・・・完走証が
でた方のなかにも、不信感をあたえるような計測があることを聞いています。

ランナーひとりひとりが、色々な想いをもって挑んでいると思います。
ホノルルマラソンは歴史のある数万人規模のレースです。
このようなトラブルが二度とないようにするべきです。
記録をねらっているランナーを失望させてはいけません。

今後の誠意ある対応を強く願っています。

=====================================

クレームを書き連ねるようになってしまいましたが、これなしに感想を語れませんでした。

FINISHラインをきるときに目で確認したタイムは5時間37分。
腕時計を誤操作してしまったのでネットタイムが分からないのだけど、
マイナス10分くらいです。

完走できたこと。
自分のペースで走り続けることができたこと。
目標タイムを(多分)クリアできたこと。
笑顔でゴールできたこと。

Runについては、とても満足しています!
そして自信にもなりました。
来年もRunRun!くやしいので来年もフル走ります~!

今年の更新はこれが最後になります。

そして、2008年からブログを引っ越すことにしました。(まだ準備中です)
いつも遊びに来てくれるみなさまのところにはURLをもって足を運びます
ので、来年も変わらずあそびにきてくださいね。

今年もありがとうございました!
コメント (14)

第35回ホノルルマラソン 22~26.2マイル

2007-12-27 | run
22~24マイル(38.4km)、ハイウェイをおりてカハラの住宅地を
ぬけてダイアモンドヘッドの上り坂手前までのコース。

沿道応援のすくない無機質なハイウェイをおりると、にぎややかなバンドの
演奏が聞こえてきました。旅行会社やスポーツクラブの「がんばってくださ
ーい」という声援も大きく聞こえ、関係のない私も元気をもらってRunRun。

カハラではビデオやカメラが多く、後日オリジナルDVDや画像データを購入
しようと思っていたわたしはカメラのたびににっこり。ピース。ALOHA~の
ポーズでRunRun。あっという間にカハラエリアの2マイルは終了し、いよ
いよダイアモンドヘッドの坂に突入。前のランナーが上の方に見え始めました。

24~25マイル(40km)、レース最大の難所、ダイアモンドヘッドの上り坂。
実際走ってみたら、シュミレーションよりもきつくなかったです。
といっても足は重く決して楽じゃないけど、歩かずローギアでRunRun。
坂をのぼりきるあたりで、きれいな海を眺められるところに出るのですが
雲っていて海がきれいなブルーに見えなかったのが残念。

25~FINISH(26、2マイル=42、195km)
残り3kmをきったところで体力の見通しがたったので、ペースアップして
RunRun。最後の1マイルは2分以上縮めて走ることができました。

最後の記憶が非常にクリア。前にいたランナーの後姿、坂の途中で雨が降り
始めたこと、滑らないようにすごく慎重に足を接地したこと・・・など、
どれもよく覚えてます。

下り坂が終わると、FINISHラインの見える最後の直線コース。
ここは練習でも走ったことがある!あと800m!わたしゴールできる!
わーいわーい!・・・自分のなかで舞い上がっていました。

直線コースに入ってすぐの沿道で、有森裕子さんを発見。
うれしくて近づくとハイタッチしてくれました。
「あとちょっと!がんばって!」と声もかけてくれて。うれしかった~。
(ちなみに前々日、ゼッケンに有森さんのサインをいただいてたんです。)

FINISHラインに近づくほど沿道の応援もふえていきました。
ドンドン、チリンチリンといろんな楽器の音。
「がんばー」などなどたくさんの声援。

一生懸命走ってるけど前に進まないような進んでるような不思議な800m。
そして夢ごこちのなかFINISH☆

感想はまた後日書きます。
コメント (8)

江ノ電でお散歩

2007-12-26 | diary
新江ノ島水族館へ。
新しくなってからはじめて&古いほうをふくめても約20年ぶりに
足をはこびました。

当然きれいになっていたし、ペンギンもいるから大満足。
時間がなくてイルカショーが見れなかったのが残念だったな。


ゆらゆらゆれるブルージェリーフィッシュに癒されました。


ランチは、念願のnadiaへ。
シェフ原優子さんのお料理を鎌倉の古民家を改築したお店でいただけます。

前菜はトリッパ
パスタはあさりとドライポルチーニ茸のリングイネ
メインは庄内牛のグリル

トリッパはハチノスの臭みがなく、かむと広がる旨さとハーブの香りがおいしい!
ボンゴレは塩辛くて私の口にはあいませんでした。しょっぱい焼きうどん風・・・
パスタがくっついて茹で上げられていて芯がのこっていたのもマイナスポイント。
庄内牛は筋っぽかったです。パスタとメインはハズレを選んでしまったのかな。

でもまた来たいお店。
ほかにもいただきたいメニューがたくさんあったし、隣にオープンする
ワインバーBeau Tempsも気になる。あさってオープンです。



画像はお伺いしたら「あまり・・・」とおっしゃられたので控えました。
コメント (2)

’O Pulecenellaでクリスマスディナー

2007-12-22 | delicious
数年ぶりに’O Pulecenellaへ。
気づけばクリスマスホリデーなんですね。
メニューはクリスマスディナーのみで、予約時間も2部構成でした。

キャンドルだけの照明で店内はムーディー。(画像わるくてごめんなさい)




付だし+食前酒にスプマンテ

生うにのカクテル、根セロリのムースとトマトの透明なジュレ


冷菜+ここからは白ワイン

車えび、つぶ貝、ヒイカ、真だこのサラダ

温菜

フォアグラとちりめんキャベツのテリーナ

パスタ

ホロホロ鳥とリードヴォーをつめたトルテッリーニ 

ピッツァ

水牛のチーズとリコッタチーズのカルッツォーネ


メイン+重い赤ワインも (真っ黒けでごめんなさいー)

熊本産猪肩ロース肉の赤ワイン煮込み

ドルチェ+エスプレッソ

ガナッシュ、バナナムースをつめたコルネ、イチゴのソルベ

温菜のフォアグラは文句なし!ほっぺがおちそうでした。
はじめていただいた猪は獣臭さがあるかと思ったけど、そんなことはまったく
なくフィレ牛っぽい口あたりで満足まんぞく。バナナムースはふわふわで
舌の上でとけてしまいます。バナナそのものの甘みでまいうーでした。

どれもおいしゅうございました☆
コメント (4)

第35回ホノルルマラソン 18~22マイル

2007-12-18 | run
18~22マイル(35.2km)、またまたハイウェイ。
ノリノリのYMCAにパワーをもらってから単調コースへのりこみます。
左ひざと左足首が痛い。痛いよ~。でも、ここまで目標どおりのタイムで
走れていたので、心持ちはるんるんでした。

「魔の30km」を通過し、気をひきしめてRunRun。
いつ私の足は止まってしまうのだろう・・・と、そんなことをたまに
思うようになりました。未知の世界を走り始め、不安もよぎります。

ここでハプニング。
時計を誤操作し、今までのタイムをオールクリアに!
ケガや病気でないからよかったけど、これがゴール後まで引きずること
になります。これは本当にかなしいハプニング・・・

目標タイムまでのプランが見えなくなってしまって、さらに長く感じるハイウェイ。
「わたしの足、がんばって」と心の中でぶつぶつとお願いしながらRunRun。

高石さんがレース前日のセミナーで「自分の足にゴールまで連れていってもらう」と
おっしゃっていたのがすごく印象的で、そのお話を思い出していました。

そいえばここでもすこし雨がふりました。

給水所でビニールにつめた氷が用意されるようになり、アイシングする
Runnerたちも。私もゲータレードを飲んで膝をアイシング。
そして膝とアキレス腱のまげのばし。足首の側面は痛くてのばせなかった。

給水のあとの走り出しの1歩を重く感じ始めたのは、33kmを過ぎたころ
だったと思います。とにかく歩かずに走り続けたい。「がんばってゴールに
連れてってね」とお願いしながら重い足を前にだす。

がんばれー足たち!
頭の中にZARDの「負けないで」が流れてきました(笑)。

1マイルごとのラップタイムは前半より2分くらい多くかかってRunRun。
ただ前へ前へ。無意識に走っていたハイウェイの後半。

ハイウェイをおりる地点で、のこり7kmだから皇居1周半ほど。
この調子だとエネルギーがもちそう。とまらずに走り切れそう!
見通しがたち、うれしくなりました。

次はホノマラ最大の難関へ突入します~。
コメント (2)

第35回ホノルルマラソン 9~18マイル

2007-12-18 | run
ダイアモンドヘッドの下り坂から道幅が広がり、日もあがってきたので
視界良好。のんびりペースで坂を下りました。

9~11マイル(17.6km)、ダイアモンドヘッドをぬけてからハイ
ウェイまでの2マイル。じつはここの記憶がほとんどありません。
ずっと住宅街だったかな。

次のハイウェイで長谷川理恵さんや浅井えりこさんとすれ違えることを
たのしみに「はやくハイウェイに!」「もうTopRunnerは行っちゃったか
な?」そんなことを考えながらRunRunしたことだけ覚えています。

11~15マイル(24km)、やっとハイウェイです。
長い直線&景色も単調なので「つまらない」といわれるコース。
ここでのたのしみは速いRunnerたちとすれ違えること。

私が確認できたのは、高石さんとNikeブースでお世話になった
お兄さんのみ。理恵さんに会いたかったな~。

13マイルあたりでHalfを通過。ここで自己最長距離へ突入!
未体験ゾーンをわくわくしながらRunRun。それとおなじくらい
もうすぐハイウェイからおりられる~というよろこびも(笑)。
このころからノーマークだった左足首の痛みが気になり始めました。

15~18マイル(28.8km)、ハイウェイをおりてまたハイウェイ
にのるまでの折り返しをふくむ区間。高級住宅地ハワイカイを周遊する
コースです。

沿道応援にとぼしかったハイウェイをおりると、大きなスピーカーから大音量
のYMCAが聞こえてきました。ヒデキのじゃなくて英語のほうです。
ノリのいいRunnerたちは両手でおおきくY・M・C・Aしながら通過♪
わたしもテンションがあがりました。足は痛むけどたのしくRunRun。

ハワイカイに入ってすぐの給水所では、きれいな水辺を眺めることができた
のでそこでストレッチ(アキレス腱と膝のまげのばし)。
歩かずに走り続けたいから、ストレッチを取り入れ始めました。

ひさしぶりに沿道がにぎやかになり、チョコなどをふるまっっている人、
生バンドの演奏などがあって楽しかったです。そうこう走ってるとまた
またYMCAが聞こえてきました♪

次回はハイウェイの復路から。
「魔の30km」まであと1.2km。ゴールまであと8.2マイル。
コメント (2)

クリスマス会

2007-12-17 | diary
きょうは朝から用事でばたばたと移動。新横浜そして東京へ。
そして皇居をのんびりお散歩。
丸ビル周辺ではパンジーのツリー作成中でした。

夜は大学時代の仲間が横浜に集まってクリスマス会。
プレゼント交換をしたくてクリスマス会にしたけれど、来年の抱負を
ひとりずつどうぞ~なんてトークもあったので「忘年会」でもあり。

年を重ねると環境が変わって、みんなの顔が同時にそろうことって
少なくなるけれど、結婚したメンバーが2人いたおかげか今年は
集まる機会が多かったな。うれしいうれしい。

来年もたくさん会えますように。
コメント

第35回ホノルルマラソン スタート~9マイル

2007-12-14 | run


0~4マイル(6、4km)は官庁街もあるダウンタウン。
ここを通る時間はまだ暗いのでクリスマスのきれいなイルミネーションを
たのしむことができます。アメリカンサイズの大きなサンタやツリーの
イルミネーションがたっくさんありました。色もポップでかわいい☆

そしてここでも雨がちょっと降りました。もう体が温まっていたので
走ることへの心配を感じることはなかったなぁ。イルミネーションを
撮るときにカメラがぬれるのが気になったけど(笑)走ること以外を
心配できる=まだ体力に余裕アリ。たのしくRunRunしていました。

4~6マイル(9.6km)はアラモアナ大通りとカラカウア通り。
ワイキキビーチをのぞむ華やかな通りは、さすが沿道応援も華やか。
大勢の方が掛け声をかけてくれたり、旗をふったり、ベルを鳴らしたり、
さまざまな応援をたのしめます。こちらも「フーーー!」と応えたり。
まだまだたのしくRunRun♪

6~9マイル(14、4km)はダイヤモンドヘッドのアップダウン。
最初の難関ダイアモンドヘッドの上り坂が2km(くらい?)続きます。
ここで車椅子ランナーの先頭選手とすれ違いました。
かなり高速で過ぎ去る姿、格好よかったです!ここでもわくわく!

坂をのぼりおえた私の足はまだ元気でした。
道幅が急にせまくなったので前がつまって自分のペースで走れなく
なったけど、坂だし、のんびりRunRun。
ここでSunrizeのはずだったけど、曇っていたので拝めず。
ぼわ~んと空が明るくなってきたのはダイアモンドヘッドを下る
ときでした。

今日はここまで。ゴールは26.2マイルです。
コメント (6)

第35回ホノルルマラソン 起床~スタート

2007-12-12 | run
今回のレースでは、友人はじめブロガーのみなさんのコメントに
とてもはげまされました。本当にありがとうございました!!

結果から言うと、無事に完走できました。
笑顔で、ぴんと両手をあげてフィニッシュ。色々あったけど、とにかく
とても楽しい42,195kmでした。当日レポは記録のためにも
詳しく書こうと思うので、興味のない方は読み飛ばしてくださいね。
まずは「起床~スタート」です。


1:30、起床。
19時にベッドに入って体を休ませていたけど、緊張と不安で1時間半おき
に目がさめていました。でも寝不足感は感じなかったです。

まず朝食を。
おにぎり2つ、バナナ2本、パワーバーにパワージェル、パパイヤに
オレンジジュース、アミノプロ、水・・・とにかくエネルギー切れに
ならないようにとたくさん詰め込みました。よく噛むことを忘れずに。

身支度をして、スタートライン近くのホテルへ移動。
旅行会社がバンケットルームを借りていて、そこでインストラクターの
指導のもと30分間くらいのストレッチ。ここでもバナナをもぐもぐ。

「We can do it!」の掛け声でプチ結団式。
ツアーが一緒なだけで面識のないひとばかりだけど、そのときは同じ
目標をもつ「仲間」になっていい雰囲気。
未知の世界へ挑戦することにわくわくする気持ちがふくらみました。

4:20、スタートラインへ移動。
ホテルエントランスを出ようとすると、ざーざーと土砂降りの雨が!
雨のレースになっちゃうの?不安がこみあげました。
と思っていたら、5分くらいでやんでくれたのでひと安心。

4:30、気を取り直してスタートラインへ。
27829人のRunnerたちがまだ暗いアラモアナ大通りを
ぞろぞろと大移動しているのはなんとも不思議な光景。
いくつものチームが道端で結団式をしているのもまた不思議。

「ゴールタイム4時間から5時間」のスタートラインに。
ちなみに私の目標タイムは5時間15~30分。

4:45、ここでまたバケツをひっくり返したような雨が。
雨宿りするわけにもいかず、ただ雨にうたれるRunnerたち。
ほとんどの人が寒さ対策のため合羽を着用していたけど、シューズの中は
ぐしょぐしょなはず。わたしもそうでした。スタート直前に雨はやんだけど、
路面のコンディションは滑りやすそうだし、水溜りがあちこちに。

5:00、スタートです!
アラモアナ公園の先から花火が打ちあがります。すごくきれいでした。
Runnerたちのテンションは一気に最高潮。奇声があちこちから(笑)。
人の多さに走れないので、スタートラインまではゆっくりと花火を楽しみ
ながら歩いて進みました。

5:10、スタートライン通過。
いよいよわたしの42、195kmもスタートです!最高にわくわく!
スタートラインをきってもしばらく走れないと聞いていたけど、意外に
空いていたのですぐに走りだしました。スタートの盛り上がった雰囲気に
心をおどらせ、沿道応援に手を振りながらゆっくりRunRun。
うかれて転ばないよう、暗い足元を注意することも忘れずに。


今日はここまで。
さきほど帰宅しました。
スーツケースの整理をして、夜ご飯はネギトロ丼。
明日から仕事なので、はやめに休む予定。
その前にねこと遊ぶかな~。
コメント (10)

いよいよ前日です!

2007-12-09 | run
明日、日本時間の10日午前0時がホノルルマラソンのスタートです。

はじめての42、195kmへの挑戦。
いままでは楽しみな気持ちだけだったけど、コースを下見したりフルの
過酷さをシュミレーションすると不安がこみあげることも。
本当にわたしが完走できるのかな。

長谷川理恵さん、高石ともやさん、浅井えりこさん、みなさんのお話を
聞いて感動。実際ゴールしたとき、泣いてしまうかも。

5時間以上のRunになるでしょう。
とにかく完走目指して走ってきます!

・・・コメントへのお返事、遅くなってごめんなさい。必ずしますので!
コメント (6)

ホノルルに着きました。

2007-12-07 | run
今朝8時ころ、ホノルルに到着しました。

午前中はコンベンションセンターへ。
まずはルアウ(ホノマラ前夜祭)に申込み。
そのあとNIKEブースを満喫。
ホノマラデザインのかわいいウエアがたくさんありました。

アラモアナへ移動してパンダエクスプレスでランチ。
そのあとアバクロとホリスターでお買い物。

一度ホテルへ戻ってチェックインと着替え。
ゼッケン引換証をポーチにつめ、コンベンションセンターまで
RunRun。17分だったので2キロくらい走ったかな。

ゼッケンを受け取り、再度NIKEブースへ。
3分間Runした後姿を録画して、本人の走りのクセを指摘
してくれるという無料イベント。私は左足の接地を指摘されました。

ランニングウエアのままババガンプへ。
エビのビール蒸しに舌鼓。

気圧が不安定で、たびたび強めの雨が降るワイキキ。
風も強いです。レース当日のお天気が心配。。。

画像は帰国後にUPします。
コメント (9)

締めくくりの会

2007-12-03 | diary
仕事を終え、会社の締めくくりの会に某ホテルへ。

ブッフェのローストビーフにフルーツにと舌鼓。
毎度気がすすまない会なのだけど、楽しかったのは同期との
2次会。いろいろ話せて心強い存在だなーと感謝。

もつべきものは友ですね。
体調悪いのに付き合ってくれてありがと!>Kちゃん
コメント

勝負服!

2007-12-01 | run
おやすみ。
渡米前最後の休日。

ネイルサロンへ。
クリアパールベースに、先端は白いホログラムに。
12月にしていただいたからか、ホログラムが雪に見えます。

ゲウチャイでランチ。
センレックナームガイ(さっぱりチキンスープの汁そば)を頂きました。

お腹が満足したところで日比谷のアートスポーツへ。

まずはウエア選び。
お祭りなホノルルマラソンだからかわいいウエアを着たかったけど、
気に入るデザインがありません。というわけで勝負服は機能重視。
CWXのハーフ丈とNIKEのショートパンツとノースリをチョイス。

Runのお供選び。
ポーチも新調。あとはパワージェル、パワーバー、ソルト、粉末スポ
ーツドリンクを。次はサングラスがほしいな。

夜は疲れてRunできず。
明日にそなえて早めに休む予定です。
コメント (4)

冬の考課

2007-11-28 | diary
考課面談でした。

周り(特に上司)への仕事ぶりの見せ方って大切なんだな~と
いつも思わされる考課。現場にしてみたらくだらないことが
評価の基準だったりするんですよね。うちの会社だけかしら?

復職して2度目の考課は、自己評価よりすごく低かったわけじゃ
ないけど、もっとがんばれー的なもの。

私としては、今の職場の一員になれたって実感できたところで
やっとフラットな心もち。10ヶ月が経ちました。

今日はあたたかい横浜。
仕事帰りにマフラー手袋は要りませんでした。
コメント (6)

準備に追われる!

2007-11-26 | run
おやすみ。
昨日23時に寝たので5時に目が覚めました。
でも頭も体も動かない。外は真っ暗だし。
仕事の疲れがたまっています・・・

11月のスケジューリングは失敗したなぁ。
体力を過信してオーバーワークになってしまいました。
こんな組み方、もう2度としない!

お昼過ぎまでうだうだして、野菜ジュースにクルミパイ、チーズを
たべて、もう1度寝たいところだけど、手を付けられなかったホノ
マラの準備をあれこれと。

まず病院へ。
トレッドミルの練習に変えて回避した膝の痛みが、上尾ハーフで
復活ぎみ。テーピング方法を教えてもらいました。

それからドラッグストア。
ワセリンとキネシオテープを購入。

タワレコ。
Run用のCDを物色。

お腹が空いてmango tree cafe
カオマンガイを頂きました。タイ風チキンライスです。
ナムチムはナンプラー・唐辛子・にんにくかな。

スポーツショップのはしご。
ウエアとポーチを探し、サングラスを試着。

ホノマラまで2週間をきりました。
渡米まであと10日。
出発前の休日はあと1日だけ。

コメント (4)