☆じゅうべえの健康手帳☆

じゅうべえの健康管理のための記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013.7/6 心臓検査(心臓エコー&血液検査)

2013-07-14 17:04:50 | 日記
7/1 雷後遺症の下痢がまだ完全回復ではないため通院。
お薬1週間分を処方してもらう。
落ち着けば途中でも止めて良いとの事。
その時に「心臓の雑音が少し前より進んでるようだ」と言われ、次回に心臓超音波の検査で詳しく調べる事に。

7/6 お腹は落ち着いたけど、皮膚(首の上)にカイカイ発見。
念のため塗り薬もらい、心臓エコー検査もお願いする。
じゅうべえ預けて、夕方お迎え。
結果。
エコーで、心臓肥大(左心房が健康な子の1.5倍位になっている)が認められる。
血液検査で、腎臓の数値のBUN(尿素窒素)が40.7(基準値は9.2~29.2)と異常値なのは
腎臓そのものの数値(Na,K,Cl)は異常なしなので、腎臓自体には問題無しで、心疾患から来るものだそう。
咳などの自覚症状は無しだけど、左心房が大きくなっていることで以前より心臓に負担かかっているので
お薬追加となりました。

「ピロラクトン」を朝晩に1/4錠。
極微量で軽い利尿剤。
左心室の血液を全身を巡る血管に送り込む働きがある。
このため、左心房から左心室へ血液が流れて左心房の肥大を抑えるように作用してくれる。
ただ、薬の作用で、血液中のカリウム濃度が高くなりすぎないようモニターするので
1週間服用後再チェックが必要。

7/13 薬の作用チェックで血液検査。
Bun数値、40.7→34.8
ナトリウムやカリウムも問題無し。
なので、この量で服用を続ける。

※この日は他にも皮膚の状態が悪くなっていたのでそちらも診てもらう。
下唇の下も皮膚炎症なので、口元の毛を短くカットしてもらう。
抗生剤の内服処方。

その2日前の11日の夜は、食欲無くお腹の様子も変だったので夜間診療で点滴、注射処置。。
翌日も吐いて軟便。
まだ、お腹の具合も完治じゃなかったみたいで。。

14日の朝、ハナマルウンPで、食欲も戻っている。
相変わらず、ちょっとした物音に過敏になっている。
いったん、「怖いスイッチ」が入ると、なかなか抜けないので大変です。