☆じゅうべえの健康手帳☆

じゅうべえの健康管理のための記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013年☆春の検診

2013-04-05 21:47:44 | 日記
4/4、ぽかぽか陽気の中、通院day。
お腹は、もう大丈夫。お耳も落ち着いてきてるけど、念のため診てもらいます。
耳の奥に毛が密集してるじゅうべえ。
苦手な耳毛抜きの処置。「注射よりも嫌いでごじゃるー。。」
内服薬は終了となりました♪

先日の春の血液検査の結果。
ほぼ問題無しだけど、経過観察的事項が2つ。
まず1つ目は。

オプションで受けた「T4」甲状腺ホルモンの検査。
これは、2009年の8月、じゅうべえの体調がすごく悪くなった時に、前の主治医の先生が
「じゅうべえちゃんの皮膚症状や体重などで、甲状腺機能低下症の心配も考えられるので」と言われ、検査したのが初めてです。
その時は「遊離T4」検査で、値が1.1(基準値0.9~2.4)でした。
基準値スレスレって事で、その時は様子見でとなりました。
で、その後、体調も回復し体重も増えて元気になり、去年の値は「T4」検査で1.8(基準値1.1~3.6)でした。
それが、今年の春は0.8と基準値を少し下回っていました。
この数値だと、投薬(ホルモン剤治療)するかどうかギリギリのグレーゾーンらしいです。

「甲状腺機能低下症」
甲状腺ホルモンは全身に作用するので、不足により症状は様々。
じゅうべえの「外耳炎をくり返す」のも症状の一つの可能性も。

今のところ、気になる症状は、これくらいなので(元々、じゅうべえは、まったり系で動きにメリハリさほど無いので
全身症状はわかりにくいのね)3~6ヶ月後に再度、測定してみると言う事で経過観察です。

2つ目は。

「尿素窒素」が34(基準値8~32)とこれまた微妙な数値。
ただ、去年も38という数値なので、先生が言うには、じゅうべえの体質的なものかもとの事。

「尿素窒素」
血液中に含まれる尿素量。腎機能の指標。腎不全、火傷、消化管出血、高蛋白食接種等で上昇。

注意してみるのは、水分摂取量とおしっこの量。
水をガブ飲みして、薄いおしっこを多量にする時は注意らしいです。
その様子は、全くないので、こちらは、心配なさそう。

というわけで、気になるのは「甲状腺ホルモン」。
再検査で、数値が良くなってるといいな。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« お耳とお腹 | トップ | 2013年4/24早朝の痙攣発作 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事