愛・里山  ~クワガタ・カブト飼育の記録~

50歳から始めた!アンタエウス、クルビデンス、国産オオクワガタ、外国産オオヒラタ・ヘラクレスなどの飼育日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オスのヘラクレス羽化していた。

2019-04-06 18:21:45 | ヘラクレスオオカブト

メスはポチポチ羽化して来ているのだがオスはなかなかハッチして来ません。

全く動きがないのとマットが乾燥していたので、「もしかして死んでるのか?」と不安になり、12L容器を掘ってみるとポコッと空洞が開き、オスのDHHヘラクレスが姿を現しました。

先の1頭目よりも体が太くて大きい! 体色はわずかの間に黒からオリーブ色に変化してきました。

 

いつもながら微妙なサイズですね。150Upして欲しかった。

 

この頭角の先の垂れているのが損しています。でも強そうだぞ・・・。

取りあえず霧吹きをして埋め戻しておきました。

私が自力ハッチにこだわるのは、今までオークションで購入したクワガタやヘラクレスで、後食を開始していない個体にエサを与えると突然死してしまった経験からです。

まだ体の内部が完成していなかったからではないでしょうか?

 

以前、購入したヘラクレスのオスがケースから脱走し部屋から忽然と消えてしまった事がありました。しばらくして、ティッシュの箱の中に潜り込んでいるのを見つけました。ティッシュの下に隠れているのでわかりませんでした。

体が出来て頭角が少し突き出ていて気が付いたわけです。

確かに動きが出始めると発送容器の中で暴れて頭角が折れたりとかがあるので後食前に出品するのでしょう。

この辺りは理解できます。

 

 

 ラベル撮影を忘れましたが、最終計測体重は86gで、先のと同じくオークション購入の幼虫を羽化させたものです。

 

コメント

スマトラオオヒラタ羽化

2019-03-19 20:54:20 | スマトラオオヒラタ

昨日のことですが、スマトラオオヒラタの後発組が羽化していました。

9月~10月にかけて羽化してきた子達からは半年遅れての羽化です。

65gまで育ったのを羽化用に粗目のマットに入れていました。朽木の粉砕マットです。

横幅があるので大きく見えましたが、サイズは97.5mmで、先発組とそれ程差は有りません。

粘った分だけ大きく羽化するかと期待していましたが、少々期待外れでした。

しかし、飼育を始めた頃とは各段の大きさです。

この角度だと凶暴に見えます。この顎には挟まれたくはないですね。

親は本日確認すると、入れ違いでお亡くなりになっていました。南無・・・

アゴは太くて短いように見えるので、体長では損していますね。

初令で1本目の菌糸瓶投入後、ちょうど1年と3ケ月で羽化してきました。

 

コメント

DHHヘラクレスオオカブトの羽化

2019-03-19 20:31:59 | ヘラクレスオオカブト

先程、虫部屋チェックのため2階に上がると、ヘラクレスの飼育容器に挟んであった新聞紙がビリビリに破られていた。

蓋を開けてみると、横幅のある♂が羽化していました。

もう一度マット交換するつもりで半分しかマットは入れていなかったのが蛹部屋を作ってしまいましたが、147.6mmのサイズはなかなかのもの。

胸角もスラリと伸びていて完品の個体です。

まだ大人しいというのか、疲れてしまったのか?

サイズの測定は容易でした。

こういう角度がカッコイイですね。

最終交換時の体重は103gと大したことはありませんでしたが、良血なのが幸いしたのかもしれません。

ついでに、

マット交換しようとしたときに蛹で掘り出してしまったので、小さなタッパーBOXで羽化したメスです。

まだ動きは見られません。そろそろオガクズに埋めてやらないと、このBOXでは暴れた際に符節が取れかねません。

春分も近づいているので出てきたのでしょう。

コメント

アルキデスオオヒラタの羽化

2019-02-01 15:55:28 | アルキデスオオヒラタ

年末から風邪をこじらせて1月中旬位まで体調不良でした。

写真の撮影は1月20日ですので、少し前の撮影になります。

我が家のアルキデスオオヒラタは半分くらい羽化しましたが、♂は全部ド短歯です。

サイズ的には80~85mm程度です。マット飼育だとこんなサイズになるのでしょうかね?

胸幅が40mm越えるようなアンバランスなのを期待していましたがうまく行きませんでした。

残りの粘っている子達に期待はかかります。

やっぱり、こんなド短歯より中歯くらいの方が見栄えがいいなあ・・・。

22℃程度の温度管理だと大あごは、こんなに短くなってしまうことが分かりました^^;

ミヤマと同じ18℃が良いのでしょうか???

コメント

ヒラタケ植菌エノキ材からキノコが発生!

2019-02-01 15:30:53 | 飼育用品

もう3年くらい前から菌を回していたエノキの産卵木から見事なヒラタケが発生しました。

庭にあるエノキの直径15~20cm太めの枝を切り落としたものを切断した後、

大鍋で30分ほど煮てからビニールで包んで冷ましたものをダンボール箱に放り込んで積み上げていました。

時々は指で押してみたり、クギを刺してみたのですが、結構固くて失敗したのかと思っていました。

以前も試みましたが、その時は植菌した後、ゴミ箱にバーミキュライトを入れて埋め込んでいたのですが湿度が高すぎて1年でボロボロになって失敗しました。

ビニールをはがしておいた方がキノコが出やすいみたいで、暖房なしの部屋の空気に晒していたら見事にヒラタケが生えて来ました^^

このヒラタケはこれからキノコが大きくなろうとしている所ですね。

もともとは、オオクワガタの産卵に使う計画なのですが、川西産のオオクワガタは2本目の菌糸瓶を食べているところで、まだ産卵は1年以上先になります。

「キノコを2~3回収穫したらオオクワガタの丁度いい産卵木になるのではないか?」と考えています。

今日の晩酌のあてはヒラタケのバター炒めにしようと思います! 当分ヒラタケは食べれそうです。

 

コメント