ストロベリー・スーパーソニック

ハンドメイド作品とワークショップ &ベリーダンス教室
ストロベリーのお部屋

自己紹介しておきます!

2012年12月01日 | 自己紹介
軽く自己紹介しておきます

本業は美術家で 発表したり授業したりセラピーしたり
ベリーダンス踊ったり教えたり(笑)です
     (ベリーダンスのブログは http://blog.goo.ne.jp/549strawvery)

お年頃の娘と息子が一人ずつ 夫が一人 猫が二匹の家族構成です


 前本彰子 (まえもとしょうこ)

現代美術作家。
‘81年からアーティストとして多くの人々を魅了する色鮮やかな作品を 銀座を中心に国内外で発表
横浜のBゼミスクールで「前本ゼミ・現代美術演習」で常勤講師、
多摩美術大学油画科で非常勤講師、
都内の精神科クリニックでアートセラピー・ワークショップなど各所でユニークな授業やゼミを展開。
講義は京都精華大学、金沢美術工芸大学、オーストラリアNSW州美術大学など各所で多数。

著書にキューティ・コミックに連載されたものが単行本になった「実践!ゼッタイお姫さまゼミ」宝島社 や
「現代美術演習 2」 中村一美、岡崎乾二郎、前本彰子の演習収録 現代企画室発行
「一緒にいこうパラダイス」 株)リブロポート
「自分を輝かせる25のちょっとした方法」 株)宝島社
「つまらない毎日を変える26の方法」 株)大和出版 などのエッセイがあります。
でもほぼみんな絶版なのでご興味のある方はAmazonなどで探してみてください(笑)

で、ここでやろうとしているワークは これらの授業やゼミの中から
心の奥底にストンと入り込むような
もしくはじわ~っと後から効いてくるような
そういうものを選りすぐって 集まったメンバーの様子を見ながらそのつどアレンジしていきたいと思っています

終わったあと ハートがぽかぽかしてきたり
ああそうだったんだ と 何かに気がついてもらえたら 
そんなに嬉しいことがございません


では 以下は長ったらしいのでご興味ある方だけどうぞ
展覧会の経歴です(歳がバレちゃう)



 作家経歴

  前本彰子 shoko maemoto 

現代美術作家 石川県生まれ
1979 京都精華短期大学 絵画科卒業
1980 京都精華短期大学 絵画専攻科卒業
1982 横浜 BゼミScool終了

 個展
1983 「宝珠夜会」コバヤシ画廊、銀座 東京
1984 「不凍港」 コバヤシ画廊、銀座 東京
1985 「言魂姫」 ギャラリー手、銀座 東京
1987 「逆夢」 ギャラリー手、銀座 東京
1988 「サイキカル・パラダイス」 なびす画廊、銀座 東京
1989  「For S -Double Image」 なびす画廊、銀座 東京
1990  「The Nineties Vol.6--森人へ」 コバヤシ画廊、銀座 東京
      「前本彰子展」 インフォミューズ、東京
1992 「一緒にいこうパラダイス」 コバヤシ画廊、銀座 東京
1998  「聖母の受難」 コバヤシ画廊、銀座 東京
1999  「守護天使」 ハラジュクギャラリー、原宿 東京
2002  「パンドラの箱の中で」 コバヤシ画廊、銀座 東京
2005  「身代わりマリー」 コバヤシ画廊、銀座 東京


 グループ展
1981 「ニュ-ペインテッド レリ-フ パート2」 Gアートギャラリー、銀座 東京
     「ハッピ-ア-トVol 4--太陽の子供たち」 村松画廊、銀座 東京 
     「New Air Generation」 神奈川県民ホールギャラリー、神奈川 
     「表現の布置展」 横浜市民ギャラリー、神奈川
1982 「グループ Y Vol .1 --範疇まちがいの神々」 村松画廊、銀座 東京
     「かたちへ かたちから」 村松画廊、銀座 東京
     「グループ Y Vol .2 --ダイナマイトエキシビジョン」 村松画廊、銀座 東京
     「第18回 今日の作家展 ノヴェンバー・ステップス」 横浜市民ギャラリー、神奈川
     「女の子は水でできた身体」(吉澤美香と) ギャラリィK、銀座 東京
1983 「臨界芸術 ’83年の位相展」 村松画廊、銀座 東京
1984 「掘浩哉+前本彰子展」 ルートギャラリー、田園調布 東京
     「第五回シドニー・ビエンナーレ」 NSW州立美術館、シドニー
     「グループ Y Vol .3 」 村松画廊、銀座 東京
     「グレースケール展」 ギャラリー手、銀座 東京
     「クリエイティブ ’84 十人の女性画家」 有楽町マリオン朝日ギャラリー、東京
1985 「平面、立体展PART 2」 渋谷西武美術館画廊、渋谷 東京
     「アートフェア ’85」 東京セントラル美術館、銀座 東京
     「臨界芸術 ’85年の位相展」 村松画廊、銀座 東京
     「Art in Front ’86 世紀末芸術の最前線」 スパイラルガーデン、青山 東京
     「monologue-dialogue」(戸谷成雄と) なびす画廊、銀座 東京
     「現代のアミュレット展」 (北辻良央、彦坂尚嘉と) ギャラリー手、銀座 東京
1987 「現代作家立体小品展ー壁」 ギャラリーマロニエ、京都  
         ワコール銀座アートスペース、銀座 東京
     「もの派とポストもの派の展開ー1969年以降の日本の美術」 西武美術館、池袋 東京
1988 「Black Box ゾーン」 スパイラルガーデン、青山 東京
     「Art in Bookshopーアルケーとバイオ」 渋谷西武ロフト館 カンカンポア、渋谷 東京
1989 「Against Nature:Japanese Art in the Eighties」 
         サンフランシスコ近代美術館 ほか全米七ケ所巡回
     「日本現代版画展ー12人のプリントワークス」  文健芸廊 台北、  
         モーリギャラリー 大阪、 Heineken Village 原宿 東京
1989 「Japanese Contemporary Art in the  80's 90年代へのプロローグ」
         Heineken Village、原宿 東京
     「美術の国の人形たち展」 宮城県美術館、仙台 宮城
     「現代のヒミコたちー新しい造形を求めて」 福岡IMSビル、福岡
     「Take Art Collection」 スパイラルガーデン、青山 東京
     「16人の女性アーティストによる新造形展」 ニッケコルトンプラザ、千葉
     「S to Sー舞い降りたひとつの意志」(仁科茂とのコラボレーション) 
      Heineken Village、東京+三菱アルティアム、福岡
     「三人展」 大阪なんばCity、大阪

1990 「The Eighties 出版記念展」 コバヤシ画廊、銀座 東京
     「Box Art of '90」 Heineken Village、原宿 東京
     「記号の森・現在の美術-Woman Arttists of the Day」 IMPホール、大阪
     「Confirm ’90 vol .3」(笠原恵美子と) コバヤシ画廊、銀座 東京
     「Take Art Collection」 スパイラルガーデン、青山 東京
1991 「箱の世界展」 水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
     「東京アートエキスポ 1990 JapaneseArt Scene ’90」 東京国際見本会場、銀座 東京
     「アートと日常のダイアローグ」 近鉄阿部野美術画廊、大阪
     「Against Nature:Japanese Art in the Eightiesー帰国展」 ICA Nagoya、名古屋
     「The Nineties ドキュメント展 Part 1 」 コバヤシ画廊、銀座 東京
     「”風”の造形展」 すみだリバーサイドホール、墨田区 東京
1992 「旬々祭々」 ギャラリーぬまた、茨城
     「四月のおくりもの」 なびす画廊、銀座 東京
     「魔女たちの舞踏会」 すみだリバーサイドホール、墨田区 東京
1995 「Massege '95」 コバヤシ画廊、銀座 東京
1997 「ON THE WALL」 ギャラリーマロニエ、京都  ワコールアートスペース、銀座 東京

2000 「立川国際芸術祭2000ーLIVE」 ファーレ立川、東京
2001 「あるコレクターが見た戦後美術」 群馬県立美術館、群馬
2005  ―――黒川潤とグループ・DARK SEED 結成
2006  DARK SEED :01「Welcome to your darkness」(黒川 潤と)GALLERY銀座フォレスト・ミニ、東京
      DARK SEED :02[From The Seven Depth」 (沖 啓介、加藤 崇、黒川 潤、駒形克哉、やべひとみ、
       横山直子と) exhibit Live&Moris、銀座 東京
2007  DARK SEED :03「明けない夜」(中ザワヒデキと) すみれの天窓、新宿 東京
      DARK SEED :04「Darkside Of The Moon」(大村益三、黒川 潤、銀木沙織と)
                  exhibit Live&Moris、銀座 東京
      ―――大村益三と「ラディカル・クロップス実行委員会」結成
2008 「ラディカル・クロップス」プレ展  exhibit Live&Moris、銀座 東京
      ―――加藤崇とコラボレーション・ユニット「influence」を結成
     「influence 展」 exhibit Live&Moris、銀座 東京
     「現代作家立体小品展」PART2 ワコール銀座アートスペース、銀座 東京  
        SPASCE5 マロニエ、京都
2009 「ラディカル・クロップス」1st展  exhibit Live&Moris、銀座 東京
2010 DARK SEED :05「GATE」(大村益三、加藤崇、越田滋、増川寿一と)
        exhibit Live&Moris、銀座 東京



 所蔵
    高松市美術館、香川
      群馬県立近代美術館(寄託)、群馬
      
 映画、舞台美術
1989  山本政志監督 映画「ロビンソンの庭」 一部美術担当
1991  小竹信節演出監督 演劇「新機会劇場」(小竹信節、渡辺誠と) スパイラルホール、青山 東京


 著作
1989  「現代美術演習 2」 中村一美、岡崎乾二郎、前本彰子の演習収録 
         BゼミSchooling System編、現代企画室発行
1992  エッセイ「一緒にいこうパラダイス」 株)リブロポート
2000  エッセイ「実践! ゼッタイお姫さま主義」 株)宝島社
2002  エッセイ「自分を輝かせる25のちょっとした方法」 株)宝島社
2003  エッセイ「つまらない毎日を変える26の方法」 株)大和出版


1986~2004年  BゼミScool常任講師
2001~2005年 多摩美術大学油科非常勤講師
2000~       都内精神科にてアートセラピー・プログラムワークを主催、現在に至る
2008~      ベリーダンス教室「ストロベリー」主宰


でした
 よろしく!


最新の画像もっと見る

コメントを投稿