夜空に輝く「たぬきりん座」。

お勉強ノートとして使ってる旧ブログ。
リンクから新しいブログにもとんでみて☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファシリテーションとプレゼンテーション

2007年02月13日 00時18分54秒 | 失敗失敗。。。
今日はね、ひっさしぶりに会ったお友達と、結構ガッツリめにお話をしてきました。
その子はね、全体を見渡して流れをつかむことが得意な子で、自分が所属しているグループ内でも全体を見て客観視できるところがすごいなぁ。と、私が密かに尊敬している子でもあります。

その子と話していて、最近自身でも自分のコミュニケーションの特徴だなぁと思っていたことが、すごく明確になりました。

それは、自分の話し方が攻撃的であるということ


最近ね、一緒に企画を作っている友達がいて、企画作ってる時の私ってすごくアツくなってるから、話しながら考えとかちょっとまとまってくると自分が感じたことを相手に伝えたい!その反応が知りたい!って気持ちが先行しちゃって、ぶわぁ~っと言いたいことまくしたてて、全部言い終わった時になってそんな自分に気付いて「はっ、またやってしまった・・・」って自己嫌悪に陥るの↓↓

お互いが「私はこう思う!」を言い合ってるうちはそれでもいいのかもしれないけど、友達は私がまくしたてたことを理解しようと一所懸命になってくれてるから、余計申し訳なさでいっぱいになるの

そんな自分に気付いてはいるから、会う度に今日こそは落ち着いて話そう!って決意するんだけど、案の定今日みたいに暴走しちゃう自分がいるのです。。。


私は一応ファシリテーションを学んでいる人間なので。
アサーティブに話し、いかに相手の話を聞けるかが話し合いにおいて重要っての、わかってはいるんだ。
実際にワークショップを運営したのはファシリテーションって言葉知らないときだったけど、今思えば良いファシリテーターであろうと意識して動いていたなぁって思うし、自然にそれができていた自分はきっとファシリテーターに向いてるんだろうなぁなんて思ったりもしてたんだ。

でもね。

どうも、自分はプレゼンテーション気質の人間なみたいなのです。

私はね、みんなの意見をまとめたり、自分が考えてることをまとめて要約するって作業が結構得意で、まとめながら考えた自分の意見ってやつが割とあったりもして、それが良い考えだなぁとかって思うと、早くみんなに聞いてもらいたくてしょうがなくなるのです。


これって、プレゼンにおいてはすごく使える力だと思う。


でもファシにおいては時に邪魔にさえなりうる。



ファシの鉄則のひとつにプロセスをリードし、議論の中身はリードするな。ってのがある。

この言葉最初に聞いた時には、「自分も会議に参加してる一人なのに、なんで意見とか言っちゃいけないの?他の人の話聞いてて『私はこう思う』が見つかったなら、その意見って表出すべきじゃん!」って思ってた。

でも、私にファシの力がないからなのかどうかわからないけど、話し合いに熱中するほど、アツい〝自分の意見〟が出てくるほど、私の態度はアグレッシブになっていく。

ファシリテーターとして未熟な私は、自分の意見をはさむとどうしても場を主観的にしかみられなくなる。


「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」
こういう聞き方をすること=相手の意向も聞こうとしてる。これはファシリテーション。

何となくそう思ってきたけど、どうやらそれは違うらしい。

私の「私はこう思う」は強い。

理論的で、まとまっているだけに。
そしてアツくなっている時の私は、自分の考えを伝えたい!の一心でどうも言葉尻が強くなりがちでもあるからさ。

私がこういう接し方を他者にした時、相手が「自分はこう思う」を返せる相手ならば問題ないのかもしれないけれど、こちらの主張が強過ぎて相手が自分の意見を表出する機会すら与えない可能性も考えられる。

その場合、「あなたはどう思う?」って一応聞く姿勢はとっているけど、それは承認要求でしかなくて、ファシじゃなくプレゼンなんだなぁって今日すごく思ったんだ。


一通り話し終わった後に、相手の反応を見てすごい申し訳なさで気持ちが落ち込むし、自分の言いたいこと全部言い切れてスッキリするはずなのにどーもモヤモヤする今日この頃。


話してる最中、話し始める前にこのことしっかり意識して、もっとゆっくり、相手の反応見て、柔らかく喋れるようになりたいなって思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 12/26『ユーモアの本質~臨床... | トップ | 決意表明。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

失敗失敗。。。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事