若隠居の極真空手珍道中

極真空手の稽古日誌。道場行けない時はジムで筋トレやウエイトリフティングなどなど楽しんでマッスル!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

押忍☆きっかけは自分で作るもの

2016-04-02 20:49:19 | 稽古日誌
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
ご訪問有難うございます。白帯編ももう直ぐクライマックス。
応援よろしくお願いしマッスル💪💪💪


【白帯64】

出稽古

1. 基本

2. 移動

3. 型

4. 三角ミット


・・・・・・・・


今日は初めての先生でした。

準備体操からスピードが速くどうなることかと思いましたが

なんとか最後までついて行けました。


私は審査直前ですが

なんらいつもと変わりません。

審査だからと言って守りに入ったり

稽古日数稼いだり…そんな必要ありません。

いたっていつも通り。


基本で気になったのは

中段外受け&内受けは拳頭が肩の高さ。

移動は前屈立ち蹴りの時は蹴った後

しっかり前屈立ちに戻ること。

型にも通じるけどややもすると

手技と違って足技になると腰が高くなる傾向にある。


移動では後ろ蹴り、掛け蹴り、後ろ回し蹴りを

じっくり稽古しました。

特に後ろ回しは後ろ向いた時の軸足の中足から

蹴り足を抱え込んで蹴り出して刈って戻す。

回ることばかりに頭が行っていたので認識が大きく変わりました。

極端に言えば蹴りの動作は少しの間だけ。

回る時に下から一気に蹴りに行こうとするから

今まで頓珍漢な動きになっていたんだな🙀🙀🙀


型は太極その1、足技太極その1

平安その1、その4の順に行いました。

特に、平安その4の最初の1~4の体の使い方は

今まで間違っていたことがわかりました。

中段受けが出す動きとすれば

上段受けは引く動作。

右と左で引っ張る感じかな。

今まで両方とも同じ向きに向いていましたから😅😅😅


蹴りに関しては体の使い方の重要性。

軸と骨盤。


最後に三角ミットを使って

前蹴り、回し蹴り、横蹴り、掛け蹴り、後ろ蹴り

後ろ回し蹴りを左右交互に稽古しました。

私は後ろ蹴りと後ろ回しで流れが作れなくなり

基本稽古同様、一旦後ろ向きになって

慌てず的を確認してけることを繰り返しました。

一挙動で正確にできるようになりたいです。


まだ出来ないことだらけですが

今日行ったおかげで気づきを得ることが出来ました。

時間の許す限り稽古をする。

量より質とは言いますが

初心者のうちは積極的に稽古あるのみです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【自主トレ】

1. チンニング 15/10/10回

2. スクワット 10/20/20回

今回は軽めにしました。

疲れを残さない範囲で。

審査間近。楽しみです。


押忍