みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

漁民だけの怒りで終わらせていいのか

2018年02月21日 | 憲法守るべし
昨日(2月20日)、三沢米軍基地の戦闘機が燃料タンクを小川原湖に落とした。エンジンから出火したのでマニュアルに従って、「ひと気がないことを確認して湖上に落とした」と司令官は語ったそうだが、冗談じゃない!落下地点から200mのところで漁船が操業していた。小川原湖の漁師は、今シジミ漁の真っ最中の書き入れ時。漁民の怒りは大きい。
日本中どこを探したって、墜落、不時着、部品落下どれにたいしても被害の心配はないという所はない。
先月、たまたま三沢市を訪れた際、タッチアンドゴーの訓練を繰り返す戦闘機のものすごい轟音にびっくりして耳をふさいだことを思い出す。三沢基地では米軍機が燃料タンクを投棄する「事故」が去年もあった。
三沢米軍基地は、朝鮮有事の際には北朝鮮攻撃の最前線基地となる。米朝戦争の危機が高まるなか、軍事基地が生活を脅かす「危険」が日本全国に広がっているが、たぶんこの件でも、政府はいつものように「米軍に原因究明や再発防止」などを申し入れるだけで、それ以上のことは何もしないだろう。もしかすると、政府は、米軍だけでなく自衛隊も含めて基地の「危険」を日本全体に拡散することで、沖縄と本土の基地への負担が“公平”になると考えているのかもしれない?
朝日新聞によると、青森県知事は、シジミ漁など「出荷に課題が出てくるとすれば非常に遺憾」と述べたというが、ほかのことは語らなかったのだろうか。朝日新聞が発言の全体を伝えていないのだろうか。もしかすると、青森県知事は、負担の“公平化”のためには言うべきことも控えるべきと考えたのだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ウソを奨励する者が道徳を語る | トップ | この期に及んで新たな誤魔化... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (F)
2018-09-14 19:18:28
日米安保条約に従って三沢に米軍基地があるわけですから、べつに良いのではないでしょうか。燃料タンクを投棄したといっても民家に落とすよりよいでしょう。機体が制御不能になるわずか数秒の間にとっさの判断で海に捨てたのだから漁船が近くにいるのを確認しろなどと無理なことを言うのはやめましょう。どこかの愚か者が日本平和は9条のおかげなどというばかげたことを言うのはやめましょう。間違いなく、日米安保と自衛隊のおかげですから部品の落下ぐらい平和を維持するためのコストでしょう。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事