みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

達増岩手県知事 「国民は改憲を求めていない」

2018年02月02日 | 憲法守るべし
岩手県の達増(たっそ)拓也知事は、1月29日の記者会見で、国会の焦点となっている安部9条改憲について問われ、「国民は憲法改正を求めていない」、「国民にとって切実な問題の解決に国会としてはエネルギーを注ぐ方がいい」と答えました。達増知事は、国会は改憲を優先するよりも地域医療を支える医師の確保など「まず国民生活の実態をしっかり見て、それに即した国政を展開してほしい」と強調しました。
改憲を急ぐ理由に国際情勢の危機があげられているが、米ソ冷戦時代のキューバ危機や「ソ連が北海道に上陸か」などがリアルに議論されていた過去に比べ、「日本を取り巻く安全保障環境は平和的になっている」と指摘。その時に変えないでよかった憲法を今変えなければならないという、「国際環境は理由にできない」と表明しました。 (2月2日、しんぶん赤旗 北海道・東北のページ )
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲嶺さんと基地に反対する市... | トップ | 稲嶺勝利の報が届くにちがいない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事