みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

なんともなさけない政府だ

2018年01月18日 | 憲法守るべし
沖縄米軍ヘリが、普天間第二小学校上空を飛行した。
第二小では今日米軍ヘリから部品が落下したとの想定で避難訓練を行っていた。昨年12月、校庭で体育の授業中の子どもたちから10mの場所に8Kgの物体が落下し、今も体育は屋内でやっていることも、また、子どもたちが遊んでいた園庭のすぐ近くにヘリの窓枠が落下した緑ヶ丘保育園の父母会が、16日から子どもたちを守るために初めて街頭に出て署名活動を始めたことも、米軍には全く関係ないかのように、小学校の上空を飛んだ。「子ども達を守るための署名」は、事故の原因究明及び再発防止、原因究明までの飛行禁止、普天間基地に離着陸する米軍ヘリの保育園上空の飛行禁止などを米軍や国などに求めるもので、10万人の署名をめざしている。(しんぶん赤旗)
小野寺防衛大臣は米軍に〝厳しく抗議〟したと語っているが、いつものようにこれ以上のことはしないだろう。本当になさけない。普天間基地を辺野古に移設しても、こんなだらしない政府のもとでは「危険」はなくなるどころかもっと事故は多くなるだろう。
日本政府は、辺野古新基地建設をやめなさい!、普天間基地を無条件で閉鎖、返還させなさい!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民はしっかり学んでいるのです | トップ | 稲嶺市長がいる限り辺野古基... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事