みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

80人のアベ辞めろデモ

2018年03月23日 | 憲法守るべし
今日、盛岡で安倍内閣総辞職を求めるデモがあった。ミナセン岩手が呼びかけたのだが、前回は60人参加、今回は80人が参加した。岩手では、デモや集会は労働組合がたよりで、ミナセンのような市民団体が中心となって呼びかけるデモには、まだ多くの参加者が集まっては来ない。
しかし、メールなどで誘い合って20人も参加者が増えた。ドラム隊を先頭に“安倍はやめろ、ウソつくな!”、“昭恵夫人は真実語れ!”とコールして進むと、手を振る人がいたり、立ち止まるグループがあったりなかなか良い感じだ。森友公文書改ざん問題でアベ政治への関心が一気に高まり、内閣支持率が急落している状況を実感。
ところで、国家が教育に露骨に介入するきっかけを作った赤池自民党文教部会長は、日本会議国会議員懇談会の中心メンバーで、安倍首相の腹心の一人だそうだ。「国民の徳育目標となった教育勅語等に代表される日本の精神・価値観は脈々と受け継がれてきている」「それらを国の礎とすることではじめて国家百年の大計が生まれ、公徳心のある日本人が生まれてくる」と述べたことがあるというが、こんな歴史観、教育観をもって教育の「不当な支配」をしようと動いたのだから恐ろしいことであり、許すことのできないことだ。
安倍内閣の閣僚のほぼ全員といってよいくらい「日本会議」に関わりがある。「日本会議」の政府・自民党支配を断つには、まず安倍首相を辞めさせることだ。安倍内閣を倒しても、次の首相も「日本会議」かも知れないが、それでもここからだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教育介入の背景に「日本会議... | トップ | 教育行政はもっとおおらかに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事