みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エールを送ったけれど

2018年06月09日 | 憲法守るべし
進次郎議員が国民の“普通の感じ方、感情”を粗末にしないところが良いと思ったのだが、しかしよく考えると彼がどんな政治をめざしているのかはあまりよくわからない。
自民党の筆頭副幹事長だから、やはりアベ9条改憲を支持しているのだろうし、カジノも推進する立場だろう。辺野古基地建設も進める立場だろう。沖縄の基地推進市長候補の応援に何度も駆けつけたようだから。
それとも、安部・二階に“勝手なこと”ができないようにと副幹事長に据えられて、客寄せパンダ役をやらされているだけなのだろうか。どうもよくわからない。

故野中氏は、自民党の中枢にいた政治家だったが、憲法の平和主義を擁護し続けた。小泉元首相の政治は、新自由主義を実行した褒められたものではなかったが、いまは原発廃止を頑張っている。つまり自民党議員であってもまともな考え方で行動した(している)人物は少なからずいる。
進次郎議員には、自民党のなかにいるけれども「俺はこうだ」と一本貫くものをはっきりと見せてほしいと、アベ政治があまりにひどいゆえこんな期待をしたくなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 進次郎議員にエールを送る | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (T)
2018-07-20 00:59:00
野中氏はかつて北朝鮮に人道支援だとかなんとか言って米をヲ何十万トンと渡しましたよね後で野中氏は親
北朝鮮派だったことがわかりましたけど当時すこしづつ拉致問題のこともあきらになりつうあったんじゃなかったでしたっけ。米を渡す見返りに拉致被害者をすこしでも返してもらうべきじゃなかったんですかね。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事