みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

上井靖校長は立派な先生とお見受けしました

2018年03月16日 | 憲法守るべし
文科省が、名古屋市の中学校が2月に、前川前事務次官を招いて講演会を行ったのはけしからんとでも思ったのか市教委を通して「質問」に答えることと録音を提出するように求めていた。またしても安倍政権の〝たてつく者〟は許さないというかのような暴走・暴政が露骨に表れた。
文科省は「質問」が届いただけで市教委や学校は慌てふためき、「軽率でございました」とあやまり録音も提出すると思っていたにちがいない。
それに対して、記者会見した上井校長先生は、文科省の〝圧力〟に臆することなく堂々と講演会を企画したわけや前川氏の話が子どもたちを勇気づけたことなどを述べておられた。教育者として実に立派な態度だ。
上井校長先生が冷静に、何よりも子どもたちを育てるために必要な企画であったことと、講演を聴いた子どもたちはもちろんのこと、保護者などにも好評だったと説明されたことで、思惑が外れた文科省の方が驚き慌てているようだ。
文科大臣は、またしても安倍内閣の大臣らしく、質問は「適切」であると言っているが、こうした露骨な介入が許されないことは裁判でもはっきりと判断が示されている。日本国憲法にもとづく教育の基本原則を理解しない大臣には即刻辞めてもらいたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 安部と麻生の誤魔化し「責任... | トップ | 教育介入の背景に「日本会議... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分の考えを持つ (からしだね)
2018-03-19 08:01:32
昨夜の「週刊報道LIFE」で前川さんのこの件に関するコメントが紹介されていましたね。文科省に問い合わせるよう指示していた政治家について、「思想的に偏ったお考えの方」と一蹴されていて、やはりこの方は大物だなあと改めて思いました。
本当に、潮目は変わりつつあるように思えますが、自分の信念に基づきひとりひとりが自分の考えを自由に言える社会を守らないといけないと思いますし、そのためにはおかしな圧力に屈してはいけないとも思います。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事