みんなしてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アジアの平和を築く方法を議論しよう

2015年07月26日 | 憲法守るべし
盛岡では昨日も戦争法案反対の行動があった。「私達は絶対後退しない」と若者たちがデモを呼びかけたので、若者ではない私も当然のことのように出かけた。集合・出発場所の内丸緑地には若者もいたが壮年・老年も応援と連帯に駆けつけていた。約1時間アピールしてデモが解散するころには100人を超えた。
行進中、若者が次々スピーチして訴えたが、その一人が「今日署名活動をしていたとき、『お前たちは国を滅ぼすつもりか』といわれた」とのこと。
軍事力を強めることが国を守る、戦争することで国が守られるとしか考えることができないアベのような人もまだまだいるようだ。

たしかに、軍事力によらずに国の安全を守ることを宣言した日本国憲法は、第二次世界大戦直後の世界が到達していた先進の平和維持の思想と制度を反映したものだった。したがって、日本だけでなくどの国も歩んだことのない道だったわけで、この道が間違っていないことを確かめるのはそんなに簡単なものではなかった。
ところが、アベが集団的自衛権などを言い出したことで、多くの国民がこの道の方がよさそうだと真剣に考えるようになり、今、考えたことをどんどん行動に移している。
いまだにこの道を拒否し『お前ら国を滅ぼすつもりか!』などと叫ぶ者には、「『国家存亡の危機』『日本の生命線を守れ』などと戦争に駆り立てられた結果、国が滅んだではないか。戦争は国を滅ぼす道。歴史から学べ!」と言ってやろう。

ところが、中国や北朝鮮が“現実の脅威”として存在する不安もぬぐいきれない。
参議院では、アベの軍事力・戦争の「積極的平和主義」ではない、本当の平和主義を貫く[憲法9条を持つ国にふさわしい]“脅威解消”の議論を徹底して繰り広げてほしい。
私の乏しい知識だけで言うと、この点ではっきりした構想を掲げているのは共産党だけだが、どの党でも戦争によらないアジアの平和構築についての構想をどんどん主張ほしい。国民も一緒に考え議論することで不安解消の道を国民が自ら見つけることができる。これこそが「アベの積極的平和主義」を打ち破ることにつながると思うがどうだろう。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« いじめは最悪の人権否定 | トップ | 矢巾町のいじめ問題について »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
草の根 (からしだね)
2015-07-27 08:00:27
デモに参加されたとのこと、様々な世代が交流していて素晴らしいですね。

戦争法案を支持する人は一定の割合でいるとは思いますが、こういう人たちを説得するよりも、まだ無関心な人、少し関心があるけれど迷っているような人、そういった人たちにアピールされた方が良いと思います。
先日の共同通信の護憲派が60%に上ったという調査結果を見ても、国民の多数は平和を望んでいます。
今、周囲を見回しても表面的には平和なので、国会でこんな恐ろしい法案が取り上げられていることに現実感がない人は多いのではないでしょうか。

政治のことを普段の会話で取り上げることはなかなか勇気がいるのですが、気の許せる人には思い切って話してみたりしています。その時は「ああ、そう。」という会話で終わっていても、何かしら相手の心に残ると思うのです。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事