みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

のぞみを失うまい

2016年04月28日 | 憲法守るべし
岩手県営運動公園にある青年の像。しっかりと前を見つめ足元を確かめながら歩むかのような姿にひかれた。


参院選岩手選挙区の統一候補にほぼ決まっていた主浜さんの引退宣言は、目先が真っ白状態の大ショックだった。でも、野党共闘は維持されているので希望はある。
今日主浜さんが共産党と社民党に「お詫び」をして回った。民進党の都合でここは明日訪ねるそうだが、共産党、社民党ともに統一候補については「いちからの話し合い」と語っていたし、民進党も昨日同様のことを話していたから、統一候補擁立という合意は、各党みな守っている。
ただ、これまでは「現職優先」ということで主浜さん以外に、野党も市民の側も考えていなかったから、統一候補にたどり着くのは簡単ではないようだ。主浜さんは「後継者」として達増知事の政策秘書をあげているようだが、この人物を中心に4党の話し合いが再開されるかどうかは分からない。長引く場合には、市民の側の働き掛けで統一候補が決まることになるかもしれない。
いずれにしても、市民・4野党の共闘が崩れなければ岩手選挙区は勝てる可能性は大きい。2000万人署名目標=岩手で20万人を必ず達成して4野党をがんばらせる、これしかない!
コメント (1)