goo

モーターサイクル・ダイアリーズ

自分小さいと思った。
そんなことは分かってたけどこの映画を見て改めて思ってしまいました。

キューバ革命で有名なチェ・ゲバラの若かりし頃の旅。
その旅は前途多難で困難ばっかり。貧乏生活の寝るとこもないしバイクも壊れちゃう。
でもゲバラを変えたのは確実です。
彼はこの旅にものすごい影響を受けたわけです。
後半での病院で「何かがおかしい」と思う彼は真剣に彼らと心を通わせる。
そこでは彼の中で確実に何かが変わっていっています。
アルベルトと別れる時、「意味」を探すみたいなことを言ってたきがする。
その数年後に彼は革命をやってのけた。
この旅がなかったたら彼の人生はもっと違う方向に向かっていたと思います。
革命家には絶対なってなかったでしょうね。
ロードムービーは大好きです。観終わると爽やかな気分に満たされます。

南米の美しい景色はホント壮大です。
道がどこまでも続いてた。
この景色を見ていると自分が小さく感じ無性に旅に出てみたくなった。
私も変われるかなぁ?

チェ・ゲバラについてもっと知りたくなりました。
それから本も読んでみたいですね。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 7 )
« ミーン・ガールズ トレインスポ... »
 
コメント
 
 
 
ほんとに良い映画でしたよね^^ (メル)
2005-09-15 10:03:17
初めまして♪トラックバックさせていただきました♪私もlotta_bamseさんと同じように感じました。実際旅に出るのは私の場合難しいでんですが(^^;;)

同じくもっと知りたくなって、チェ・ゲバラ日記、買っちゃいました~^^
 
 
 
TBありがとうございました♪ (メル)
2005-09-17 16:44:17
TB返し?^^ありがとうございました♪^^

今日はとても良いお天気で、気持ち良さそうにバイクに乗ってる若い男性を見かけました。すごい荷物も一緒に・・・♡

良い旅してくれ~!と心で叫んじゃいました(^ー^* )フフ♪
 
 
 
Unknown (えみり*)
2005-09-20 16:49:07
はじめまして。

TBありがとうございました♪

私もこの映画を観て南米旅行記を読破しましたよ。

ラテンアメリカ…憧れますけど、

私にはちょっと遠いですぅ。。でもいつか行ってみたいです!

また遊びに寄らせて頂きますね。では。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。